ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:亭主の日記( 1067 )

ヒール役 相撲も プロレスも

☆イズノシマダイモンジソウ
・大島固有のイズノシマダイモンジソウが今年も咲きました。
・島の多くの人達は、あまり大事にしていません。昔から身近にあるものなのか、当たり前と思っているようです。
c0229433_21071622.jpg
■白鵬に妬みの貴乃花
・日馬富士の暴行問題は、加害者がきちんと罰を受けることで決着です。
・ところが、貴乃花親方の不可解な言動の本質は、自分の記録を大幅に超えてしまった白鵬に対する妬みが背景にあると考えると、ストーンと落ちます。

■日本人力士の八百長あからさま時代
・現在の親方のもう一世代前の日本人力士の「八百長(片八百長かも)」は、素人目にもわかるほどの酷さでした。
・7勝7敗の大関に、勝ち越しをした力士が無気力相撲で負けるのを何回も見ました。
・そんなことがあって、大相撲人気は衰退した時期がありました。

▼強いヒール役(悪役)をやっつける日本人力士
・日本人が相撲界に入らなくなり、存続の危機の時、外国人力士(ハワイ等)が入り、圧倒的な体重と強さで横綱や大関を張りました。
・憎まれる位で強かった曙や武蔵丸に、日本人力士の貴乃花や若乃花が勝つと日本中が大騒ぎでした。
・その後は、強い朝青龍が憎まれ役でした。
・白鵬は、相撲も日本の心も理解し、憎まれ役ではなかったのですが、歴代横綱の記録を次々塗り替え始めたら、途端に白鵬(モンゴル人)
を攻撃する相撲関係者(北の富士や舞の海や親方連中)が目に余る程の「白鵬叩き」を始めました。
・日本人横綱を誕生させようとする異常な発言が目につき、横綱になる条件を緩和させて横綱稀勢の里を産み出しました。

▼この構図は、戦後のプロレスで力道山が、かつての敵国アメリカのシャープ兄弟に勝ったことで、日本中が沸き返ったのと、本質は一緒だと気が付きました。
プロレスは、その後も外国人を悪役にして、興行を盛り上げています。
・大相撲が国際化したと言いながら、外国人(今はモンゴル人)を悪役にして、それに勝つ日本人力士がいて大相撲が成り立っていると思います。

▼白鵬は悪役に徹して2020年まで、優勝をし続けるか、穴を捲って直ぐ引退するか、居直った方がいいのでは?がんばれー白鵬\(^o^)/



[PR]
by gorongoronisomura | 2017-12-04 21:55 | 亭主の日記 | Comments(0)

自戒を込めて

◇茄子が復活
・畑の野菜が夏の暑さ負けを呈していましたが、やっと元気を取り戻したようです。この後、切り戻しをして、もう少し楽しめるかなと思っています。
c0229433_14050700.jpg
□極東軍事裁判を見て思う
・数日前のNHKの「極東軍事裁判」を見ました。昨年12月にも見ましたが、改めて11カ国判事が個人の見識と論理性の高さに感服しました。
・判決文は全員の名前で出されましたが、見解の相違がある判事が、意見書を提出していました。

◇妥協しない強さ
・中でもオランダ、インドの判事の妥協しない強さに感心しました。オランダの判事は、在日の上司にもオランダ国の方針とは異なる意見をきちんと述べていました。
・個人として裁判に関わる勉強をして、既成の法律に則るべきとの基本を曲げない強さでした。

□島国、村社会のしがらみに生きる
・島国根性とか村社会のしがらみとかで、個人として力強く生きることが非常に弱い日本人と思います。

・今の政治への不満などを友人と話すのを躊躇う自分がいることに弱さを思います。
・何処かに、自分の考えを主張すると、人間関係がギクシャクしてしまうのではないかと。

・いろいろな事実を元に論理的に話しても、「そう言う難しいことがあるにしても、まあまあうまくやろう」と無難な曖昧なまとめ方になってしまうことが多いです。

▼政治にも如実
・日本の政治家や官僚の言葉の曖昧さは、外国人には理解できないでしょう。多分英訳したら、意味不明なのでしょう。

・国際的には、通用しない日本の政治家や官僚の言葉、つまり文化なのでしょうね。

・外務大臣になった河野太郎氏は、「核の廃棄物の処理が出来ない原発は推進反対」と主張していても、安倍政権の閣僚になると「原発再稼働」派になってしまうと言う有り様。
・河野氏自身が「閣内に入れば、個人の意見は封印して組織の一員として仕事をする」と。

▼信頼されない日本人、日本語、思考
・核兵器廃絶に対する安倍首相の話も、具体性も論理性もなし、国内的には誤魔化せても国際的には信頼されない典型でしょう

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-08-10 14:44 | 亭主の日記 | Comments(0)

八丈島 努力あっての 特産物

□懐かしいマクワウリ
・近所の人から頂いたマクワウリの苗が、大した面倒も見ないのに、大きく逞しく育ちました。
・私の子供の頃ですから、60年位前の話になります。今のメロンとは、全く違う素朴な甘さです。
c0229433_15354289.jpg
◇旅サラダでびっくり
・一昨日の朝のテレビ「旅サラダ」で、八丈島が取り上げられていました。旅人は勝俣さんで、八丈島の特産物の椎茸、パッションフルーツ、刺身にロケーション最高の露天風呂等の紹介でした。
・勝俣さんと町長も裸で露天風呂に入浴する姿を見せていました。

◇旅の楽しみつくる努力
・旅の楽しみの一つは、地産の食べ物です。その点、八丈島は特色のある農産物や魚介物を、何時でも提供出来るようにしていることが分かりました。観光客に喜んでもらおうとの必死さが伝わりました。
・もう一つは、スイーツの店の店員の素晴らしい笑顔です。当たり前と言えば当たり前ですが、大島ではどこの店でもと言うわけにはいきません。

◇大変とやらない
・大島でも、何年か前にアワビの養殖をやっていて、そのアワビ(トコブシ大位)をお客様に出していましたが、続けて欲しいと要望しましたが、結局止めてしまいました。
・また、ある人が海ブドウを大島で育てようとしたところ、いい協力者がいなく実現していません。
・「大変だけど、何とかやろう」という文化が残念ながら見られませんね。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-08-07 18:34 | 亭主の日記 | Comments(0)

お人好し 救われない 日本か

◇ルドベキア
・庭で元気なルドベキア
c0229433_11271937.jpg
▼安倍改造内閣
・テレビやネットで安倍改造内閣の評価のコメントを見聞きすると、皆で「よいしょ」内閣ばかりです。

◇お人好しの日本人ばかり

①安倍首相が森友学園や加計学園や防衛相日報問題について「お詫び」をしたから、『いいんじゃないのかと』簡単に許してしまう。疑惑は何一つ解明されていないし、解明する具体策も表明していないのに、許すと言うお人好し。

②政治評論家やコメンテーターも、こぞって「実力者」「最強メンバー」「オールジャパン」など期待を込めた『よいしょ』のオンパレード。
疑惑隠しの安倍首相が代わらないことを、誰も指摘しないアホらしさ。

▼多分、内閣支持率は35%超えでしょう!
・論理的思考が苦手で、情緒的(御免ねで許せないのに許してしまう)な雰囲気に流される日本人が多いから、週末の内閣支持率では35%超えになるでしょう!
・安倍首相は「やっぱり口先だけで謝れば、アホな連中は、『いいよ』で終わるだろう」とうそぶいていることでしょう。
して遣ったりの悪らつ顔が眼に浮かびます。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-08-04 11:48 | 亭主の日記 | Comments(0)

安倍首相 軽薄軽薄 あれ!勘違い

☆今、大島豪雨
・日本各地で異常気象での豪雨が報道されていますが、これまで大島では雨が欲しいと思っていても降らずで困っていました。
・ところが、26日午前11時半頃から凄い雨になりました。
c0229433_11503159.jpg
c0229433_11504846.jpg
■軽薄軽薄、嘘つき安倍首相
・昨日の閉会中審査で、「加計学園が獣医学部新設を申請したことをいつ知りましたか」の追及に「1月20日」としたが、過去の国会での答弁では少なくとも2年前には知っていたこととの矛盾を指摘されると、
『混乱していたので、勘違いでした』と、それまでの国会答弁を平気で否定する醜態を晒しました。

▼権威ある国会で記録に残っている答弁を『あれは、間違いでした』と、こんなことが許されるなら、どんないい加減なことを言っても許されることになります。

■思い出します。オリンピック誘致で安倍首相が『福島第一原発事故での汚染水は、完全にコントロールされている』と、世界中に安全宣言をしました。

▼これが全くの嘘で、今もって汚染水は完全にコントロールされていないことは、明白です。
もし、今、安倍首相にこの事を確認したら、
『あの時は、そう思っていただけで、あのことは撤回します』と、
平気で言うのでしょう。

▼後で、『勘違い』とか『間違いでした』で許されるなら、「警察はいらない」

◇こんな程度の首相ですよ!


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-07-26 12:14 | 亭主の日記 | Comments(0)

常識なし 権力者の 傲慢さ

□ノーゼンカズラ
・栗の木に巻き付いていたノーゼンカズラです。その栗の木が根元から倒れてしまったので、この写真のように横たわっています。
c0229433_19512469.jpg
c0229433_19504981.jpg
■白々しい安倍首相
・「加計学園が獣医学部創設の申請を知ったのはいつか?」の問に安倍首相は、「今年の1月20日(?)だった」と答えていた。

・ところが、誰でも知っている通り安倍首相と加計幸太郎氏は旧知の間柄であるばかりでなく、去年の夏頃ゴルフや食事で十数回会っていることが分かっている。

■常識通じない輩
・私達国民の常識で言えば、夏以前に加計学園が獣医学部創設を申請していることを話している。または聞いていると考えるのは至極当たり前です。

・ところが、安倍首相は1月以前に加計幸太郎氏から全く聞いたことがないと平然と答える。
私達の中で同じようなことがあれば、「お前、そんな事を誰が信じる。馬鹿なことを言うな」となります。

■「加計学園ありき」が鮮明に
・今日の国会でのやり取りを見ていると、安倍首相のお友達の加計幸太郎氏に特段の便宜を図ったことがよく分かりました。
・庶民感覚なら10人中10人が同じように思うでしょう。

■安倍昭恵夫人、森友学園と同じ
・森友学園の名誉校長であったように、加計学園でも理事をしていて講演までしている関係である。
・よくもまあ、安倍夫婦は、お友達や同志(教育勅語を基本にする教育)に特段の便宜を図っているものだ。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-07-24 20:19 | 亭主の日記 | Comments(0)

尊敬 応援したい MA E KA WA

☆庭のアジサイ紹介しています。
c0229433_16104588.jpg
◇真実は強い
・前文科省事務次官の前川氏の国会での発言を聞いていると、ご自身が話したことや見聞きしたことなので、論理的にも全く矛盾がありません。
・その上、冷静沈着堂々とした態度は、恐れるものなしで人物の大きさが滲み出ています。
正に、「真実は強し」です。

▼姑息な連中
・一方、官僚や萩生田副官房長官、山本地方創生大臣等の話は、論理性なしの誤魔化しばかりであった。
一例
①前川さんの話に対して、書類で残っていることに「前川さんに会ったことは認める」「指摘されていることを話したことは認める」⇒
「話した内容は記憶にない」
■都合が悪いときの常套句

②山本地方創生相の獣医学部新設の必要性についての答弁で、「獣医の需給の具体的数値は明確にしなくて構わない」と平然と発言。
また、都合が悪いことについては、「意味不明の官僚作成の文書」を4分半位棒読みしてひんしゅくをかう。
■論理性なし能力なしを国会で披露

③菅官房長官は、「前川氏が事務次官に固執していた」と述べたが、本人は「そのようなことは言っていない」ときっぱりと否定した。
菅官房長官は、誰かに聞いた話として述べているのに対して、前川氏の毅然とした態度の話には勝てるわけがない。
■菅官房長官の姑息な捏造が明白になった。

◇権力に立ち向かう姿に感動と尊敬
・「行政の進められ方が歪められている」「加計学園問題は、不公平不透明」と発言している前川氏は、最大の権力者安倍首相と安倍政権に「たった一人で立ち向かっている」日本史上稀有な人物である。
・志の高さと何事が起きてもぶれない強さに感動と尊敬の念で一杯です。

◇心配なことは、公権力が陰から前川氏や家族に圧力や嫌がらせをしていないかです。

私は安倍政権を支える偏った意見を述べるコメンテーター(政治評論家の田崎史郎や末延氏等)は「不適」、

テレビ局には「国民の大多数の側に立つ報道を求

める」「権力者にへつらうな」等と電話しています。




[PR]
by gorongoronisomura | 2017-07-12 17:05 | 亭主の日記 | Comments(0)

小池チルドレン 内田ドンの自民党より

☆庭のアジサイ紹介しています。
c0229433_18230068.jpg
都民ファースト大丈夫?
・都民ファーストが圧勝したら、小池チルドレンが頼りないとマスコミが盛んに話題にしています。
・新人議員が頼りないのは当たり前、それより「変なしがらみなし」だけに希望の方が大きいです。

■忘れていませんか?
・去年の都知事選の時、都庁と都議会を牛耳っていると暴露されたのが、都議会自民党幹事長内田茂氏でした。
・都議会に提案する都庁の議案は、まず初めに内田ドンに説明に行き了解してもらう。内田ドンが「OK」すれば、自民党は「OK」必然的に絶対多数の都議会も「OK」となり、都の予算も議案も通過するという実態でした。
▼現在の安倍政権と同じような状態でした。

◇内田自民党時代の都議会より、小池知事で都民ファースト多数の都議会の方が、透明性あり悪どさなしでしょう!
☆期待しましょう!

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-07-08 18:40 | 亭主の日記 | Comments(0)

駄々っ子 品位もユーモアもなし

☆庭のアジサイを見てください。
c0229433_13060724.jpg
安倍首相は駄々っ子
・都議選での秋葉原駅街頭応援で、『安倍辞めろ』『安倍帰れ』のコールに、「こんな人たちには負けない」との映像がテレビで何回も流れました。

①安倍首相が指差した抗議する人々の生命財産を守る役割があることを駄々っ子の安倍首相は分かっていない。
安倍首相は自分を支持する人達だけを守ろうと思っている。

②カリフォルニア州知事候補で演説していたシュワルツェネッガー氏が「生卵を投げつけられた」時、「ベーコンもね」と洒落た返しをしたのと、今回の安倍首相の対応の駄々っ子振りとは対称的です。
ユーモアなし大人的懐の深さもなし、情けなさが世界中に配信されました。

③自分を支持する人やメデア以外は、みんな敵にして攻撃する遣り方は、安倍首相とトランプ大統領は瓜二つです。



[PR]
by gorongoronisomura | 2017-07-04 14:30 | 亭主の日記 | Comments(0)

何でかな~ 馬鹿ばかり かばうのかな~

☆庭のアジサイ紹介しています。
c0229433_09554900.jpg
■自民党のお馬鹿、何でいっぱいいるのかな~
『私みたいな優秀な議員を責めるのかな~』『私みたいな自民党議員がいっぱいいて、何でいけないのかな~』
・自民党議員の並外れたお馬鹿のオンパレード。こういう議員を当選させる自民党支持者は、何を考えているのかな~

①武藤貴也議員
・選挙報酬未払い問題、未公開株問題、未成年男性買春問題、追突事故

②宮崎謙介
・ゲス不倫で議員辞職

③大西英男
・女性議員に『自分で子供を産まないとダメ』
・北海道で『巫女さんを誘って札幌の夜に説得しうと思った』『ひとつ口説いてやろうと思った』
・『がん患者は働くな』
・元格闘家の須藤元気さんの推薦文捏造

④務台俊介
・長靴事件

⑤中川俊直
・不倫の上、海外挙式。そのあとストーカー
・集団レイプもみ消し

⑥豊田真由子
・暴言、暴力、パワハラ、傷害事件

⑦稲田朋美防衛相
・『自衛隊としてもお願いしたい』
公職選挙法違反、自衛隊法違反

▼何でかばうのかな~
・渇れることのない泉のごとく、次々と涌き出てくる自民党お馬鹿議員をかばう長老議員
①河村建夫
・『かわいそうだ。男性議員なら、あんなのいっぱいいる。気持ちは分かる』

②細田博之
・『高速道路を逆走して慌てたのでしょう』とかばう

④菅官房長官
・稲田朋美防衛相は、しっかり説明したので、発言に気を付け職務に専念してほしい。

⑤安倍首相
・防衛相の辞任はありません。

▲お馬鹿な自民党を支える国民
・これだけお馬鹿な議員がぞろぞろ出てくる自民党を束ねる総裁を支持する国民がいる限り、反省はしないでしょう。
・こんな輩に年4000万円以上の税金を払っているのですよ。
・ヤバくなれば、自民党離党や入院して、ほとぼりの覚めるのを待っている連中ですよ。




[PR]
by gorongoronisomura | 2017-06-29 10:32 | 亭主の日記 | Comments(0)