ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

大事なこと 「阿吽」とは 何も言えないこと

☆やっと受粉
・今年初めてのカボチャの受粉をしました。今年のカボチャは、どうしたことか雌花ばかり咲いて雄花が咲かずにいました。
それがやっと今日、雌花と雄花が咲き、無事受粉させることが出来ました。
c0229433_11030803.jpg
c0229433_11032352.jpg
はっきり物が言えない安倍首相
・沖縄軍属職員の女性殺害事件後、沖縄では『日米地位協定改定』や『米軍基地は沖縄から撤退しろ』等の悲痛な叫びと日本政府に対する不信感が渦巻いています。
そんな時の日米首脳会談で、『地位協定改定についてオバマ大統領と安倍首相の話し合いがあったか』と、民進党福山幹事長代理から自民党棚橋幹事長代理に質問がありました。
今朝のNHK日曜討論でのことです。
・棚橋幹事長代理の答えに唖然としました。「阿吽」でした。つまり、『沖縄の悲痛な叫びは無視しましょう』『地位協定改定は何も触れませんよね』ということを平気な顔で言った訳です。
・沖縄県は、独立国の一部とは見なされていないと県知事上げて訴えているのに、全く受け止めようとしない安倍政権を象徴しています。

▼オバマ大統領広島でのスピーチに思う
①スピーチの言葉は、日本の首相や政治家より格調高く哲学的であるが、あのプラハでの核廃絶演説以後、何をしてきたのか?何ができなかったのか?これから何をしようとするのか?について具体的に何も語らなかった。
・結局、核廃絶についてプラハ以外の国連やアメリカ国内やG7やG20等の主要な国々首脳会議で発言できない弱さと本気度のなさの表れでしょう。
これでは、被爆者の方々に本当の理解は得られません。オバマ大統領の限界が見えました。

②スピーチの前に原爆資料館を見学したのでしょう。私達親子は大分前に見学しました。その時の衝撃は忘れられません。
オバマ大統領は、資料館を見学して原爆投下の現状や状況を知ってどう感じたのか「人として」「大統領として」の一言がなかった。
・スピーチは用意されたセレモニーで、肝心の心がなかった。

▼G7などは、国連でやれよ!
・「G7だ!」「サミットだ!」など大騒ぎしても内容は、ほとんどなし。主催国の都合に使われるだけ。今回は、安倍首相の思惑が失敗しただけだったが。
・警備費用等諸々を考えたら、国連の会議室でやればすむことなのに、仰々しくセレモニーにする馬鹿馬鹿しさ。
『メルケル首相何とかして!』

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-05-29 11:46 | 亭主の日記 | Comments(0)