ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

安保法案 地方紙 警鐘

ビワ食べごろ
4~5日前から、ビワが熟し食べられるようになりました。
蕾・花・小さな実の時々に摘果してきて、一箇所に2~3個。
果物屋で売っているくらいの大きさで、甘みもあり美味しいです。
c0229433_131577.jpg

約70個
ビワを数えたところ、約70個ありました。
今週が食べごろです。明後日友人のところに行きますので、お土産にして自慢したいと思います。
c0229433_137332.jpg
c0229433_1373058.jpg

安保法案に批判
26日から審議入りする安全保障法制の関連法案に対して、
全国紙と地方紙の社説・論説(14~16日)を紹介します。※東京新聞5/24こちら特報部より引用
全国紙は、反対派の「朝日・毎日」VS賛成派の「読売・産経」の構図。
地方紙は、39紙中、北国・富山新聞を除く38紙が警鐘を鳴らす。
「地方紙は、読者が保守からリベラルまで幅広いが、一連の安保政策は地方も戦争に巻き込んで生活を破壊しかねないと判断している」と、「全国紙は住民同士の結びつきが比較的弱い都市部部の読者が多く、自紙の信条を前面に打ち出しやすいのではないか」と、清水真昭和女子大准教授は述べている。
★地方紙の方が住民、つまり国民の声を反映していると考えられます。地方紙の見出しを紹介
・北海道新聞   平和主義を捨て去るのか      ・東奥日報   与野党で根源的な議論を
・デーリー東北  このまま通していいのか       ・岩手日報   焦点は野党の「抑止力」
・河北新報    日米同盟偏重に疑念拭えず     ・秋田魁新報 平和主義の曲がり角だ
・山形新聞    根本から議論が必要だ        ・福島民報   国会で徹底的な議論を
・茨城新聞    前提問う根源的議論を        ・下野新聞   前提問い直す議論を
・上毛新聞    根源的な議論を進めて        ・神奈川新聞  一本一本の熟議求める
・山梨日日新聞 軽視された国会 本領今こそ    ・信濃毎日新聞 戦争の道を開く転換点
・新潟日報    平和の意味問い議論せよ      ・北日本新聞  平和国家の曲がり角だ
・北国富山新聞 戦火交えぬための備えに      ・福井新聞    これが平和を守る道なのか
・静岡新聞    国民置き去りにするな        ・岐阜新聞    根源的な議論が不可欠だ
・中日・東京新聞 専守防衛の原点に返れ       ・京都新聞   十把一からげは乱暴だ
・神戸新聞    「不戦」の誓いが守れるのか     ・日本海新聞  根源的な議論不可欠
・山陰中央新報 根源的な議論が必要だ        ・山陽新聞    国民の疑念を拭えるのか
・中国新聞    これで国会を通すのか        ・徳島新聞    「平和国家」が変容する
・愛媛新聞   「平和のために」まやかしだ      ・高知新聞    時の政権次第にならないか
・西日本新聞  「平和法案」本質見極めよ       ・佐賀新聞   あいまいさ残さず議論を
・長崎新聞    急がず、反対の声を聞け       ・熊本日日新聞 国会で問題点を洗い出せ
・大分合同新聞 根源的な議論を            ・宮崎日日新聞  平和国家の評価変えるのか
・南日本新聞  政権の暴走に抗議する 平和と語れば語るほど
・沖縄タイムス やり方が強引で乱暴だ         ・琉球新報   どこに歯止めがあるのか
                                           危険な法案は廃案にせよ
★地方紙の見出しをじっくり読むだけで、多くの国民がどんな考えを持っているのか推察できます。
 国の政治が国民の声を反映していないことが分かります。
 国会が本質的な機能を発揮しないと戦前の日本に戻ります。
 絶対多数の議席を持つ与党(自民党・コウモリ党(公明党でしたか)の横暴さを止める手立ては、
 国民の声(毎週木曜日国会前集会もあります)・態度の表明です。


        
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-05-26 16:12 | 亭主の日記 | Comments(0)

分からないように 戦争に導く 安倍政権

メダカの卵採り
10日位前から毎朝メダカの卵を採取しています。
これがまた楽しみで、卵をつけたメスを網ですくい
指でそっと卵を取ります。
ペットボトルへ
c0229433_23172018.jpg

取った卵は短く切ったペットボトルに入れます。
出窓にそれらを並べてあります。
卵の数々
c0229433_23174061.jpg

卵から孵る
今日、メダカの赤ちゃんを一匹発見しました。
2~3mmの大きさで、健気に泳いでいます。
思わず頑張れと!
c0229433_22412530.jpg

分からないように一括
安倍政権が26日から審議入りする安全保障法制の関連法案について
NHKの調査でも国民の半数が理解できないものです。
11の関係法改正を一括にしてしまう乱暴なやり方です。
安倍首相や中谷防衛相などの説明を聞いても抽象的なものばかりで分からない。
安倍首相達が具体的な事例を挙げると、
これまでの日本がとってきた個別的自衛権で対応できることが分かります。
学ばず思わざる
安倍首相の話を聞いていると、孔子の「論語」の言葉を思い出します。
「子曰く、学びて思わざるば、即ち罔(くら)し。思いて学ばざれば、即ち殆(あやう)し。」
安倍首相は、歴史を正しく学ぶことさえもせず、独善的に思考してしまっていると思います。
例えば、日本が戦後平和国家として歩む原点であるポツダム宣言さえも
詳しく読んでいないことが判明しました。
ポツダム宣言の6項に
『日本国民を欺まんし、世界征服の拳に出る過誤を犯させた者の勢力は永久に除去されなければならない』
安倍首相は、党首討論での質問に「日本が世界征服をたくらんでいたなどの部分をつまびらかに
読んでいないので、承知していない」と述べていた。
その他、おじいさんの岸首相の言葉も正確に認識していないなど、歴史を正しく学んでいないことは明白。
殆(あやう)い!殆(あやう)い!
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-05-24 23:13 | 亭主の日記 | Comments(0)

翁長の 品格格調 軍配を

アジサイ色付く
庭のアジサイが大きくなっています。
よく見ると、少し色づいているのがあります。
西洋アジサイのような花でなく、ガクアジサイ(園芸種も含め)は、清楚で上品でとてもいいですよ。
今日現在のアジサイです。
c0229433_20303879.jpg
c0229433_20305446.jpg
c0229433_20311467.jpg

沖縄の声を
先週の17日(日曜日)、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する「沖縄県民大会」が開かれました。
那覇市の野球場に約三万五千人(主催者発表)が集まり、「われわれは屈しない」と気勢を上げた。
翁長知事の琉球語を交えての表明を、私達は噛み締める必要があると思います。
★「日本の政治の堕落だ。自国民に自由と人権、民主主義の価値観を保障できない国が
世界と(同じ価値観を)共有できるのか。日米安保体制・同盟はもっと品格のある冠たるものであってほしい」
最後に琉球語で「うちなーんちゅ、うしぇーてー、ないびらんどー(沖縄人をみくびってはいけない)」と
締めくくった。
日本記者クラブでの会見
20日、翁長知事が日本外国特派員協会で国内外の記者約140人と記者会見をした。
発言要旨の紹介
★「普天間飛行場は、戦後住民が収容所に入れられている間に米軍に強制接収されたのが原点。
沖縄は、今日まで自ら基地を提供したことは一度もない。自ら土地を奪っておいて、『普天間が世界一危険
になった、辺野古が唯一の解決策だ、嫌なら代替案を出せ』という話をすること自体、
日本の政治の堕落ではないか」
★「沖縄はアジアと日本の懸け橋となり、平和の緩衝地帯になるべきだ、基地で平和を維持するのは難しい」
★「日本政府を相手にしていたらどうにもならないので、米国に行く。『辺野古基地を安易に考えて、造れない場合、日米安保体制にひびが入りますよ』と申し上げたい。日米同盟をもっと誇りある、品格あるものに変える一助にしたい」
★「日本国民全体で日本の安全保障を守る気概もないのに、(沖縄にだけ負担を)押し付けて積極的平和
主義だと言っても、他国は日本の覚悟を感じないのではないか」
沖縄の辺野古基地反対運動の資金とする「辺野古基金」が2億円を超えました。その七割が本土からの寄付です。私達もささやかですが、送りました。沖縄の本気を知るにつけ、さらに送ることにしました。
国と地方自治が同等ということを沖縄が証明しようと戦っていることに共感していますし、
私達もそのことに少しながら参加している気持ちになれるのが有り難いです。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-05-22 21:17 | 亭主の日記 | Comments(0)