ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

日本の農業 お先真っ暗

◇桃の摘果前
・桃の袋掛けは、摘果しながらやりました。細い枝に数個付いている実の中から残す実を決めます。
c0229433_14291419.jpg
▼桃農家から見える
①此方の農家は、夫婦二人でやっていて、お子さんは結構して農家を継ぐ予定はありません。
家の後ろの山の傾斜地に桃の木があります。他に今が旬のトウモロコシの出荷作業も二人でやります。
②桃の摘果袋掛けの作業も同時平行、来月になると桃の出荷です。
③トウモロコシの後作は茄子です。
④冬は野沢菜を育て出荷まで
☆かなりの広さの農地を夫婦二人で世話しています。年齢は60才後半で、体力気力の衰えを感じ厳しくなっているとのことです。

▼ご近所も同じような状況で、後10年したら殆どか荒れ地になっていると思います。
いろいろな地方の農業を見聞きすると、同じような状況で、日本の農業の縮図です。
10年後は、日本の農業は殆ど駄目になっているでしょう。
■日本の農政は選挙の道具で、日本人の食糧自給を本当に考えない自民党政治で壊れてしまいます。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-06-09 14:47 | 亭主の日記 | Comments(0)