ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

テロサイバー 第三次世界大戦か?

思考停止では?
イスラム国の残忍極まりない非道な仕業は、誰もが憤ることです。
今回の後藤さん殺害に対する安倍政権関係閣僚のコメントは、
安倍首相に象徴されるように金太郎飴のようなものでした。
「テロに屈しない」「残忍極まりない許しがたい」などで、
政治家として思考が停止状態だと思われます。
浅草仲見世の賑わい
c0229433_18312261.jpg

テロの背景くらい
イスラム国に兵士として参加する若者がどこからどのように来ているか
NHKがその背景を含めた報道番組を見ました。
いろいろ報道された番組の中では、冷静で幅広い取材に基づくしっかりした特集でした。
イスラム国には、世界約80カ国から若者が参加しているとのことです。
具体的な事例として
1.インドネシアの実業家がイスラム教教義を実現させるために
次々と若者に渡航資金とパスポートを用意しているのが、顔をはっきり見せて話していました。
2.ヨーロッパのある国で差別され失業している若者に、イスラム国の人間が話し掛けイスラム国へ誘っていました。
その場面は、日本でも見られる新興宗教への勧誘と変わらないものでした。
イスラム国の人間も顔を隠すことなく映像に写っていました。
★人種差別や格差(収入・教育・就職など日本でも拡大している)で
閉塞感・社会への不満などをもつ者が過激な行動に出るというテロ予備軍が
世界中にいるとNHKの番組は示唆している思いました。
★テロを力(軍事・資金枯渇など)だけで叩くという政策では、もぐらたたきにしか過ぎず、
根本的な解決にはならないと思います。
そういうことを理解した上で、日本のみならず世界のリーダー達は発言できないのでしょうか。
世界第三次大戦か?
宗教や民族・資源争奪などを原因とした紛争は、まだ止むことはないと思います。
紛争で使われる武器をつくり輸出して儲ける国と人間がいることも忘れてはなりません。
地域での紛争以外では、実質防ぎようにないテロ、サイバー攻撃に先進国(日本も含む)は
その脅威にさらされることになると思います。
差別や格差を少なくする政策を取ることは、世界的な平和のために必要なことで、
そのために知恵を先進国を中心に出し合っていってほしいと思います。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-02-11 19:23 | 亭主の日記 | Comments(0)