ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

島の復興も 自立がキーワード

ニワゼキショウ咲く
庭のニワゼキショウが咲いています。
芝生の中に薄紫色の小さな花です。
今日の午前中、妻が草払い機で芝や雑草を刈りましたが、
ニワゼ゛キショウは残し写真に収めました。
c0229433_2244888.jpg
c0229433_2252758.jpg

復興のキーワードは自立
昨夜のジオパーク研修会での電力確保についての意見と町の変化についての話を紹介します。
《電力確保》 参加者の人の意見
○今回の大島の山津波で、幸運にも東電の発電所は被害がなく電力が確保されました。
土砂がまだかなりの量が山から流れてくる可能性があります。
もし、発電所が被害を受け場合は、復旧活動だけでなく島の生活がなり行かなくなります。
そこで、土砂災害を受けないように発電所を守ることが大切です。
その話を聞いて、私がこれまで考えていたことを思い出しました。
島はこれまで重油によるデイーゼル発電だけです。
重油は船で輸入しているわけですから、何かあって輸入が止まれば島の電気は止まってしまいます。
実は、3年前の町長選挙の時、島らしい多様な発電を現町長に提案していました。
例えば、太陽光や風力、波動発電など、自立した発電です。
復興とは、新しい街づくりを目指すことだと思います。キーワードは自立です。
《人の住むところ》参加者から昔の人の知恵
○参加者の70才過ぎの方が、自分の父親から聞いた話をしてくれました。
昔から、第一中学校の上は山だと。つまり、人が住む所ではないんだよと言う事のようです。
現在は、第一中学校の上にも住宅があります。今回の山崩れは、第一中学校の上はほとんどなかったので、
幸運でした。
今回大きな被害が出た大金沢辺りについても、人が住むには危険なところと言うことだったようです。
やはり、昔の人が言ったことは、確かなことだったわけです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-05-14 22:42 | 亭主の日記 | Comments(2)
Commented by 沖の大夫 at 2014-05-15 05:43 x
ご紹介の花、セキチクではなくニワゼキショウです。
まったく種類の違う花です。
Commented by ごろんごろん at 2014-05-15 15:34 x
ご指摘有難うございます。妻が、間違えていましたと。
早速、訂正します。