ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

学力テスト 順位公表 弊害ありあり

校長まで公表か
文科省が実施した全国小学生の学力テスト結果が公表されました。
都道府県の順位で、秋田県がトップということでした。
沖縄県が最下位を脱出しました。
ところで、確か静岡県の川勝知事が成績上位校の校長名を公表するとインタビューに答えていました。
c0229433_12231212.jpg

公表の弊害
学力テストの結果は、各校が自校の何が足りないのか、何がいいのかを分析し
指導の改善策を策定して、子供たちの真の学力向上に取り組むことに生かすためのものです。
ところが、成績の順位を公表する弊害、現場の実態が分かっていない知事や学者がいるのが問題です。
成績を上げる姑息な実態
私が現役の時に、聞いたことです。
1.正答率のあまりよくない子に、試験当日休むように指導した話
2.試験当日、子供の間を回りながら、誤答を書いている子の問題のところを指摘する話
3.事前に送られ校長室の金庫で保管されている問題用紙を印刷して試験前に子供にやらせたという話
4.成績上位校の校長は、ボーナスが増えたという話
5.成績上位校の校長は、名門校への異動ができるという話

真面目に日常的に指導の工夫をして、子供の学力を向上させている学校や校長が
色眼鏡で見られてしまうような学校ごとの順位公表は止めるべきです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-08-26 12:44 | 亭主の日記 | Comments(0)