ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

安倍右翼 真摯に話を 聞いてごらん

☆キュウリざくざく
・雨が多い割にキュウリが元気に育っています。一昨日は、太いのも含め12本収穫しました。
c0229433_15214917.jpg
■安倍首相を支える安倍右翼と言われる人々
・日本の文化伝統を重んじる本物の右翼と比べると、安倍右翼と言われる人々の何と薄っぺらなこと。
・19日に開かれた沖縄県民大会でスピーチした名桜大4年の玉城愛さんの全文が東京新聞に掲載されていました。沖縄県民の誇りと怒り、悲しみ、自分への責任を含め格調高い内容を紹介します。一部抜粋しました。

『被害に遭われた女性へ。絶対に忘れないでください。あなたのことを思い、多くの県民が涙し、怒り、悲しみ、言葉にならない重くのしかかるものを抱いていることを絶対に忘れないでください。(中略)

安倍晋三さん。日本本土にお住まいのみなさん。今回の事件の「第二の加害者」は、あなたたちです。しっかり、沖縄に向き合っていただけませんか。いつまでも私たち沖縄県民は、ばかにされるのでしょうか。パトカーを増やして護身術を学べば、私たちの命は安全になるのか。ばかにしないでください。
軍隊の本質は人間の命を奪うことだと、大学で学びました。再発防止や綱紀粛正などという使い古された幼稚で安易な提案は意味を持たず、軍隊の本質から目をそらす貧相なもので、何の意味もありません。
バラクオバマさん。アメリカから日本を解放してください。そうでなければ、沖縄に自由とか民主主義が存在しないのです。私たちは奴隷ではない。あなたや米国市民と同じ人間です。オバマさん、米国に住む市民のみなさん、被害者とウチナンチュー(沖縄の人)に真剣に向き合い、謝ってください。 (中略)

生きる尊厳と生きる時間が、軍隊によって否定される。命を奪うことが正当化される。こんなばかばかしい社会を誰が作ったの。このような問いをもって日々を過ごし、深く考えれば考えるほど、私に責任がある、私が当事者だという思いが、日に日に増していきます。
彼女が奪われた生きる時間の分、私たちウチナンチューとして、一人の市民として、誇り高く責任を持って生きていきませんか。もう絶対に繰り返さない。沖縄から人間の生きる時間、人間の生きる時間の価値、命には深くて誇るべき価値があるのだという沖縄の精神を、声高々と上げていきましょう。』

□出来れば、中略したところを読んでほしいです。沖縄の怒り、悲しみ、現状を知ろうとしない本土の人々が多過ぎます。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-21 16:14 | 亭主の日記 | Comments(0)