ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

久し振り ジオ研樹海 探索し

三原山を望む
五月晴れを思わせる上天気、標高500mの温泉ホテル駐車場集合
八重桜満開のもと三原山を望むところからジオ研探索出発
妻と二人、お揃いの帽子を被り参加しました。
c0229433_19104266.jpg

2年半前の爪痕
台風災害山崩れにより、死者行方不明39名(元町)
山崩れがけ崩れは、島の至るところに残っています。
温泉ホテル裏から樹海コースを歩いていくと、
がけ崩れをした外輪山の一部が目に飛び込んできます。
高さは約50m、岩の上の薄い表層の土と樹木が崩れています。
c0229433_1924998.jpg

炭焼きの証拠
樹海の中は、赤いプレートを目印に歩くと、道に迷うことなく3.5kmほどで開けたところに出られます。
途中、イヌマキが根元から何本も木が伸びているのが目に付きます。
こういう株が至るところを埋めている林です。
これは、昔炭焼きで根元から木を切った跡、そこから新しい木が伸びたためです。
c0229433_19344766.jpg

いろいろな植物との出会い
樹海の中は、色々な植物に出逢います。
足元で小さな花を咲かせているフデリンドウやカブコウジの赤い実、
ウラシマソウに似ているイズホソバテンナンショウ
名前がおしゃれなハナイカダの雌株と雄株、獣道を挟んで経っていました。
葉の上に小さな粒のようなものがあるのが雌株(下の写真)
葉の上に花粉を出す小さな蕾のようなものがあるのが雄株(下の下の写真)
c0229433_19444948.jpg
c0229433_1945452.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2015-04-26 19:45 | 亭主の日記 | Comments(0)