ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

臼杵石仏から 湯布院 無量塔(むらた)

◇国宝臼杵石仏
・凝灰岩の岩壁に刻まれた60余体の磨崖仏群で、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られたといわれている。
・平成7年に磨崖仏では全国初、彫刻においても九州初の国宝に指定された。

□末法思想の時代に、仏の力で心安らぐ世界をつくりだした石仏群。
①▼阿弥陀三尊像
どっしりと量感豊かで、毅然とした表情は彫技の冴えを感じさせる。
c0229433_23131277.jpg
②▼如来三尊像
c0229433_23153985.jpg
☆ボランティアガイドの亀井さんに詳しく説明して頂きました。
・地蔵十王像や古園(ふるぞの)石仏など、とても興味深い話が次々で、時間の経つのを忘れてしまうほどでした。

◇憧れの湯布院無量塔(むらた)
・湯布院御三家(無量塔、玉の湯、亀の井)の一つ無量塔に泊まりました。
妻と友人の奥さんの強い要望、一生に一度の贅沢とのことでした。まさにその通りでした。
・東北地方の古民家を中心に移築した凄い建物ばかりです。
私達が泊まったのは「明治」で、噂通りの建物です。
▼母屋
c0229433_23275632.jpg
寝室
c0229433_23302477.jpg
c0229433_23294413.jpg
▼居間
c0229433_23314722.jpg
▼和室
c0229433_23324336.jpg
▼その他
c0229433_23334684.jpg
☆料理も手が込んでいて、和の食材を使いながら、洋の味や盛り付けが楽しめました。
私達の古稀のお祝いのケーキまで用意してくれ、記念品も頂きました。調度品も素晴らしく至れり尽くせりの宿です。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-11-25 23:38 | 亭主の日記 | Comments(0)