ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

アベノミックス 本当の成果は もう少し?

智恵子の絵紙
☆高村智恵子の絵紙紹介の第四彈「紫の花」
c0229433_20135975.jpg
アベノミックスの正体
▼安倍首相の経済政策のブレーンである浜田宏一教授が、TBSの報道番組のインタビューに応え安倍政権の経済政策を高く評価しました。
▼国会で質問に答える安倍首相の現実離れした内容と一緒でした。
1 浜田宏一氏は、新たに雇用が140万人増加(安倍首相は100万人増加)したと評価する。
■実態は、殆んど非正規雇用で社会保障も給与も正社員に遠く及ばない待遇である。貧困層を増やしているだけである。
浜田宏一氏は『働く場所をつくってやっただろう。何が不満だ』と言わんばかりである。
■仕事をすることは、人並みの生活が出来ることを望んでいるのに、その実態が分かっていない。安倍首相が国会で『パートで月25万円稼いでいる』と答える世間知らずと同じです。
2 浜田宏一氏は、『日本の格差はアメリカよりずーっと小さい』と問題にしていません。
■浜田宏一氏は、アメリカの格差社会をモデルにしていますから当然と言わぬばかりでした。安倍首相は経済政策の師と仰ぐ浜田氏と全く同じ考えです。
■今の日本の貧困層は、教育格差を受けるだけでなく、就職格差、結婚格差、老後格差から抜けられない実態があります。しかし、アメリカのような1%の人が99%の富を持つ社会を目指す安倍首相・浜田宏一路線は、日本人の貧困層には目を向けないし知ろうとしません。

☆アベノミックスを経済評論家が評価しなくなったので、安倍首相は選挙の争点を「経済」から「憲法改正」へとずらし始めました。
アベノミックスと言う経済政策が失敗した反省と分析もしないまま、またマスコミも追及しない風潮は危険な社会と思います。
このままだと、安倍首相の思う壷で、国民の大多数は不幸になります。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-01-16 20:54 | 亭主の日記 | Comments(0)