ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

四国三郎 吉野川の水運

うだつの町
徳島市からうだつ(卯建・梲)の町、美馬市脇町に行きました。
1585年阿波藩主となった蜂須賀家政は、阿波藍を奨励し、
吉野川沿いに藍の栽培を盛んにした。
脇町は、藍商を中心とした吉野川沿いの発展した商人の町である。
c0229433_2135197.jpg

うだつ(卯建・梲)
町家の妻壁の横の張り出した袖壁で、防火の役目をした。
江戸から明治にかけて富裕な家はこの梲をあげた立派な家を造っていた。
ことわざ事典に、いつまでもぐずぐすしていて一向に出世のできないことを
「うだつが上がらぬ」と記されている。
c0229433_2182635.jpg

脇町らしい図書館
妻が大島町図書館建設検討委員になったこともあり、
図書館についていろいろな情報を集めています。
町を散策していたら、白壁の脇町らしい図書館を見つけ、
内部の写真を撮らせてもらいました。
大島とは別世界のような図書館で、こどものコーナーやネット検索コーナー、開架閲覧室など
素晴らしい世界を見せてもらいました。
c0229433_21162039.jpg

阿波和紙伝統
約1300年の歴史をもつ阿波和紙を紹介する施設に行きました。
和紙を漉く作業現場が見られ、ちょっとした穴場でした。
藍染めした和紙も買ってきたので、額に入れて飾ろうと思っています。
c0229433_21334398.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2014-11-23 21:33 | 亭主の日記 | Comments(0)