ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

金持ち 森永卓郎 庶民の無知を 第二弾

☆サトイモ大収穫
・今年のサトイモは、雨が多かったため、順調に育ってくれました。落葉や牛糞等を沢山入れたのもあたって、今までで最高の収穫になりました。
c0229433_11171970.jpg

▼一株でこれだけ
c0229433_11182287.jpg

□歓迎!野田首相
・森永卓郎氏の著書「庶民は知らないデフレの真実」は2012年です。
・2011年3月11日の東日本大震災が起こり、福島原発事故が続き、その対応で批判された当時の菅首相が下ろされ、野田佳彦氏が首相になった。市場原理主義の前原誠司と野田佳彦グループが社会民主主義の小沢一郎と鳩山由紀夫グループを破ってくれたのが幸いであった。
☆野田佳彦首相の最大の貢献は、国内こ反対を押し切ってTPP参加へのみちすじを開いたことだ。

□TPPとは何か
・TPPの最終目的は、モノ、カネ、ヒトの往来を参加国で完全に自由にすることだ。
・TPPに参加して関税が撤廃したばあいを農水省が推計した。魚沼産コシヒカリのようなブラインド米や有機米を除き、日本のコメ作りの9割が壊滅する。
・畜産業もブラインド牛を除き壊滅状態になり生産額は75%も減少する。
・その他サトウキビ、小麦、チーズ、バターは全滅。
・その結果農産物の生産額は4兆1400億円減少し、食料自給率が現在の40%から14%へと低下、雇用が340万人減少する。

▼米の価格差
・農水省は関税が即時撤廃されたときの影響を試算した。その推計は正しいのだ。
・例えば、コメには現在10kg当り4500円の関税がかかっている。それが撤廃されると10kg当り500円という格安のコメが日本に入ってくる。日本のコメは10kg1000円~2000円だからとても太刀打出来ず壊滅的被害を受ける。
・関税が撤廃されたら、日本のコメと味の変わらない外国産米が10kg700円程度で並ぶ。その時の国産米は5kg2500円程度。生活が厳しい庶民は当然700円の米を選ぶ。競争が激しい外食産業は、外国産米を買うだろう。
▼外国産の米は、遺伝子組み換えやポストハーベストといって収穫後の農作物に農薬をかけるようなことを米国は平気で行っていることなど安全性の問題がある。
・しかし、金持ちは気にする必要がない。我々は、10k1万円程度のブラインド米を食べているからだ。我々は、安い外国産米など絶対に食べない。
・TPPの時代を生き残った日本のコメ農家は、我々のためだけに安全で美味しいブラインド米を作ってくれるようになるのだ。


◇金持ちのためのTPPは、ほかにも
[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-24 12:06 | 亭主の日記 | Comments(0)