ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

検証 反省しない なあなあ体質

ホトトギス
c0229433_21154819.jpg

□ログハウスの風呂場から見える所に咲くホトトギスです。
このホトトギスは、島の固有種で元町の藤井工房の虎ちゃんからもらったものです。
毎年少しずつ増えていて楽しみにしています。
国民を愚弄するか
▼第三次安倍内閣がスタートしました。「1億総活躍社会」なる言葉だけで実態の分からないスローガンを掲げています。
『GDPを600兆円、出生率を1,8にする、介護離職を0にする』と言っているが、これまでの安倍政権の実際の政策を見れば実現不可能なことは明白でしょう。
▼「1億総活躍社会」なる言葉は、70年前の戦争中に政府が国民に強いたことと重なります。似ている言葉は『国民総玉砕』『国家総動員』『欲しがりません勝つまでは』など、国民一人ひとりの人権や暮らしを尊重するのではなく、国民を政府が考えるひとつの価値観にしてしまう意図を強く感じます。
分析反省しない
▼安倍首相は、新しい3本の矢を言い出しました。第二次安倍政権の時の3本の矢の政策の検証もしていません。肝心のデフレ脱却も出来ていません。国民の実質賃金は減り続けています。大企業の景況感も悪化しています。貧困率も高いままです。
景気も大多数の国民の生活も良くならない原因を分析せず、反省もせずの安倍政権が、国民の目眩ましのような新しい3本の矢を言い出したいい加減さを見破らなければいけません。
▼真面目に働いているのに、生活が良くならない原因をしっかり分析する(政府の政策)賢い国民になりましょう。安倍首相は、『国民は忘れると馬鹿にしています』
驚く阿保さ
▼丸川環境相が幹部職員に訓示した言葉に驚きました。『娘か妹のように育て下さい』に情けなさ、馬鹿さ加減に呆れました。
国民に役立つための公務員組織のトップの人間は、きちんとした目標を示し厳しい姿勢で勤務することを毅然とした言葉で話すべきです。
悪賢い官僚に甘く見られるばかりでなく、馬鹿にされること間違いありません。大臣の威厳もなし。
結局、大臣は誰でも同じで、官僚が実質政策を管理しコントロールしているわけです。丸川氏はお飾りというわけです。
裏切り者
▼脱原発を掲げていた河野太郎議員が行革大臣になりました。安倍政権は原発再稼働を推進して脱原発とは180度違う政策を推進しています。結局、河野太郎氏は安倍政権に取り込まれてしまったわけです。その証拠に大臣就任直後、自身のブログを削除してしまいました。情けないやつ。
☆一方、小泉進次郎議員は、安倍首相に折り込まれず一線を画す気概を表しました。拍手です。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-10-11 22:28 | 亭主の日記 | Comments(0)