ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

頼ったくせに 国籍差別 相撲界

芽吹きの時期
☆庭のあちこちで春の芽吹きが見られます。去年、思い切り剪定したアジサイが元気な新芽が出てきました。
c0229433_22065273.jpg
白鵬に冷たい
▼またまた、白鵬の相撲に相撲協会やマスコミやたら難癖を付けていると思われます。
相撲が荒いとか、だめ押しは駄目だとか、白鵬に対する嫌がらせではないでしょうか?
■八百長相撲などの問題があったときを含め、相撲界の低迷時期に一人横綱として相撲界を支えた白鵬の功労をすっかり忘れているのではないでしょうか?
■白鵬が優勝回数など次々と記録を塗り替えることを快く思っていない相撲関係者がいます。NHKの解説者の北の富士氏は、白鵬の問題点を大袈裟に取り上げる言葉をよく発しています。
■幕の内通算勝ち星で、魁皇の記録まで白鵬が抜くのを快く思っていないのでしょう。魁皇の通算勝ち星の内容の酷さ(とても大関とは言えない休みながら8~9勝を続けた)を考えれば、白鵬の勝ち星の記録の偉大さが分かります。
■白鵬に嫌がらせをして、白鵬が嫌になって早く引退すれば、通算勝ち星の記録は白鵬に抜かれないと計算しているのではないでしょうか。
一代年寄白鵬を授けよ
☆日本国籍でない白鵬には、どんなに相撲協会に貢献しても一代年寄を与えないとのことだそうです。
高見山から曙、武蔵丸、朝青龍など相撲界の危機を救い盛り上げた外国人力士がいたことを忘れてはいけないと思います。
白鵬、何としても優勝して
☆これだけ冷たくされているのだから、どんな激しい取り組みをしてでも優勝して欲しい。来年までやれば、通算勝ち星も魁皇の記録も破るでしょうが、優勝して引退するというのはどうでしょうか?

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-03-22 22:38 | 亭主の日記 | Comments(0)