ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

了見狭し 相撲関係者

梅が咲く
☆庭の白梅が咲き出して2週間程になります。何となく暖かい冬なのでしょうね。
先週から上京していて、本格的な寒さに遭遇しています。雪で首都圏の交通がマヒするのを見ると、日本人の変な真面目さが寂しくなりました。
c0229433_21035772.jpg
おめでとう
☆初場所は琴奨菊の初優勝で幕を閉じました。優勝インタビューは、琴奨菊の人柄のよさが滲み出ていて好感が持てました。これまでの大関としての成績は、とても誉められたものではありませんでした。怪我などを乗り越えて精進したので、この快挙になったのでしょう。

了見狭し相撲関係者
▼日本人出身者の優勝は10年振りとの話が多くうんざりしました。
テレビ解説の北の富士は、「今度は、向こうはやって来るよ」とコメントしていました。
まるで、モンゴル人力士をやっつけたことを称賛しているようでした。モンゴル人VS日本人力士の構図のような話振りに呆れました。
NHKやマスコミなども『10年振りの日本人力士の優勝』を待ち望む報道ばかり流れていました。何とも了見の狭い日本人だし、相撲関係者と思いました。
▼これまで相撲人気を支えてきたのは、白鵬をはじめとするモンゴル人力士であるのを忘れていませんか?強い日本人力士を育てられなかった親方達の指導力のなさを指摘しないのですか?
▼昨日今日の白鵬の相撲を見ていると、『そんなに日本人力士の優勝が見たいなら、どうぞ』という感じで、力を抜いた取り組みに見えました。白鵬の言動で気になることがあると、相撲関係者や協会や親方達がバッシングを浴びせる様は、まるで人種差別のような感じでした。




[PR]
by gorongoronisomura | 2016-01-24 21:40 | 亭主の日記 | Comments(0)