ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

外交感覚 無きに等しい 安倍首相

妻怒る
未だ解放の知らせがない後藤氏の人質事件、
ここに至るまでの安倍首相の対応に、妻はテレビや新聞などの報道を見るたびに
怒り!怒り!怒り!の毎日です。
私も同じ気持ちですが、妻に圧倒されています。
★その1 湯川さんが拘束されたのは昨年8月、後藤さんは10月に
同じイスラム国に拘束された。このことは日本の警察や政府関係者は
その時点で把握していたはずなのに、交渉ルートを使ってどう努力していたのか不明。
★その2 日本人が人質になっていて身代金を要求されている緊迫した状況にもかかわらず、
自分の政権延命のために大義のない衆議院選挙を進めた冷酷さに怒り心頭。
★その3 人質として拘束されていることを知りながら、
中東を歴訪し『ISIL(イスラム国)がもたらす脅威を食い止めるため、
ISIL(イスラム国)と戦う周辺各国に支援を約束する』と発言し、イスラム国を刺激した。
その直後に、安倍首相が約束した支援2億ドルを人質解放に必要な額として要求された。
全く外交・人権感覚のなさを露呈したことが明確に分かる流れである。
庭から見えた虹
c0229433_2072550.jpg

中東情勢に詳しい専門家
イスラム法学者、同志社大学客員教授の中田考氏が
日本外国特派員協会(1月22日)での記者会見で述べたこと。
「難民支援、人道支援ということで今回の中東歴訪があったのだとすれば300万人と
言われている『シリアからの難民』の半数以上がいるトルコを最優先にすべきです。
トルコが外れているところで、『難民支援、人道支援』と言っても通用しないと思います」
「訪問国としてエジプト、パレスチナ、ヨルダンと、すべてイスラエルに関係している国を
選択している時点で、アメリカとイスラエルの手先と認識されます。
人道支援、難民支援のためと理解されないことは、中東を知るものとしては常識です」
等、安倍首相の中東の歴史と現状認識の甘さと不十分さを鋭く指摘していると思いました。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-01-31 20:59 | 亭主の日記 | Comments(0)

冬3回 煙突掃除で 快適に

薪ストーブ快適
薪ストーブで3回目の冬を快適に過ごしています。
今冬は11月下旬から火を入れだし、今日までほぼ毎日ストーブのお世話になっています。
朝夕の火付けは妻の仕事であり、楽しみでもあります。
ストーブの効果は絶大で、家全体が温まり電気の暖房費が軽減されています。
c0229433_13543254.jpg

タール溜まる
例年になく煙突からタールが垂れていたので、買い物袋を吊り下げました。
寒い夕方から夜に掛けてタールの溜まる量が多くなります。
溜まったタールは、木酢液代わりに庭の撒いています。
タールが溜まる原因は、煤が溜まり燃えづらくなっているのと、
薪が完全に乾き切っていないことによると思われます。
ひと夏掛けて乾燥しているのですが、芯まで乾燥していないものもあるようです。
c0229433_1423433.jpg

煙突掃除
煙突掃除は、私の仕事。
今回は煤がかなり溜まっていたので、1時間半近く掛かりました。
写真の縦と横の煙突を外し、庭に持って行って金ブラシでゴシゴシ擦り煤を落とします。
煙突掃除を終えると、薪の燃え方が変わります。
火が煙突に吸い込まれるように勢い良く燃え、完全燃焼します。
そのため、熱量が上がり一段と暖かくなります。
c0229433_14141472.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2015-01-27 14:14 | 亭主の日記 | Comments(0)

穴目処が小さい 小さい 安倍さん

自分勝手な民意
安倍首相は、衆議院選挙結果を受け、国民の多数の支持を得たと
アベノミックスの推進をはじめ、国民の過半数が反対している原発再稼動や集団的自衛権行使を
進めようとしています。
ところが、自分に都合の悪い選挙結果となった沖縄の民意は無視します。
米軍普天間基地の名護市辺野古移設に反対する、
オール沖縄の知事選と衆議院沖縄小選挙区の勝利を無視しています。
けつの穴が小さい
翁長沖縄知事が就任後、上京した折に安倍首相や菅官房長官に面会を求めたが会えなかった。
政府は2015年度の沖縄振興予算を14年度比で300億円減とする方向にしている。
辺野古移設を容認した仲井真前知事のときは、
概算要求を超える額を確保しているのとは余りの冷遇としか思えない。
安倍首相も菅官房長官も、辺野古移設について沖縄県民の理解を求めたいと言っているが、
翁長知事が面会を求めても会わない、言っている事とやっていることが余りにも正反対、情けない。
アベノミツクスの円安
安倍政権が進めている円安は、予想に反して輸出は伸びず、
円安で輸入品の価格が高騰して国民生活は物価高・中小零細企業は苦しい経営を強いられています。
帝国データーバンクは円安が打撃となって倒産した企業数(負債一千万円以上)が
前年(2013年)の約2.7倍の345件に上ったと発表した。
帝国データーバンクは「円安で大企業からの発注が増えるといった恩恵を受ける前に
デメリットが顕在化しており、今年は更に倒産が増加する可能性がある」と指摘している。
ビワ摘果
去年から甘く美味しいビワが食べられるようになっています。
ビワの蕾が去年より沢山見られました。
今年は30個以上取れるのではないかと楽しみにしています。
第一次の摘果として、蕾の数を減らしました。
五分の一程度にしました。この後、花の段階で3~4個へと減らします。
c0229433_20473232.jpg

[PR]
by gorongoronisomura | 2015-01-09 20:48 | 亭主の日記 | Comments(0)

子供貧しく 教育も その先も

貧困率ほぼ最下位
OECD統計で、日本の貧困率は加盟30ケ国中、
最下位グループのメキシコ(18.5%)・トルコ・米国・日本(16.3%)となっています。
上位5国は、デンマーク(5%)・スウェーデン・チェコ・オーストリア・ノルウェーです。
驚くことに、財政危機と騒がれているギリシャとスペインは、日本より上位なのです。
貧困とは
貧困線より下位にあたる世帯数の割合を貧困率といいます。
貧困線とは、日本の総世帯数の平均手取り額の半分以下(2012年厚労省)の122万円未満です。
具体的にすると、
1.4人家族(両親と18歳未満の子供2人)で実質手取りが244万円未満です。
月収20万円ほどで、家賃・食費・教育費・光熱費・通信費・医療費・衣服費などを
賄わなくてはならないことです。
2.大人一人所帯だと、年手取り額が122万円未満ということです。
月10万円で生活している訳で、一人(18歳以上65歳未満)所帯の55%強が貧困ライン以下です。
どう考えても、厳しいです。こういう世帯が日本中の6所帯に1所帯が該当しているのです。
アベノミックスを実感できない人が沢山いるのが、統計的に証明できます。
スイセン咲く咲く
ここらで、ちょっと雰囲気を変えます。
庭のスイセンが5~6分咲きました。
写真を撮る時、スイセンのいい香りが漂ってきました。
実は、暮れに生まれて初めて罹ったインフルエンザが尾を引き、
食べて静かに寝るだけでした。一昨日から少し動けるようになりました。
c0229433_18484710.jpg
c0229433_1849237.jpg

教育に金を掛けない日本
日本は、江戸時代に来日した外国人を驚かせるほどの教育が行き届いた国でした。
明治に入り学制がしかれ、日本の国力を挙げる基礎を築きました。
ところが、今の日本はOECD29ケ国中最下位の公的支出です。
基準は、GDP(国内総生産)に占める教育機関への公的支出の割合です。
2013年、日本は3.6%、上位デンマーク7.7%・ノルウェー7.5%・アイスランド7%・
ベルギーフィンランド6.4%・イギリス5.9%・アメリカ5.1%・韓国4.8%で、
日本の教育の貧困さが明らかになっています。
ちなみにデンマークなど北欧諸国は、貧困率は低く、家庭の教育支出も少ないことが分かります。
教育は国の将来への投資
無駄な公共事業(赤字の地方空港・車がほとんど通らない道路・無駄なダムなど)には予算をつけるが、
教育関係予算は貧弱そのものです。
特に、大学などの高等教育に掛かるお金の内の家庭が支出する割り合いは、65.6%です。
例え奨学金を借りても返済が重くのしかかり、
卒業時・社会に出た時に何百万円もの借金を抱える若者がいます。
安倍政権の姿勢
1.安倍政権が昨年閣議決定した「第2期教育振興基本計画」では、
教育予算の「OECD諸国並を目指す」の文言は削除された。
2.保育料無料化は、財源確保できずに難しい。
来年度、年収360万円未満家庭の5才児の保育料または幼稚園料の無料化予算は、244億円。
その財源確保が難しいので、学校の35人学級を40人学級に戻すと、教職員約4000人削減で258億円うく。
つまり、保育幼稚園料無料化のために、新たに財源穂確保するのではなく、
文科省予算の一部を削減して充てろというものです。
アメリカから購入する戦闘機2~3機分あれば、無駄な公共事業を止めればなど確保できるのにやらない。
安倍長期政権の姿勢を具体的に見る努力をして、本質をよく考えた方がいいです。
国民が無知になると、やりたい放題になります。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-01-06 19:29 | 亭主の日記 | Comments(0)