ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

励まし 励ませれし 教え子との

40歳の教え子と
c0229433_10512066.jpg
☆逞しい働き盛り
今年も最後の担任した教え子とのクラス会でした。40歳という働き盛りなので、突然の仕事などで参加出来なくなった人もいましたが、遠くは宝塚や岡崎からも駆け付けてくれました。
次の日に、イタリアに出張の人もいました。社会の第一線で活躍している教え子と実感しました。
☆子育ても大車輪
仕事でも活躍している一方、家庭でも子供たちとの時間を大事にしています。子供のサッカーや野球のコーチ役、世話人等で大車輪の日々を送っていることを楽しげに語っていました。
まさに、教え子たちに励まされたひとときでした。
c0229433_11052156.jpg
外で記念写真
三時間位の時間を過ごした後、店の前の道路で記念写真を撮りました。
知らない人に撮影を頼みました。沢山の通行人がいる中で撮ったものです。
来年の再会を約束して帰りました。



[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-29 13:43 | 亭主の日記 | Comments(2)

西風吹き 全便欠航の 島宿命

ジェット船全便欠航
c0229433_16301056.jpg
☆夜中から物凄い西風が吹き、海は大荒れとなり高速ジェット船は全便欠航になりました。昨日宿泊されたお客様は帰られず、もう一泊となりました。
☆我が家は、木々に囲まれているため風の強さを感じていませんでしたが、近くの浜に行ってびっくりポンでした。
☆写真は万立浜の手前の道路脇で撮りました。あまりの風で体は揺れるし、手に持っているタブレットも揺れっぱなしでした。雪を頂いた美しい富士山を見た通りにお伝えできず残念です。
観光振興は夢物語
大島は観光振興を謳っていますが、次のことから難しいと言わざるを得ません。
1 大島らしい魚介類不足
▼海に囲まれている大島を訪れるお客様は、島らしい魚介類を期待しますが、獲れる魚の種類は少ないし、その上、量も安定しません。
例えば、島でした良心的な魚を売っている店のご主人がこんなことを
『先生、僕は40年以上この仕事をやっているけど、キンメがこれほど獲れなかったことは、初めてだよ』と言われました。
我が家でも、お客様に食べていただきキンメだけでなく、夏のタカベも少なく、刺し身の種類も少なく、申し訳なくなります。
■こういう現状を何とかしようという島の関係者の動きはありません。本当にお客様に喜んでもらおうと考えているのか疑問です。
2 宿泊施設不足
▼我が家に泊まる方々が共通して言うことは、泊まる所で友達に紹介出来る宿が2~3を除きないですとのこと。その上、特に民宿をやっている方が高齢でやめる所が年々増えています。観光振興と言いながら宿泊施設の不足に手をつけていません。
若い人が宿泊所をやる魅力がないのと、経営する見通しも立たないと思われます。
▼町役場も観光関係者も先を見通した政策や具体的取り組みをしているとは思えません。それだけ危機感がないのかも知れません。
■魅力ある食べ物と宿がない状況をどう改善するのか、誰が手をつけるのでしょうか。
よそ者と若者を活かせばいいのにと思っていますが………。



[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-27 20:09 | 大島のくらし | Comments(0)

放蕩の 政治家と官僚 庶民いじめ

薪ストーブメラメラ
c0229433_21481613.jpg
☆今年の秋は、晴れの日が少なく雨が多く寒い日も続いています。
そんなわけで、ストーブの世話になる日が増えています。
洗濯物は、ストーブのある部屋の天井にカギを付けて干しています。
乾燥機で電気を使うことなく、薪ストーブの力で乾かしています。
経済的にもいいし、暖かいし有り難みを実感しています。
消費税と軽減税率の誤魔化し
▼景気が悪いし、所得が上がらないし、こんな状態の国民をこれ以上いじめる消費税増税議論が可笑しいと思います。
■予算は収入に応じて立てるものなのに、日本の官僚も政権(安倍政権)も収入に見あった予算を立てる努力を全くしません。足りなければ、取りやすいところからつまり庶民いじめの消費税増税にします。
無駄な公共事業
▼景気回復と言えば、昔も今も公共事業に官僚も安倍政権も予算を付けています。人口減少で地方は過疎化している縮小に日本が向かっているのに、高度成長時代と同じような無駄な予算を付けています。
■実例として、大島の道路補修を上げます。大島の都道は、路面が傷んでいるとの理由で削られ側溝も直され何センチかかさ上げされる道路補修がされています。ところが、補修する路面は全く傷んでいません。今年も、私たちの近くの岡田地区の都道が傷んでもいないのに掘り返され補修されました。
大島では、こんな光景は毎年見られます。こういう光景は、大島だけでなく日本中の地方では何処でも見られると思います。
島の土建屋さんは、選挙でも大きな力を持っているので予算獲得にも大きな影響力を発揮しています。
こういう構図は、何十年前の高度成長期の日本そのままだと思います。
国民が精神的にも経済的にも豊かに
立派な道路や橋を造っても、過疎化して通る車も人もいない。大きなダムを造っても水は余るし、飛行場を造っても利用者はいない。無駄な公共事業で肝心な人の暮らしを豊かにするための税金が削られてしまっている日本ではないでしょうか?
人口減少で縮小する日本の将来に見あった税金の使い方にするべきです。





[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-26 22:52 | 亭主の日記 | Comments(0)

久し振り お客様に 励まされ

椿咲く咲く
c0229433_17410760.jpg
☆大島の椿ヤブツバキが先月から咲き始めました。
庭のヤブツバキもチラホラ咲き、花瓶に挿してお客様を迎えています。

c0229433_17465993.jpg
お客様の言葉
・「初めての大島でしたが、こんな素敵な宿にお料理に感動しっぱなしでした。二泊ではとても足りないない!!と思いました。子供たちも、とても気に入った様子だったので、ぜひまた泊まりに来たいです!!お世話になりました。」
☆お子さんたちは、気持ちよくて可愛らしく、私たちも楽しく嬉しい時間を過ごしました。遊んだおままごとセットの片付けもよく、ご両親の躾の良さを実感しました。

■日本人も劣化
日本の企業人も政治家も、社会的責任や倫理観も哲学も劣化していることは、これまでにも書いてきましたが、こういう企業人や政治家を生み出した土壌は日本人が劣化したことにほかならないと思いました
どう考えても矛盾
・日本を代表する経団連は、法人税減税を安倍政権に実現させ利益を労働者に還元せず、新たな設備投資もせず、内部保留するか株主に配当金とするばかりです。その上、非正規労働者を増やし消費が減る一方という不景気な世の中を作り出そうとしています。
・政治では、野党が要求した臨時国会を安倍首相は拒否しました。憲法53条に明記されているにも関わらず、外遊日程あることを理由に全く無視しました。これは明らかな憲法違反なのに、マスコミもほとんど取り上げずという危機的状況です。
・日本の問題の1つは格差でなく、貧困層の増加です。その上、介護離職や介護難民、下流老人等の増加という希望のない日本になっています。
▼どう考えても幸せが実感出来ない人が多いのに、内閣支持率が50%近い状況です。日本人の現状認識と自分の状況を論理的に考えれば、今の政治と経団連のやり方にNOの態度表明すべきと思いますが。日本人の劣化でしょうか!!








[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-24 18:36 | お客様の声 | Comments(0)

妻怒る 安倍政権の 本質を

イズノシマダイモンジソウ
c0229433_11283157.jpg
☆大島固有のイズノシマダイモンジソウが、何時ものように静かに咲いています。
元町の藤井工房の虎ちゃんに、何年か前に頂いたものです。
年々増えていて、花も沢山見られます。
c0229433_11353482.jpg
☆この花は半日陰で、湿り気があるところが好みのようです。
妻怒る
▼フランスでのテロが報じられていますが、テロを生み出した元々を考えてみると、欧米特にアメリカの横暴さとご都合が原因と分かります。
▼利権と資源を占有するために、アメリカの言うことを聞く勢力に資金と軍備を与え思うようにして来たため、翻弄された人々が反発したと証明出来ます。
▼大量殺戮兵器が存在しないのにイラクを爆撃し戦争を仕掛けたことは、記憶に新しいことです。現在シリアに「イスラム国」殲滅を掲げて空爆と地上戦を繰り広げています。この戦争で、罪のない市民がどれ程沢山殺され傷つき、家を追われ生活を奪われ苦しく悲しい生活を強いられているのでしょう。
フランスのテロの何十倍の人々が嘆き悲しみ、今も苦しい生活をしていることを知るべきです。
■こう言うと、テロを認めるのかやテロの味方かといって攻撃する人々がいます。テロを生み出す歴史的背景や事実を冷静に論理的に知る努力をしないで、一時の感情や一部のマスコミに思考停止状態になっていることを恥ずべきです。
安倍政権の本質
▼安保法制を成立させた安倍首相は、「この法案が成功したからと言って、日本は戦争はしないんです」と何度も繰り返し言っていました。
▼安倍首相は、歴代首相の中でも特出して外遊をしていました。財界人を連れて、「原発」「武器」の売り込みが主でした。安保法制を成立させた本当の狙いは、戦争の出来る国になったことで「武器」輸出が世界的に大手を振って出来るようにしたことです。
▼テロとの戦いと言えば、大義名分があると思い、この時とばかり「武器」輸出が出来ます。歴史的に欧米諸国が資源確保を名目として、中近東やアフリカ、アジアをどれ程苦しめてきたのでしょうか。そこに暮らす人々の長い虐げられた叫びがテロという反撃になっているのでしょう。
テロではなく、新たな戦争の始まりです。戦争を仕掛けた国の一部の人々が儲けという現実を知る必要があります。「戦争は金儲け」と言っている企業人がいるのも事実です。










[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-20 12:31 | 亭主の日記 | Comments(0)

幅広でも 自分で打った 蕎麦最高

蕎麦打ち体験
c0229433_107870.jpg

☆昨日、昼から二人の方の蕎麦打ち体験を受けました。蕎麦をよく食べに来てくれる方の要望だったので、断り切れませんでした。
二人共、蕎麦打ちは初めてです。
☆ポイントのひとつ、水回しを丁寧にやってもらいました。今回は初めてなので、ニ八蕎麦にしました。そば粉と繋ぎの小麦粉合わせた目方の40~45%の水を3回に分けて(始め半分、次に残りの半分、3回目は調整しながら)入れ、粉と水を馴染ませます。
捏ね
☆捏ねは、300回を目安に練り込んでいきます。肩と手首が一直線になるようにして(肘が真っ直ぐ)体重が自然に掛かるようにします。リズムよく捏ねるのは、回数をこなすしかありません。
延ばす
☆玉にした蕎麦を手のひらでピザのように丸くします。そのあと、麺棒で四角にしていきます。
その動作をしているのが、上の写真です。
切る
c0229433_10291343.jpg

☆初めてにしては、端が切れることなくほぼ四角に延びました。畳んで切ります。
体験した二人共に、切るのが一番難しかったと言っていました。結果、ヒモカワ位のものがあったり、削り取るようなものがあったりでした。
☆蕎麦打ち体験後、食べました。二人の感想は「自分の蕎麦が、最高????」とのことでした。
私としては、嬉しいやらちょっぴり寂しいような不思議な感じでした。
ともかく、蕎麦打ち体験大成功で良かった\(^^)/
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-18 10:38 | お客様の声 | Comments(0)

仙石原 優に越える ススキ原

友人もビックリ
c0229433_15224365.jpg


ここは大島のススキの原です。三原山のカルデラの裏砂漠の南東部に一面に広がるススキです。
友人三人は、箱根の仙石原のススキと比べて余りの広さと景色の素晴らしさに思わず拍手が沸き起こりました。
『凄い❗凄い❗』の連発で、案内した私は、一安心でした。

2年越しのススキ

c0229433_15224919.jpg


友人達は、これまで椿の時期だけでなくサクラもツツジもアジサイも見に来てくれていましたです
2年前に、ススキにと計画して去年来る予定でしたが、台風の余波で来られなくなり、今年やっと実現したのです。
『ススキもいいですよ』と、話していたので満足してもらえるか心配だっただけに喜んでもらえてほっとしました。

島の人にも

c0229433_15225483.jpg


島の人に話したところ、『知らない、何処なの』と言う反応でした。私も初めて見ましたが、それはそれはススキ原のスケールの大きさに度肝を抜かれました。
皆さんも是非一度ススキの時期に、大島を訪ねてみて下さい。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-14 12:17 | Comments(0)

アベノミクス 打ち上げだけで 検証なし

カヌーの魅力
c0229433_1334116.jpg

☆阿寒湖近くのひょうたん池でのカヌーの楽しさを体験した後、世話をしてくれたヒッコリーでカヌーのいろいろな体験の話を聞きました。日中だけでなく朝や夜のカヌーの素晴らしさは、想像するだけでワクワクしました。夜のカヌーでは、湖面に映る満点の星の中を進む体験が出来ることです。
一緒に行った女性二人は、来年行くつもりになっています。
湖面に映る木々
c0229433_1316033.jpg


アベノミクス検証
▼選挙になると、「経済最優先」を声高々に叫ぶ安倍首相です。前の選挙公約のアベノミクスの「デフレ脱却で、物価目標2%」の検証をします。
▼2015年7月消費者物価指数は0%、8月はマイナス0,1%、企業物価指数マイナス3,6%の5ヶ月連続マイナスです。2年半の日銀の金融緩和政策で2%目標は達成どころではない。
▼法人事業統計で見た利益余剰金を内部保留と考えると、2012年300兆円、13年度約328兆円、14年度約354兆円と伸び率8%になります。
▼一方、国税庁の民間給与実態調査統計によれば給与支払い総額はわずか1%超しか伸びていない。
■つまり、アベノミクスの公約「デフレ脱却物価目標2%」は失敗だったのです。「経済政策」の失敗です。

▼もし物価が2%上がれば金利も上がります。そうなると国債を大量に発行して国の借金を増やしたことで、国債償還の額も上がり日本の破綻となります。アベノミクスが成功したとたん破綻する悲劇になります。アベノミクスが成功しない現在は、国民の貧困所帯が増え続けているという悲惨な状況です。
安倍首相は「○○を目指す」と言って格好いいアドバルーンを上げていますが、実現したものはほとんどありません。
■現実をしっかり見る賢い国民になりましょう。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-09 13:58 | 亭主の日記 | Comments(0)

企業の 社会的責任 劣化の一途

乗馬は楽しい
☆北海道釧路での道産子の乗馬は、本当に楽しいものでした。道産子は、どんな坂道でも悪路でもへっちゃらでたくましいの一言です。
サラブレッドなどと違い、上下動が少なく安定感抜群です。昔から道産子に乗りながら、筆で文字が書けたと言われる程です。
c0229433_18551699.jpg

☆熊笹に覆われた坂道を登ります。この道産子は、人が安心して乗れるように調教されています。
そのお陰で私のような未熟者でもトレッキングができるのです。
c0229433_2029610.jpg

財界の堕落
▼現在の財界の中心部である経団連は、企業の社会的責任を果たしているとは言えません。
☆ところが、過去には素晴らしい財界のリーダーがいました。
1978年新日鉄会長の永野重雄氏が倒産寸前の佐世保重工を"政治救済"する話が持ち上がった時、日本経営者団体連盟のリーダーだった桜田武氏は、日経連設立記念総会で「政府肝煎りの仕事を私は排斥するものではありませんが、官民癒着は後進国政商のすることであります」と痛烈に批判した。
桜田武氏は、宮島清次郎(日清紡)氏と共に勲章を拒否した人物である。
☆桜田武氏は、「企業の社会的責任」は雇用と納税と公害防除を果たすことであり「結果に対する自己責任主義」に徹して、例えば環境汚染を防ぐことができないなら廃業しなければならない、と主張した。
☆桜田武氏は、池田勇人(昭和35年、国民所得倍増計画政策を進めた総理大臣)のご意見番だったが池田氏が亡くなった後、政治家の堕落を嘆いたと同時にまともな政治家を育てられなかったと恥じていた。
▼現在の経団連のリーダーは、正社員を増やさないようにし、企業の法人税を減らそうとしています。桜田氏が主張していた「社会的責任」を忘れてしまっています。それを政策として推進しているのが安倍政権で、法人税が減収になった不足分を消費税増税で賄おうとしています。大企業繁栄し、庶民貧困の世の中を目指してしているとしか思えません。
▼私たちは、過去のことをもっと学ぶ必要があります。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-08 21:15 | 亭主の日記 | Comments(0)

ひょうたん池 二艘だけの カヌー行く

初めてのカヌー
c0229433_17523211.jpg

☆70才間近の四人と50才後半の合わせて5人が初めてのカヌーに挑戦しました。
当初の計画では、釧路湿原の釧路川のカヌーを希望したのですが、この10月末に70才間近の人四人は
無理とのことで諦め、阿寒湖近くのひょうたん池になりました。
☆風はほとんどなく静かな湖面を二艘のカヌーが音もなく進みます。
女性二人(妻含め)は、ガイドの若者(ガイド資格のある優秀なHさん)が漕ぐカヌーです。私たち男三人は、私が前でエンジン役、後ろはカヌーをコントロールする舵役です。真ん中はカヌーの行き先を指示する役で体力使わない声だけです。
私と舵役が上手くか噛み合っている時はいいのですが、一旦リズムが狂うと右左にジグザグに進むことになってしまいました。途中、あまりに噛み合わないので、三人共に笑ってしまいました。
私と舵役は汗ばむほどになっていました。
雄阿寒岳を望む
c0229433_1815692.jpg

☆ひょうたん池の端で一休みした時、ガイドの若者が用意してくれたケツメイシのお茶を頂きました。寒い中での温かいお茶は、とても美味しいものでした。その後、カリンバで素敵な音楽を奏でてくれました。静かな湖面に澄んだ音色が響き心が洗われるようでした。
私たちもカリンバを借りて好きな音を響かせました。
満足のカヌー
c0229433_18273819.jpg

☆北海道の日暮れは早く、特に山に沈むので3時半頃の写真です。
寒さもあって二時間の予定を切り上げ終わりにしました。
途中、カワセミやカモの姿も見られ、紅葉と景色の素晴らしさにも大満足のカヌー初体験でした。
来年は、釧路川の夜のカヌー体験を楽しみにします。
[PR]
by gorongoronisomura | 2015-11-06 18:35 | 亭主の日記 | Comments(0)