ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

濱田庄司 益子焼

益子焼を世界に
益子参考館は、益子焼を世界に知らしめ高い志をもって民芸陶器をつくり続けた
濱田庄司氏の作品や氏が永年世界を周って収集した古今東西の生活工芸品を展示した館や
萱葺きの民家、仕事場であった工房、登り窯が公開されていました。
濱田庄司氏が作陶した仕事場
c0229433_21451198.jpg

濱田庄司略歴
東京生まれ 「京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」
1955年第1回重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された。
作品は迫力があって、大皿に益子独特の釉薬が大胆にかけられています。
迫力のもとは、柄杓で釉薬をかけたものでしょうか。
時間にしてたった15秒とのことだったようです。
c0229433_21542947.jpg

益子焼次々
妻は気に入った益子焼を見つけて歩きました。
深い皿・紅茶カップ・コーヒーカップ・小皿など
三番目の写真の皿は、加守田太郎作で今回の買い物の中で一番のお気に入りのようです。
加守田太郎の父親は、加守田章二で作風は益子焼のイメージから超えた斬新なものです。
父親の作風を受け継いだ雰囲気があります。
買いたいものは、まだまだあるようでした。
c0229433_2212535.jpg
c0229433_2214452.jpg
c0229433_222470.jpg
c0229433_2222284.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2015-04-18 22:02 | 亭主の日記 | Comments(0)