ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

奈良旅行 ボランティアで 印象深く

野菜畑育つ
☆レタス・二十日大根・水菜・かぶ・キヌサヤ・そら豆・大根・ブロッコリーが順調に育っています。
かぶを収穫しました。生のままで薄く切って醤油に浸けて食べるのが好きです。しゃきっとした歯応えと甘味が何とも言えぬ美味しさです。
c0229433_16513687.jpg

キヌサヤも
c0229433_16525889.jpg

☆久し振りのキヌサヤも順調に育っています。20cm位になったので、蔓が巻き付けられるように竹笹を切って来て用意しました。楽しみ??楽しみ??
奈良旅行ボランティアで充実
\(^^)/いろいろなお寺にボランティアガイドの方がいるようになりました。入口でもらう資料を読んだだけでは、細かいことは分からないので、ガイドの方の話を聞くと為になることばかりです。
1 法隆寺の金堂と大講堂の間にある灯籠の由来。徳川の葵の紋と本庄家の紋が刻まれています。将軍綱吉の母の桂昌院の実家が本庄家です。桂昌院は、八百屋の娘で時の将軍のお目に止まり、本庄家へ養女に入り、本庄家から側室になりました。江戸時代、法隆寺は徳川家からの手厚い保護を受けていたことが灯籠から読みとれるというエピソードをガイドの方から聞きました。
2 唐招提寺の講堂の本尊弥勒如来座像の顔が、右と左から見るのでは違いがあるエピソードの話です。
正面からですと分からないのですが、弥勒如来の左側の顔を見ると頬が心なしかふっくらしていて若く見えます。右側は頬が少し痩せた感じで年齢の深みを思います。不思議でした。
3 玄奘三蔵院伽藍の大唐西城壁画殿に平山郁夫氏が30年掛けて制作した壁画があります。出口出前の左側の壁画の右下隅に良く見ないと分からない人物が描かれています。その人物は、薬師寺西塔の復興に尽力された高田好胤氏と玄奘三蔵の二人を重ねたと言われています。はじめは右上に月を描かれていたのですが、月を左上に移したので、人物を右下に描いたそうです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-10-27 19:05 | 亭主の日記 | Comments(0)