ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

妻怒る 安倍政権の 本質を

イズノシマダイモンジソウ
c0229433_11283157.jpg
☆大島固有のイズノシマダイモンジソウが、何時ものように静かに咲いています。
元町の藤井工房の虎ちゃんに、何年か前に頂いたものです。
年々増えていて、花も沢山見られます。
c0229433_11353482.jpg
☆この花は半日陰で、湿り気があるところが好みのようです。
妻怒る
▼フランスでのテロが報じられていますが、テロを生み出した元々を考えてみると、欧米特にアメリカの横暴さとご都合が原因と分かります。
▼利権と資源を占有するために、アメリカの言うことを聞く勢力に資金と軍備を与え思うようにして来たため、翻弄された人々が反発したと証明出来ます。
▼大量殺戮兵器が存在しないのにイラクを爆撃し戦争を仕掛けたことは、記憶に新しいことです。現在シリアに「イスラム国」殲滅を掲げて空爆と地上戦を繰り広げています。この戦争で、罪のない市民がどれ程沢山殺され傷つき、家を追われ生活を奪われ苦しく悲しい生活を強いられているのでしょう。
フランスのテロの何十倍の人々が嘆き悲しみ、今も苦しい生活をしていることを知るべきです。
■こう言うと、テロを認めるのかやテロの味方かといって攻撃する人々がいます。テロを生み出す歴史的背景や事実を冷静に論理的に知る努力をしないで、一時の感情や一部のマスコミに思考停止状態になっていることを恥ずべきです。
安倍政権の本質
▼安保法制を成立させた安倍首相は、「この法案が成功したからと言って、日本は戦争はしないんです」と何度も繰り返し言っていました。
▼安倍首相は、歴代首相の中でも特出して外遊をしていました。財界人を連れて、「原発」「武器」の売り込みが主でした。安保法制を成立させた本当の狙いは、戦争の出来る国になったことで「武器」輸出が世界的に大手を振って出来るようにしたことです。
▼テロとの戦いと言えば、大義名分があると思い、この時とばかり「武器」輸出が出来ます。歴史的に欧米諸国が資源確保を名目として、中近東やアフリカ、アジアをどれ程苦しめてきたのでしょうか。そこに暮らす人々の長い虐げられた叫びがテロという反撃になっているのでしょう。
テロではなく、新たな戦争の始まりです。戦争を仕掛けた国の一部の人々が儲けという現実を知る必要があります。「戦争は金儲け」と言っている企業人がいるのも事実です。










[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-20 12:31 | 亭主の日記 | Comments(0)