ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

安倍一人 経済無策の G7

☆ログ塗装
・お客様の宿泊棟のログの木製外壁塗りを始めました。5年振りのところと、10年目で初めてのところもあります。
・苔などもあって汚れ落としが大変でした。塗料はキシラデコールです。少しずつやるので、秋まで掛かりそうです。
c0229433_18471520.jpg
▼メルケル首相を見習えば
・安倍首相は、アベノミクスの失敗を認めず消費増税を再延期するために、世界経済が危機的状況にあるので、各国が財政出動による経済対策を行うように訴えた。
・しかし、財政規律を重んじるドイツや英国から否定的声が上がった。メルケル首相は『経済成長には構造改革が必要だ』日本に対して『従来型の財政や金融政策だけでなく、人口減少に対応するための教育や女性の社会進出が重要だ』と注文を付けた。

▼アベノミクスが取り組んでいない「構造改革」「人口減少に対応するための教育や女性の社会進出」などをやりなさいと教えてくれた。
それにも関わらず、馬鹿の一つ覚えの「コンクリートによる公共事業」に予算を付けて景気対策とするアベノミクス。

▼経済失敗はアベノミクスだけ
・G7の中で経済成長ほぼゼロは日本だけ。経済破綻かと騒がれたあのイタリアでさえ1.1%の成長。米国2.4%,ドイツ1.5%,フランス1.1%,英国1.9%,カナダ1.5%の成長です。
・つまり、G7の中で日本以外の国のリーダーは、しっかりした経済政策を進め、国と国民を豊かにしているのです。
・アベノミクスといいながら経済成長していないのは、安倍首相がリーダーの日本だけなのがG7で明らかになりました。

■日本国民は、もっともっと事実を知り賢くならないと駄目ですね。そのためには、外国の記者のコメントや外国メディアの記事等を読むことを勧めます。

☆日本の経済政策に海外記者の厳しい目
・バングラデシュの新聞社「プロトム・アロ」記者ハックさんは『アベノミクスは格差が広がっている』
・AFP通信(フランス)の記者『日本の景気浮揚策は、個人的には失敗しつつあると思う』
・英国の国際政治誌「グローバル・ポリシー」の記者ドブソンさんは『安倍首相の名は英国でも知られているが、アベノミクスの具体的な中身は認知されていない』

▼G7の他の国の経済状況と比べた正しい情報を言わずに、自分の都合のいい部分だけ(事実を隠し)を言う安倍首相の遣り口が、ここでもはっきりしました。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-05-28 20:12 | 亭主の日記 | Comments(0)