ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

翁長の 品格格調 軍配を

アジサイ色付く
庭のアジサイが大きくなっています。
よく見ると、少し色づいているのがあります。
西洋アジサイのような花でなく、ガクアジサイ(園芸種も含め)は、清楚で上品でとてもいいですよ。
今日現在のアジサイです。
c0229433_20303879.jpg
c0229433_20305446.jpg
c0229433_20311467.jpg

沖縄の声を
先週の17日(日曜日)、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する「沖縄県民大会」が開かれました。
那覇市の野球場に約三万五千人(主催者発表)が集まり、「われわれは屈しない」と気勢を上げた。
翁長知事の琉球語を交えての表明を、私達は噛み締める必要があると思います。
★「日本の政治の堕落だ。自国民に自由と人権、民主主義の価値観を保障できない国が
世界と(同じ価値観を)共有できるのか。日米安保体制・同盟はもっと品格のある冠たるものであってほしい」
最後に琉球語で「うちなーんちゅ、うしぇーてー、ないびらんどー(沖縄人をみくびってはいけない)」と
締めくくった。
日本記者クラブでの会見
20日、翁長知事が日本外国特派員協会で国内外の記者約140人と記者会見をした。
発言要旨の紹介
★「普天間飛行場は、戦後住民が収容所に入れられている間に米軍に強制接収されたのが原点。
沖縄は、今日まで自ら基地を提供したことは一度もない。自ら土地を奪っておいて、『普天間が世界一危険
になった、辺野古が唯一の解決策だ、嫌なら代替案を出せ』という話をすること自体、
日本の政治の堕落ではないか」
★「沖縄はアジアと日本の懸け橋となり、平和の緩衝地帯になるべきだ、基地で平和を維持するのは難しい」
★「日本政府を相手にしていたらどうにもならないので、米国に行く。『辺野古基地を安易に考えて、造れない場合、日米安保体制にひびが入りますよ』と申し上げたい。日米同盟をもっと誇りある、品格あるものに変える一助にしたい」
★「日本国民全体で日本の安全保障を守る気概もないのに、(沖縄にだけ負担を)押し付けて積極的平和
主義だと言っても、他国は日本の覚悟を感じないのではないか」
沖縄の辺野古基地反対運動の資金とする「辺野古基金」が2億円を超えました。その七割が本土からの寄付です。私達もささやかですが、送りました。沖縄の本気を知るにつけ、さらに送ることにしました。
国と地方自治が同等ということを沖縄が証明しようと戦っていることに共感していますし、
私達もそのことに少しながら参加している気持ちになれるのが有り難いです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-05-22 21:17 | 亭主の日記 | Comments(0)