ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

自戒を込めて

◇茄子が復活
・畑の野菜が夏の暑さ負けを呈していましたが、やっと元気を取り戻したようです。この後、切り戻しをして、もう少し楽しめるかなと思っています。
c0229433_14050700.jpg
□極東軍事裁判を見て思う
・数日前のNHKの「極東軍事裁判」を見ました。昨年12月にも見ましたが、改めて11カ国判事が個人の見識と論理性の高さに感服しました。
・判決文は全員の名前で出されましたが、見解の相違がある判事が、意見書を提出していました。

◇妥協しない強さ
・中でもオランダ、インドの判事の妥協しない強さに感心しました。オランダの判事は、在日の上司にもオランダ国の方針とは異なる意見をきちんと述べていました。
・個人として裁判に関わる勉強をして、既成の法律に則るべきとの基本を曲げない強さでした。

□島国、村社会のしがらみに生きる
・島国根性とか村社会のしがらみとかで、個人として力強く生きることが非常に弱い日本人と思います。

・今の政治への不満などを友人と話すのを躊躇う自分がいることに弱さを思います。
・何処かに、自分の考えを主張すると、人間関係がギクシャクしてしまうのではないかと。

・いろいろな事実を元に論理的に話しても、「そう言う難しいことがあるにしても、まあまあうまくやろう」と無難な曖昧なまとめ方になってしまうことが多いです。

▼政治にも如実
・日本の政治家や官僚の言葉の曖昧さは、外国人には理解できないでしょう。多分英訳したら、意味不明なのでしょう。

・国際的には、通用しない日本の政治家や官僚の言葉、つまり文化なのでしょうね。

・外務大臣になった河野太郎氏は、「核の廃棄物の処理が出来ない原発は推進反対」と主張していても、安倍政権の閣僚になると「原発再稼働」派になってしまうと言う有り様。
・河野氏自身が「閣内に入れば、個人の意見は封印して組織の一員として仕事をする」と。

▼信頼されない日本人、日本語、思考
・核兵器廃絶に対する安倍首相の話も、具体性も論理性もなし、国内的には誤魔化せても国際的には信頼されない典型でしょう

[PR]
# by gorongoronisomura | 2017-08-10 14:44 | 亭主の日記 | Comments(0)

八丈島 努力あっての 特産物

□懐かしいマクワウリ
・近所の人から頂いたマクワウリの苗が、大した面倒も見ないのに、大きく逞しく育ちました。
・私の子供の頃ですから、60年位前の話になります。今のメロンとは、全く違う素朴な甘さです。
c0229433_15354289.jpg
◇旅サラダでびっくり
・一昨日の朝のテレビ「旅サラダ」で、八丈島が取り上げられていました。旅人は勝俣さんで、八丈島の特産物の椎茸、パッションフルーツ、刺身にロケーション最高の露天風呂等の紹介でした。
・勝俣さんと町長も裸で露天風呂に入浴する姿を見せていました。

◇旅の楽しみつくる努力
・旅の楽しみの一つは、地産の食べ物です。その点、八丈島は特色のある農産物や魚介物を、何時でも提供出来るようにしていることが分かりました。観光客に喜んでもらおうとの必死さが伝わりました。
・もう一つは、スイーツの店の店員の素晴らしい笑顔です。当たり前と言えば当たり前ですが、大島ではどこの店でもと言うわけにはいきません。

◇大変とやらない
・大島でも、何年か前にアワビの養殖をやっていて、そのアワビ(トコブシ大位)をお客様に出していましたが、続けて欲しいと要望しましたが、結局止めてしまいました。
・また、ある人が海ブドウを大島で育てようとしたところ、いい協力者がいなく実現していません。
・「大変だけど、何とかやろう」という文化が残念ながら見られませんね。


[PR]
# by gorongoronisomura | 2017-08-07 18:34 | 亭主の日記 | Comments(0)

お人好し 救われない 日本か

◇ルドベキア
・庭で元気なルドベキア
c0229433_11271937.jpg
▼安倍改造内閣
・テレビやネットで安倍改造内閣の評価のコメントを見聞きすると、皆で「よいしょ」内閣ばかりです。

◇お人好しの日本人ばかり

①安倍首相が森友学園や加計学園や防衛相日報問題について「お詫び」をしたから、『いいんじゃないのかと』簡単に許してしまう。疑惑は何一つ解明されていないし、解明する具体策も表明していないのに、許すと言うお人好し。

②政治評論家やコメンテーターも、こぞって「実力者」「最強メンバー」「オールジャパン」など期待を込めた『よいしょ』のオンパレード。
疑惑隠しの安倍首相が代わらないことを、誰も指摘しないアホらしさ。

▼多分、内閣支持率は35%超えでしょう!
・論理的思考が苦手で、情緒的(御免ねで許せないのに許してしまう)な雰囲気に流される日本人が多いから、週末の内閣支持率では35%超えになるでしょう!
・安倍首相は「やっぱり口先だけで謝れば、アホな連中は、『いいよ』で終わるだろう」とうそぶいていることでしょう。
して遣ったりの悪らつ顔が眼に浮かびます。

[PR]
# by gorongoronisomura | 2017-08-04 11:48 | 亭主の日記 | Comments(0)

安倍首相 軽薄軽薄 あれ!勘違い

☆今、大島豪雨
・日本各地で異常気象での豪雨が報道されていますが、これまで大島では雨が欲しいと思っていても降らずで困っていました。
・ところが、26日午前11時半頃から凄い雨になりました。
c0229433_11503159.jpg
c0229433_11504846.jpg
■軽薄軽薄、嘘つき安倍首相
・昨日の閉会中審査で、「加計学園が獣医学部新設を申請したことをいつ知りましたか」の追及に「1月20日」としたが、過去の国会での答弁では少なくとも2年前には知っていたこととの矛盾を指摘されると、
『混乱していたので、勘違いでした』と、それまでの国会答弁を平気で否定する醜態を晒しました。

▼権威ある国会で記録に残っている答弁を『あれは、間違いでした』と、こんなことが許されるなら、どんないい加減なことを言っても許されることになります。

■思い出します。オリンピック誘致で安倍首相が『福島第一原発事故での汚染水は、完全にコントロールされている』と、世界中に安全宣言をしました。

▼これが全くの嘘で、今もって汚染水は完全にコントロールされていないことは、明白です。
もし、今、安倍首相にこの事を確認したら、
『あの時は、そう思っていただけで、あのことは撤回します』と、
平気で言うのでしょう。

▼後で、『勘違い』とか『間違いでした』で許されるなら、「警察はいらない」

◇こんな程度の首相ですよ!


[PR]
# by gorongoronisomura | 2017-07-26 12:14 | 亭主の日記 | Comments(0)

常識なし 権力者の 傲慢さ

□ノーゼンカズラ
・栗の木に巻き付いていたノーゼンカズラです。その栗の木が根元から倒れてしまったので、この写真のように横たわっています。
c0229433_19512469.jpg
c0229433_19504981.jpg
■白々しい安倍首相
・「加計学園が獣医学部創設の申請を知ったのはいつか?」の問に安倍首相は、「今年の1月20日(?)だった」と答えていた。

・ところが、誰でも知っている通り安倍首相と加計幸太郎氏は旧知の間柄であるばかりでなく、去年の夏頃ゴルフや食事で十数回会っていることが分かっている。

■常識通じない輩
・私達国民の常識で言えば、夏以前に加計学園が獣医学部創設を申請していることを話している。または聞いていると考えるのは至極当たり前です。

・ところが、安倍首相は1月以前に加計幸太郎氏から全く聞いたことがないと平然と答える。
私達の中で同じようなことがあれば、「お前、そんな事を誰が信じる。馬鹿なことを言うな」となります。

■「加計学園ありき」が鮮明に
・今日の国会でのやり取りを見ていると、安倍首相のお友達の加計幸太郎氏に特段の便宜を図ったことがよく分かりました。
・庶民感覚なら10人中10人が同じように思うでしょう。

■安倍昭恵夫人、森友学園と同じ
・森友学園の名誉校長であったように、加計学園でも理事をしていて講演までしている関係である。
・よくもまあ、安倍夫婦は、お友達や同志(教育勅語を基本にする教育)に特段の便宜を図っているものだ。


[PR]
# by gorongoronisomura | 2017-07-24 20:19 | 亭主の日記 | Comments(0)