ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

思考停止で 安倍政権 ファシズムのにおい

理解不能の衆院選
24日、第三次安倍内閣が誕生した。
自公合わせて325議席となり、衆院定数の三分の二の勢力を維持した。
ところが、個別の安倍政権に対しては反発がある。(共同通信調査)
1.安倍政権の改憲に賛成は35.6%、反対50.6%
2.沖縄・米軍普天間飛行場の辺野古移設「計画通り進める」27.3%、
「計画停止」「移設の白紙」が63.7%
3.アベノミクスでさえ「景気がよくなると思わない」が62.8%

比例の得票では、与野党別の数はともに2500万票前後。全有権者数に占める自民の比例は17.0%。
ところが、小選挙区では自民党が圧勝した結果、安倍政権を信任したこととなった。
c0229433_2157149.jpg

やりたい放題
安倍首相は、「アベノミクスをこのまま進めろとの民意」それだけでなく
原発再稼動、集団的自衛権行使、特定秘密保護法など、懸案事項も信任されたとして
半数以上が反対または心配している民意を無視してやりたい放題になる。
個別政策に反発があったとしても、これだけの絶対多数を与える有権者の思考停止・惰性は、
生命を預けてしまうような危険な状態を作り上げたとしか思えません。

沖縄と福島の違い
今回の衆院選で、沖縄と福島の民意の違いを強く感じました。
沖縄の小選挙区選挙では、お金(国からの特別予算)に惑わされず、自尊自立の心を表した結果、
自民党が全敗となりました。
ところが、原発事故以降いまだ約12万人の方々が避難生活をしているのに、
結局小選挙区選挙では自民党が圧勝しました。
福島県南相馬市の国が指定した放射線量が高い避難勧奨地点を今月28日に解除すると決定した。
ところが、「農地の除染が全くされていない」「住宅の周りの除染すらきちんとできていない」
「この線量では子供や孫と一緒に住むことは出来ない」の声を無視して説明会は打ち切られた。
がんばれ沖縄
辺野古移設反対を掲げている翁長県知事は、直接アメリカに行き交渉する予定とのこと。
沖縄の民意と実情を訴えれば、移設反対が実現するかもしれません。
がんばれ沖縄、自立・独立したほうがいいと思いますよ。
音楽に涙
政治について考えると、やりきれなくなりますが、
テレビで辻井伸行さんがベトナムでの演奏の旅を放映していました。
ベトナム民族楽器を学習する学生と辻井さん作曲の「それでも僕は生きていく」を
辻井さんのピアノの合奏を聴きました。
演奏する学生の何人かが感極まって涙していました。
私達夫婦も、音楽の素晴らしさと演奏する辻井さん・学生の表情・仕草・雰囲気に引きこまれ
涙していました。
言葉が通じなくても、心が通じ、とても心豊かな平和な時間が流れていることに嬉しくなりました。
日本の政治の虚しさを暫し忘れることが出来ました。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-25 22:46 | 亭主の日記 | Comments(0)

島らしく 椿が防ぐ 強い風

隣の家やっと
防風林が島の生活の知恵を忘れた隣の家が見えていたのが、
やっとどうにか椿の防風林で見えなくなりました。
椿は照葉樹林なので、風で運ばれた塩が椿についても
表面がつるつるしているので、雨が降ればきれいになります。
木々に囲まれた我が家が半年振りに復活しました。
c0229433_2144362.jpg

凄いぞ小池造園
今回、高さ3~4mの椿8本を植栽してくれたのは、家の近くの小池造園です。
穴を掘って、椿を植え、土を寄せならす作業を、何と3時間で終わらせました。
小池造園は、3~4mの木を釣り上げで穴に据え付けるためにクレーンを使います。
畑から椿を掘り上げ現場に運ぶ機械など、大型重機をそろえているので、
人手で中心だと3日ぐらい掛かるのが、たった3時間でやり遂げる小池さんです。
c0229433_21552874.jpg

仕事が丁寧
椿を据える場所決めから土被せ、最後の土地ならしと、
職人さんの仕事はとても丁寧でした。
c0229433_21584096.jpg

根元にツンツンを
椿の根元にオレンジ色の花が咲くのを移植しました。
正式な名前が分からないので、私達はツンツンと言っています。
午後から風が出て寒くなりましたが、薄暗くなる夕方までやりました。
溝掘りは私、植え付けは妻です。
c0229433_2253199.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-21 22:06 | 亭主の日記 | Comments(0)

80年後 消滅するよ 大島が

里山資本主義の話
先日、「デフレの正体」や「里山資本主義」などの著者の藻谷浩介氏の講演会がありました。
このところ、妻と上記の本や「藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?」を
読んでいたので、講演会に出掛けました。
当日は、日本の行方が危うくなることになった衆議院選挙の日でした。
c0229433_20412198.jpg

大島の将来予測
藻谷氏は、テレビや新聞などマスコミで経済のことを語る経済学者やエコノミストにはない
客観的で具体的な統計数字をもとに分かりやすく話してくれます。
特に、人口推移の統計と推移の数字(国立社会保障・人口問題研究所)をもとにしています。
大島の人口予測では、80年後に人口ゼロ、つまり消滅するというものです。
生産年齢人口(15才~64才)の減少、0才~14才人口の減少、65歳以上の増加後減少を
具体的数字で示してくれました。
価値に気付かない
地方や田舎といわれるところで人口減少、地域衰退を象徴する言葉が藻谷氏より紹介されました。
「何もない」「当たり前」の二つの言葉をその地域の人が口にしているところです。
この言葉は、私が波浮小学校に勤務していた時、多くの子どもから聞きました。
そんな時、私は子供達に「大きな空があるよ」「おいしい空気があるよ」「緑いっぱいだよ」などと言うと、
そんなの「当たり前」の返事でした。
また、私が「何か凄いものとか、自慢できるものないの?」と聞くと、「何もない」の返事でした。
生まれた時から目の前にある素晴らしい「海・空・空気・緑」、只のものに価値を自覚していないのです。
このことは、子供だけでなく、かなりの大人の人も思っているようでした。
外から気付く価値
大島の持っている特に自然環境の素晴らしさは、私達よそ者といわれる移住者や
観光客取り分け外国人観光客が気付いています。
外国人の方は、首都からこれだけ近いところで大島のような素晴らしい自然環境があるのは、
世界中で東京くらいだけとの話をします。
大島の観光として生きる道は、東京に近付くことでなく、島の価値を自覚することから始まると思います。
学ぼう里山資本主義
藻谷氏が提唱する里山資本主義を実践している自治体があります。
とても人間的で人々が幸せ・笑顔溢れているとのことです。
衰退消滅するのを座して待つより、学んぶ価値ある考え方生き方だと思います。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-18 21:29 | 亭主の日記 | Comments(0)

今年のモデルは いかがかな

顔なしモデル
例年通り今月10日から20日まで、ごろんごろんの宿泊棟で創作ニット展が開催されています。
島在住の伊藤八重子さんの"オリジナルニット えっせんす"に、
八重ちゃんファンの島の女性が訪れてきます。
例外として毎年八重ちゃんのニットを購入してモデルをしてもらっている
タッキーさんの写真です。
ご本人の了解のもと、顔なしの写真です。
c0229433_16171910.jpg

センスいいです
タッキーのニットの色合いが素敵です。
隣りのマネキンのニットも、シックで雰囲気を十分お伝えできないのが残念です。
毎年、同じものが一つとしてないという作品の数々に驚かされます。
年の終わりは大島で開催ですが、
春からいろいろなところで開催してほしいと声が掛かり、
11月まで鎌倉や代官山などで開催され、楽しみに待っている人がいるとのことです。
最後に、モデルのタッキーの顔もお見せします。
作品の一部もどうぞ!
c0229433_16253612.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-15 16:25 | 亭主の日記 | Comments(0)

安倍ちゃんの 暴走許すか 止めるのか  

好評の白和え
このところ、お昼のお蕎麦のお客様のクルミの白和えの予約が増えています。
一度食べた方だけでなく、評判を聞きつけた方からの予約が多くなっています。
お昼に出すには、前日から仕込みをしなければなりません。
具のニンジンは出汁に塩とみりんで煮ます。
干し椎茸は、出汁に醤油と塩とみりんで煮ます。
こんにゃくは、醤油だけで煮ます。
これら三つの具を別々に煮た物を冷まして、味をしみこませます。
この時間が必要なので、前日に下ごしらえをして
当日に擂ったクルミと豆腐(元町の特別な)を和え砂糖と塩で味を整えお出しします。
c0229433_17164479.jpg

選挙予測にがっかり
明日の衆議院議員選挙の予測は、どの機関のものも自民党三分の二に迫る議席獲得です。
安倍首相が「アベノミックスの信任」と位置付けていますが、
安倍政権の経済政策で恩恵を受けていると答えているのは、
国民の10%強で、不満な人の割合は80%近くになっています。
それなのに不満と思っている人も自民党を勝たせたいとしている矛盾は、どう考えたらいいのでしょうか。
選挙制度にも問題があります。
見捨てられても自覚ないの?
安倍政権の経済政策は、富裕層を大事にするもので、
低所得の人や社会的弱者の人には厳しいものなのは、この2年間明白になっています。
国民の絶対多数を占めている低所得層の所得を増やす政策が
日本の内需を活性化し経済が好転するはずなのに、何でそれをしないのでしょうか。
経済がよくなっているのが、地方に行き渡るには時間が掛かるといいますが、
どんなに時間が掛かっても地方も低所得の国民の生活も良くならないのです。
安倍政権の経済政策の方向が違うのですから。
二世三世には庶民の苦しさ分からない
国会議員は、二世三世、中には四世議員がいます。特に、自民党には世襲議員が多いです。
これらの議員は、苦労知らずで育っているだけに、庶民の暮らしは理解出来ないでしょう。
ましてや、歳費を削る(身を切る)など、何処吹く風だと思います。
不透明な資金の使途についても、恥もなく議員として居座り続け立候補もしています。
小渕優子議員に象徴されますが、反省も明快な説明もなく立候補し、当選するのでしょう。
麻生太郎議員も「経済が良くなっているのに、経営が思わしくないのは経営能力がないか努力が足りない」
と、上から目線で本音を語っています。円安で中小零細企業が、どれほど苦労しているか想像できない人です。

統計資料を良く見ましょう。苦しむ庶民の一例
★2012年と比較して、正規雇用が22万人減少。低賃金の非正規雇用が123万人も増加
★帝国データーバンクの10月の発表では、円安が原因で倒産した企業が前年度比で2.8倍に増加

安倍政権の暴走
前回の衆議院選挙の2012年で自民党が掲げた公約が、直ぐはがれる膏薬になっています。
その例は
1.特定秘密保護は、公約になく国民の過半数が反対している法案を制定
2.TPPに交渉参加に反対としていたが、交渉参加
3.議員定数の削減など国民が求める改革を断行するとしたが、全く手付かず
4.原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指すとしたが、原発再稼動を推進
5.デフレ・円高から脱却し名目3%以上の経済成長を達成だが、2014年7~9月期は名目年3%減
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-13 18:06 | 亭主の日記 | Comments(0)

今年も やって来た サンタクロース

来た来たよ!
今年もやって来ましたサンタクロース
毎年、教え子からクリスマスの飾りです。
ミニチュア・ローズの生花の鉢物です。
冬は暖かいところに置いて、4~5日に1回暖かい日中に水遣りをします。
c0229433_1933597.jpg

花が咲き終わったら、下の方から葉を3枚ほど残して切り詰め、
細い枝も少し切り取ります。
切り詰めた後、肥料を施しておくと、一年中ミニチュア・ローズが楽しめるようです。
玄関にクリスマス
毎年贈られてきたクリスマスの飾りと
集めたクリスマスのものを一緒に玄関を彩ります。
c0229433_199872.jpg

先日、お昼にお蕎麦を食べに来た女性が、
「クリスマス、今年初めて」と、喜んでくれました。
明日からのお客様にも、きっと喜んでいただけると思います。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-09 19:11 | 亭主の日記 | Comments(0)

ゆかいなキャラバン隊 ふれあいまつり

ふれあいまつり
主催者は、大島社会福祉協議会・藤倉学園・大島恵の園・第2大島恵の園です。
子供達と高齢者・障害を持った方々・地域住民との"ふれあいの場"として、
例年12月第一日曜日に開催されています。
昨年は、台風による山崩れ災害のため開催できませんでした。
c0229433_20143367.jpg

人形劇で参加
私達は、"ゆかいなキャラバン隊"として人形劇で楽しんでもらいます。
はじめは、「ずっとママといっしょがいいの」です。
読み手は妻、私はカンガルーのお母さんの着ぐるみを着け、子供の"ベビールー"の声と人形の操作も担当。
c0229433_20193467.jpg
c0229433_20195249.jpg

もりのこえ
次は「もりのこえ」、これも読み手は妻が担当です。
私は"もりぞうじいさん"の声と、主人公の"ビッコロ"人形を動かします。
この出し物の頃になると、会場にお客様が増えてきて賑やかになりました。
c0229433_20252264.jpg

フリーマーケット
今年は11月の福祉まつりが雨で、フリーマーケットが出来なかったため、
今回の"ふれあいまつり"で行われました。
社会福祉協議会に提供した我が家の品物も並びました。
午前の早い時期、凄い人出でした。
c0229433_20311313.jpg

模擬店コーナー
会場の町役場前には、焼きそば・フランクフルト・焼き鳥・黒潮作業所パンなどが出店。
焼き鳥は、午前中に完売でした。
黒潮作業所の売店で、あんまんを2つ買いました。
あんがさっぱりして手作りの味で、美味しかったと妻が2つ食べました。
お昼頃、主催者が用意してくれたカレーをいただきました。
波浮にいたときの保護者のMさんが中心に作ってくれたカレー、凄く美味しかったです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-07 20:46 | 亭主の日記 | Comments(0)

教え子との 飲み会 面白い

教え子45歳
北千住のいわし料理屋で、私の2回目の卒業生との飲み会でした。
このクラスの集まりは少し変わっていて、葉書やメールによるクラス会の開催通知、
出欠席の確認をせずに、電話などで個別に連絡する方法です。
そのため、そのとき都合のつく人が集まってくる小規模なものです。
面白いのは、卒業の時、隣のクラスだった人も参加します。
それが不思議に不自然ではなく、溶け込んでいます。
c0229433_16575796.jpg

懐かしい話
今回も懐かしく面白い話に、皆して「そんなことあったの?」と、ニヤニヤしました。
1.からかいはゆるさない
5年生のとき大阪から転校して来た女の子Kさんが、「かっぺ」とからかわれた時、
普段はおとなしいTさんが「方言をからかってはいけないと、先生が言っていたでしょう」と、
怒ると、からかっていた人達は静かになった。
Kさんがあの時は、「嬉しかったよ」と言うと、Tさんは「覚えていない」と。
34~35年前は、「かっぺ」という言葉が流行っていたねと、懐かしく思い出しました。

2.お前の先生可笑しい
今年久し振りに参加したM君は、当時父親が言っていた言葉を披露してくれました。
「お前の先生可笑しいぞ。何か変だ、大丈夫か。でも好きだけど」
この話を聞いた参加者は一応に納得の様子でした。
帰りの駅で別れるとき、M君は、私にもう一つのエピソードを話してくれました。
6年社会科の時間、サンマを食べる授業をした時のことを思い出し、
お父さんが「あの時、もっとサンマを差し入れしておけば良かったなぁー」と。
今でも強く印象に残っているとの話でした。

3.クラス会を覗き見

20歳の時のクラス会のことを懐かしく話してくれたのは、G君です。
当時G君は、クラス会会場近くのAデパートに勤めていました。
クラス会があることを同僚に伝えると、同僚達何人かがクラス会を覗きに来たそうです。
一次会終了後、どういうわけかその同僚たちが二次会に参加したそうです。
最近、参加した昔の同僚と久し振りに会った時、そのときの話が出て、
「あの時の怖いけど、何か面白そうな先生どうしている?」と聞かれたそうです。
とてもインパクトのあるクラス会だったようです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-02 17:28 | 亭主の日記 | Comments(0)

20年前を 昨日のように 熱く語る 

江北小学校140周年
私が初めて校長として勤務した足立区立江北小学校140周年記念式典祝賀会に行ってきました。
式典では、高学年の合唱と笛の演奏、金管バンドの演奏で締めくくられ、
その後、祝賀会となりました。
c0229433_12512093.jpg

思い出いっぱい
式典での校長先生の式辞や来賓の挨拶で、学校の教育目標と120周年から始まった
夏祭り盆踊り(学校・PTA・地域一体)について高い評価を語っていました。
それらは、私が平成5年に校長で着任した翌年の120周年行事で実施したもので、
当時一緒に事業を進めたPTA・地域の方々の協力があってのことでした。
c0229433_131737.jpg

教育目標・夏祭り
祝賀会が始まって直ぐ、紹介されて壇上でスピーチをしました。
教育目標設定について
私が着任した時の教育目標は、何処にでもある内容でした。
そこで、江北小独自で、しかもどんな時代でも教育の理念を掲げたいと願い設定しました。
学校と地域の背景として、校庭にあるイチョウが戦争中の空襲(昭和20年)で被害にあった木が
翌年春に新芽が芽吹き、それ以降毎年成長し続けていました。
そのイチョウの大木が子供達も地域も見守っている歴史がありました。
そこで「いちょうのようにたくましく」を前段にして、その後に「共に学び、共に遊ぶ」としました。
c0229433_13215573.jpg

スピーチに飛び入り
私がスピーチを始めると直ぐ、会場の後ろの方から一人の年配女性が一番前の席に進んできました。
椅子に座る前から私に向かって大きく両手を振り、「先生!」と叫んでくれました。
80歳になる方で、20年前の周年事業のとき、地域の方として協力してくれました。
見覚えのある人でしたから、私も壇上から大きく手を振って応えました。
その後、今度は20年前PTA副会長として一緒に仕事をしたSさんが、
ビール瓶とコップを持って、壇上の私にビールの入ったコップを渡してくれました。
せっかくのビールですので、その場で飲み干してスピーチを続けました。
夏祭り盆踊り
120周年を記念して始まった校庭での夏祭り盆踊りは、現在まで20年続いています。
盆踊りを始めた経緯を簡単に話しました。
周年をきっかけに学校・PTA・地域が一体となる取り組みの一つにしたかったので、
会場を校庭にしました。
校庭に盆踊りの大きな櫓を組み、提灯で校庭を飾るようにしました。
ところが、校庭に電気を引く予算がないので(教育委員会は出しません)、
学区の町会長に電気工事代の分担金として3万円を集めて歩きました。
無事開催にこぎつけたことを話しました。
あれから毎年8月の2日間、江北小学校の子供だけでなく、
近隣の子供達も参加できる盆踊りが行われています。
[PR]
by gorongoronisomura | 2014-12-01 14:24 | 亭主の日記 | Comments(0)