ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

「21世紀の資本」ピケティ紹介ーその2

ピケティの著書紹介
昨日に引き続きピケティのインタビューや著書の中から、QアンドA方式で紹介します。
Q1 アベノミクスの評価は?
A1 安倍政権の金融緩和は、日本銀行がお金をたくさん世の中に流した。
お金がだぶつくので、株価や不動産への投資などが増え価格が上がるかもしれない。
だから資産をもつ人たちの収益は増える。一方労働者の実質賃金は下がるので格差は広がる。
お金かがだぶつくので、円安になり輸入原材料部品の価格が上がる。
日本の企業の生産拠点の多くは、海外に移していたので、輸出が伸びていない。
そのため、金融緩和で円安にして解決しようとしたアベノミクスは、貿易赤字を増やして失敗した。
大島の台風による山崩れ跡
c0229433_21192128.jpg

Q2 日本はどんな経済政策をとるべきか
A2 税制では若い人たちや中低所得者の負担になる消費税を上げるべきでない。
富裕層のもつ不動産などに、額が大きくなればなるほど税率が上がる累進的税金を掛けて、
財源を若い世代が子育てや就職しやすくなるよう環境整備に投入していく。
人口減少を反転させることが必要。女性たちが各分野のプロとして働きながらも子育てができ、
父親はもっと子供の面倒を見られるようにする。
Q3 世界的不平等、経済的格差拡大への対処策は?
A3 富裕層に対する資産課税の強化が不平等是正には有効。ただし、税金を逃れるために富裕層は
資産を別の国に移してしまう。だから、各国が協力して資産課税を導入することが大切。
富裕層の金融情報を持っているのは銀行なので、各国政府が銀行情報を国際共有することも重要。
資本主義が民主主義を奴隷にしてしまうのでなく、
民主主義が資本主義を制御する仕組みを作れるかが21世紀の私達が乗り越えるべき課題。

大島の観光宿泊施設の問題点

我が家のお客様から島の宿泊施設の食事時間の問題点を聞かされました。
1.あるペンションに夕食を7時からとお願いしたところ、嫌な顔をされたので夕食を諦めた。
夕食開始は、6時半までにしてほしいということらしい。
2.朝食を7時15分からにしてと話したところ、7時半からならいいと言われた。
仕事の関係で7時半から食事だと、かき込む食事になるので朝食を諦めた。
★そんなことから融通の利く我が家がご指名となっています。
もう少しお客様サイドに立った食事時間の対応をしてほしいとのことでした。
料理や掃除の不満も重なり、宿泊せず日帰り客が多くなる原因になっているようです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-02-13 21:55 | 亭主の日記 | Comments(0)