ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

島魅力 当たり前すぎ 何もなし

ガソリン200円超
島の暮らしに必要不可欠のガソリンが、200円/L超になっています。
正確には208円ですが、補助金が出ていてて10円安くなり198円です。
安倍政権の円安への誘導がここでも庶民生活を苦しめています。
安倍政権が進めている経済政策で生活が良くなったと答えている人は、12%位です。
良くなったと実感できていない人は、85%とのデーターがあります。
この数字の12%は多分、輸出産業大企業の社員と高額所得の人の割合なのではないでしょうか。
それ以外の人が85%と考えられると思います。
私が利用するガソリンスタンド
c0229433_22115390.jpg

変革面倒
大島は観光客が減り続けていて回復の兆しを見せていません。
先日、体験型の観光プランを推進している仲間との集まりで、
ある町議の話を聞きました。
島の漁業の人にちょっとした変革の勧めをしたところ、
「面倒」との一言で終わってしまったそうです。
こういう話は、いろいろなところで聞きます。
当たり前が魅力
島の多くの人は、生まれた時から見ている自然などに魅力を感じていません。
私達が広い空、目の前に広がる自然の緑、草木の香り、山、海、そしてゆったり流れる時間などに
高い価値を感じても、島の多くの人にはつまらないもの・当たり前としか受け止めていません。
私達のような外からの目線を取り入れて変革しようとすれば、
島の観光はもっと盛んになるはずです。
東日本震災で大きな打撃を受けた気仙沼が、外部のアイデアや意見などを取り入れて
気仙沼の人が当たり前と思っているものを少し工夫することで観光客が劇的に増加しているということです。
我が家のリピーターのお客様は、島の魅力をきちんと受け止めてくれています。
参考にしてほしいのですが、なかなか聞いてもらえません。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-09-13 22:30 | 亭主の日記 | Comments(0)