ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

やはり そうだったのか! 産経は 第2弾

☆大根育つ
・今月に入り大根が大きくなって大喜びです。知り合いにお裾分けして喜ばれています。
c0229433_18573771.jpg
捏造記事でどうするの?
・安倍政権を支える新聞の一つの産経新聞の捏造記事の具体例を紹介する第2弾です。
①2013年10月10日
「産経」の世紀の大誤報!「村上春樹氏ノーベル賞」受章記事。号外で。
②2015年5月22日
「秋田空港が救難機以外の自衛隊機の着陸を拒否している」ため、東北で「ブルーインパルス飛行縮小」が余儀なくされているかのように報道。だが実際は、同空港は戦闘機の訓練だけ禁止され、他の自衛隊機の発着実績があった。
③2016年2月11日
「『茨城のシールズ』建国記念の日に街宣 北ミサイルは『北と中国、米国がグル』」と報道。だが街宣したのは別の団体で、『茨城のシールズ』も存在せず。これらの国が「グル」だという「仰天の発言」をしたことを、シールズSEALDs叩きに利用しようとしたのか。
④2016年4月22日
熊本地震に支援活動で出動した米海兵隊のオスプレイMV22について、「米当局が明らかにしたMV22のクラスA事故率は1.93で」、「この数字は大韓航空や中華航空よりも低いという」と記載。完全な事実無根で、すぐ記事は削除された。
⑤2016年5月3日
憲法憎しからか「9条の下では、空自衛隊機から領空侵犯機を撃つことができない」とし、「9条が羽交い締めにしている」と批判。だが、自衛隊機は領空侵犯機の武器使用は認められ、1980年代に空自衛隊機が旧ソ連機に警告射撃した事例もある。

■安倍政権を批判する人を一まとめにして『反日』の烙印を押し、個人や団体を攻撃する産経新聞は目に余る。
安倍政権を批判する人間は必ずしも「左派」の政治的スタンスをとっている訳ではない。自由主義や個人主義や全くの一市民でもある。
産経新聞が「反日」のレッテルを貼るのは、戦前の「非国民」と同じ意味を持っている恐ろしさを感じる。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-21 19:34 | 亭主の日記 | Comments(0)