ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

北海道の 草原で聴く 馬頭琴

☆ゲルde(デ)コンサート
c0229433_10183002.jpg
・釧路市の隣の白糠郡白糠町で、馬頭琴とホーミー奏者嵯峨治彦さんのコンサートに行きました。「羊まるごと研究所」の酒井伸吾さんが企画した野外ライブです。
・モンゴルのゲルの背景に酒井さんが飼っている羊が広い草原で遊んでいます。
・酒井さんが作る羊の肉は、洞爺湖サミットで使われたブランド物です。開演前にその羊肉のカレー(100円)を食べました。さすがでした。
☆馬頭琴とホーミー奏者
c0229433_10191100.jpg
・モンゴルの民族楽器「馬頭琴」&二重発声「ホーミー」での演奏です。ホーミーとは、独特の発声法で艶のある弦を弾いているような不思議な音を響かせていました。
・参加者の私達にも、その真似事を教えてくれました。ジャイアント馬場さんの「あっ、ホー」からスタンハンセン(プロレスラー)の「ウィー」へ変化する声を出す練習でした。
私達と同世代がほとんどでしたので、イメージしやすくよく真似できていました。
楽しかったですよ!
□いろいろな曲(覚えている曲名紹介)
・モンゴルの曲は、モンゴル夏の競馬大会
子供が地平線の向こうまでの往復の競馬

・馬飼いの朝市場

・上を向いて歩こう

・鳥の歌(民族紛争の地で平和を伝える)
c0229433_10193131.jpg
□コンサートの休憩が30分もあり、その時間羊の群れを見に散歩するなど、とてもゆったりゆっくり。旅行していることを忘れるくらいのんびり、豊かなひとときを過ごしました。
企画した酒井さんにも挨拶でき、大島から来たことをとても喜んでもらいました。
また、嬉しい人との繋がりが出来ました。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-23 10:56 | 亭主の日記 | Comments(0)