ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アホノミクス 糾弾する 経済学者ー1

☆コジュケイ親子
・「チョットコイ!チョットコイ」と、明け方から大きな声で泣くコジュケイ。宿泊のお客様がいる時は、「寝られたかな?」と心配します。▼写真は、茶色のコジュケイの親子
c0229433_10074315.jpg
経済学者浜矩子さんの著書より
・憲法学者の樋口陽一と小林節が問題としている安倍自民に対する見方と、浜矩子さんの指摘することが驚くほど似ています。
☆三日前からのブログと比べて読んで下さい。

▼浜矩子さんの著書「アホノミクス完全崩壊に備えよ」より引用して紹介します。
①安倍首相の演説の「挑戦」に注目
・2016年、年頭所感1500字の中で「挑戦」が7回登場する。
・2016年、施政方針演説約13.200字の中で「挑戦」が26回
②「挑戦」とは「たたかいをいどむこと」。一国の政府は、その国民に対して公共サービスを提供するために存在する。国民をお客様とするサービス事業者である。
これでは、安倍政権の良質な公共サービスの提供につながるとは考えられない。
③旧約聖書では
「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない」
・戦わないだけでない。戦い方を学びさえしないのである。全ての国の全ての民が戦うことを学ばなくなれば、人類は2度とお互いに戦わなくなる。
④日本国憲法の中にも聖書の言葉が生きている
・憲法9条の文言にある
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」

▼戦うことを再学習する方向に、政治(安倍政権)が人々を引っ張って行くこと許されない。!!!!!


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-30 10:57 | 大島のくらし | Comments(0)

壊憲目指す 安倍自民 憲法学者解説ー4

☆ヤマボウシいいね!!
・私の大好きなヤマボウシが沢山咲いてくれました。去年は4~5個しか咲きませんでした。
ヤマボウシの苗木を買って、はじめに植えた所は日当たりの良くて花が咲きませんでした。
実は、半日陰を好むヤマボウシの性質を良く分かっていませんでした。
一昨年、ログの裏の半日陰に移したのが正解でした。
c0229433_14242526.jpg
天に唾する自民党憲法草案
・樋口陽一氏と小林節氏が、自民党憲法草案の大問題の第1にあげたのが、「個人」という概念を消されてしまっていることです。
①「個人」から「人」へ…第13条で比較
・日本国憲法では「個人として尊重される」中略で「公共の福祉に反しない限り」
・自民党憲法草案では「人として尊重される」中略で「公益及び公の秩序に反しない限り」
■ここでいう「人」の意味は「犬・猫・猿・豚などとは種類の違う生物」といった程度の本当に軽い存在としての「人」です。
「改憲派の小林」「自民党のお友達」と言われ自民党の改憲マニアと付き合ってきた小林節氏が嫌だったのは「個人の権力」を常に否定したがる彼らの性癖でした。
②自民党世襲改憲マニアの本音
・世界の成文憲法の歴史というのはアメリカ独立宣言から始まり、次の価値観を引き継いできました。人は人として生まれただけで幸福に生きる権利があり、幸福とはそれぞれが異なった個性をもっていることを否定せずにお互いに尊重し合うことで成立します。
▼この世界的憲法の流れを否定するのが、自民党世襲改憲マニア議員達です。自民党草案の解説の冊子に「西欧の天賦人権説に基づいて規定されていると思われるものが散見されることから、こうした規定は改める必要があると考えました」とある。
▼つまり、今の憲法は「西欧かぶれの天賦人権ぶりでよろしくない」また「日本の伝統の中には、一人ひとりが生まれながらにして権利をもっているなどという考え方はない」ことを示唆している。
▼自民党の片山さつき議員は自身のツイッターで「国民が権利は天から付与される、義務は果たさなくていいと思ってしまうような天賦人権論をとるのはやめよう、というのが私たちの基本的考え方です」
▼これは福沢諭吉の「天は人の上に人を造らず、人の下に人の造らず」という言葉は間違っていると自民党は言っている訳です。
▼明治初期には、民衆の憲法運動がありました。民権運動家や下級武士が憲法の草案を書いている。その中では、人民の権利をしっかり自分達の言葉で書いている。
遡れば、楠木正成も「非理法権天」に天賦人権説や立憲主義の源が述べられている。

□自民党世襲改憲マニア議員達は、もっともっと勉強しなさい!!!
天賦人権説は、西欧だけの価値ではなく、この地球の文明の多くが共鳴するところをもっている「普遍的」な価値なのです。

☆明日は、経済学者の浜矩子さんの著書より紹介します。安倍政権の危うさを経済の観点から述べていますが、憲法学者二人と共通するものが驚くほどあります。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-29 15:18 | 亭主の日記 | Comments(0)

壊憲目指す 安倍自民 憲法学者解説ー3

☆秋用のイチヂクなの?
・去年は6月に完熟したイチヂクが沢山取れましたが、今年は5~6個で熟しきらない物しか取れませんでした。
ところが、この時期に写真のようなイチヂクの青い実が沢山付いています。秋に熟すのを楽しみにしています。
c0229433_21255816.jpg
憲法学者の樋口陽一氏と小林節氏の解説
①立憲主義と民主主義の違いは?
・立憲主義は「法の支配」、民主主義は「人民による支配」。立憲主義は、憲法により権力者を支配すること。
・今の安倍自民は、立憲主義と民主主義のどちらも存在しない。権力(安倍政権)が恣意的にその力をふるう恐ろしい独裁政治になっている。
金ファミリーが支配する北朝鮮と、日本は変わらない状態に近付いている。
②自民党の憲法改正草案が目指す「旧体制」回帰とは?
・安倍首相を始めとする改憲マニアの世襲議員達は、戦前の明治憲法の時代への回帰が草案の正体。特に、1935年から配線までの10年間に戻りたいという郷愁してやまない時代を世襲議員達は求めている。
・明治憲法下で国民に許された「自由」は、天皇が法律でお認めくださる限りの自由です。政府がお認めくださる限りの自由なんて「人権」ではありません。
③明治の政治家の方が真面目だった
・伊藤博文たちがつくった大日本帝国憲法(明治憲法)には、19世紀当時の「近代国家」を支える思想や概念を必死に学び、それを新しい国の仕組みのなかに活かしていくという先人たちの意思が明確に表れている。当時のヨーロッパの基準にかなった形でできた。

④1935年以前の日本近代史を侮辱する自民党
・自民党改憲マニア世襲議員達が、明治憲法に戻りたいと言っているとしたら、欧米の立憲主義と民主主義を真剣に学んだ伊藤博文達を侮辱することになる。
・連合国側は、ファシズム期(安倍自民が目指す1935~1945年)以前の日本に民主主義的な流れがあったことをきちんと知っていた。
それはポツダム宣言で日本が約束させられたことのひとつとして「日本国政府ハ日本国国民ノ間二於ケル民主主義的傾向ノ復活強化二対スル一切ノ障礙ヲ除去スへシ」とある。
それは大正デモクラシーだけでなく、その前に自由民権運動があり、幕末維新の時代には「一君万民」で平等を求める動きもあった。それどころか全国各地で民間の憲法草案が出ていた。
そういう「民主主義的傾向」の歴史をアメリカのほうは理解していた。
だから、日本国憲法を「押し付け憲法」と言ってはいけない。
■安倍自民改憲マニア世襲議員達は、明治憲法の成り立ちや背景をもっと謙虚に勉強しなさい!恥ずかしいと思いなさい!!!

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-28 22:27 | 亭主の日記 | Comments(0)

壊憲目指す 安倍自民 憲法学者解説ー2

☆ホテイアオイ
・メダカが住みやすくなるように、大島高校から貰って来たホテイアオイの花が咲いています。葉も大きくなって水温が上がるの防いでくれています。
・ホテイアオイの根にメダカの卵が絡み付いて、親メダカに食べられないようにしています。うまく生き延びて大きくなってくれたらありがたいです。
c0229433_14203802.jpg

民主主義を利用して破壊する自民党
①2013年、麻生太郎財務相は「ドイツ憲法はある日、気づいたらワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね」 ▼確かに学んでいる自民党
②2012年、安倍総裁は「たった三分の一ちょっとの国会議員が反対すれば、憲法改正が出来ないのはおかしい。そういう横柄な議員には退場してもらう選挙を行うべきだ」

▼安倍・麻生氏が言っているのは絶対民主主義の正しさです。絶対民主主義とは、多数派が支配的に振る舞って良いという民主主義です。
▼現実に自民公明党は、絶対多数で憲法違反しても何の躊躇もないことをしています。
憲法9条を無視した安保法制を強行採決したばかりでなく、安保法制が可決され国会が閉会した後、臨時国会開催の請求が野党からあったにもかかわらず、自民党は無視した。これも憲法53条を破る行為です。

③国会軽視し民主主義を破壊する安倍首相
・内閣総理大臣席から野党議員に対して「早く質問しろよ」(2015.5.28)「どうでもいいじゃん」(2015.8.21)と野次を飛ばした。国会もマスコミも大した問題にならずに終わってしまった。
これは権力分立の大原則を破っている。立法府において行政側の人間が、勝手に議事を仕切る権利はない。
・かつて、戦前の帝国議会で政府委員席から「黙れ」と言った陸軍省の役人の事件が大問題になった。
今回の安倍首相の野次事件が笑い話で終わっているのに比べ、帝国議会の時代のほうが緊張感をもって政治をしていた。
絶対多数の自民党の驕りと傲慢さを安倍首相が代表している事実です。

■明日は、自民党憲法草案についての憲法学者の解説です。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-27 15:02 | 亭主の日記 | Comments(0)

壊憲目指す 安倍自民 憲法学者解説

☆4日で大きく
・20日上京し24日に帰って来たところ、雨が多いのに野菜は育っていました。特に、キュウリが大きくなっていて驚きでした。
・太いのは、いつのようにスープにしました。昨日の夜、今日の昼、今日の夜、3回食べることになります。
c0229433_15450270.jpg
「憲法改正」の真実の紹介
・昨日、帰って来るとき、私は「憲法改正」の真実(憲法学者の樋口陽一と小林節著)の本、女房は「アホノミクス完全崩壊に備えよ」(経済学者の浜矩子著)の本を買いました。
・夜、それぞれが少しずつ読んで情報交換して驚きました。憲法と経済と違う視点の著書ですが、安倍自民安倍政権の根本が同じと分かりました。

■憲法とは何か?
・法律は国家の意思として国民の活動を制約するもの。憲法だけは違う。国民が権力に対して、その力を縛るものが憲法。憲法を守る義務は権力の側に課され、国民は権力者に憲法を守らせる側。
■自民党議員は、憲法とは何かを理解しない
・「改憲派」の重鎮と呼ばれる小林節氏は、1980年頃から自民党系(岸信介の自主憲法制定国民会議)の勉強会に講師として呼ばれていました。その小林氏曰く
「憲法は国民を縛るものではない。国家権力を管理するための最高法規である」という憲法の基本を徹底して自民党の議員たちに教え善導するつもりで長く付き合ってきたが、残念ながら理解したのはごく一握りの議員だけだった。
・小泉政権時、衆議院憲法審査会で憲法の基本を話した時、自民党の高市早苗議員が小学生でも知っている憲法の「規範」を勝手に解釈した発言をしたのには驚きました。高市議員は、憲法学の知識が欠如していることが分かる。
■日本国憲法を憎悪する自民党議員
・高市早苗議員が代表とするお粗末な憲法観と国家観は、世襲議員たちが中心です。自民党の憲法調査会には、二世、三世、四世の議員と不勉強なくせに憲法改正に固執する改憲マニアだけになった。彼らは、戦前日本の保守支配層の子孫とその取り巻きである。その典型が安倍首相。彼の母方の祖父岸信介は、大日本帝国のもとで戦争したときの最高責任者の一人。武官の最高責任者が東條英機なかば、文官の最高責任者は岸信介です。
・岸信介等は、日本国憲法は「押し付けられた」憲法を廃棄するという執念を持っていた。彼らとその子孫の安倍首相達の共通の思いは、
『明治維新以降、日本が最も素晴らしかった時期は、国家が一丸となった終戦までの10年ほどの間だった』ということです。
普通の感覚で言えば、この時代こそがファシズム期です。
・自民党世襲議員のなかに、旧体制下の支配層たちの「敗戦の怨恨」が脈々と受け継がれ、アメリカに押し付けられた憲法を憎悪するという構図になっている。
・彼らはハーグ陸戦条約を半端に読み間違えて「占領下につくられた憲法は国際法上無効だ」といいだしてしまう。日本国憲法が国際法上無効なのだから、正当な憲法は明治憲法しかないという恐ろしいことを平然と主張する。安倍首相や安倍自民等にとっては明治憲法が理想なんです。

□難しい言葉がたくさん並びましたが、今の安倍政権の本質を憲法改正の視点から、しっかり学ばないと日本がドイツナチスに近づいて行くのを防げません。
国民の民主主義度や文化度に合った政権が続くことを知るべきです。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-25 17:03 | 亭主の日記 | Comments(0)

妻 二泊三日の 広尾病院

☆心臓のカテーテル検査
・昨日入院して今日午前中にカテーテル検査をしました。妻は、30数年前の出産入院後、初めての入院です。
・夜中に行き苦しくなった原因を確認するために、腕からカテーテルを入れて心臓からの血管の様子をみるものです。
c0229433_21341175.jpg


□一時間半位のカテーテル検査
・検査結果は、血管そのものに異常はありませんでしたが、ある刺激を与えたときに血管が萎縮することが分かりました。
・血管か萎縮する検査の時の胸の痛みは、かなり堪えたようで、終った時は顔色は酷く悪かったです。血管を萎縮させる検査は4回あったので、その都度苦しさを訴えたそうです。


□術後は、痛みも和らぎ大分落ち着きました。刺激で血管が萎縮しないようにするために、しばらく薬で様子をみることになりました。
年齢と共に、体のいろいろなところにガタが出てきているようですね。
☆明日退院です。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-22 17:15 | 亭主の日記 | Comments(0)

安倍右翼 真摯に話を 聞いてごらん

☆キュウリざくざく
・雨が多い割にキュウリが元気に育っています。一昨日は、太いのも含め12本収穫しました。
c0229433_15214917.jpg
■安倍首相を支える安倍右翼と言われる人々
・日本の文化伝統を重んじる本物の右翼と比べると、安倍右翼と言われる人々の何と薄っぺらなこと。
・19日に開かれた沖縄県民大会でスピーチした名桜大4年の玉城愛さんの全文が東京新聞に掲載されていました。沖縄県民の誇りと怒り、悲しみ、自分への責任を含め格調高い内容を紹介します。一部抜粋しました。

『被害に遭われた女性へ。絶対に忘れないでください。あなたのことを思い、多くの県民が涙し、怒り、悲しみ、言葉にならない重くのしかかるものを抱いていることを絶対に忘れないでください。(中略)

安倍晋三さん。日本本土にお住まいのみなさん。今回の事件の「第二の加害者」は、あなたたちです。しっかり、沖縄に向き合っていただけませんか。いつまでも私たち沖縄県民は、ばかにされるのでしょうか。パトカーを増やして護身術を学べば、私たちの命は安全になるのか。ばかにしないでください。
軍隊の本質は人間の命を奪うことだと、大学で学びました。再発防止や綱紀粛正などという使い古された幼稚で安易な提案は意味を持たず、軍隊の本質から目をそらす貧相なもので、何の意味もありません。
バラクオバマさん。アメリカから日本を解放してください。そうでなければ、沖縄に自由とか民主主義が存在しないのです。私たちは奴隷ではない。あなたや米国市民と同じ人間です。オバマさん、米国に住む市民のみなさん、被害者とウチナンチュー(沖縄の人)に真剣に向き合い、謝ってください。 (中略)

生きる尊厳と生きる時間が、軍隊によって否定される。命を奪うことが正当化される。こんなばかばかしい社会を誰が作ったの。このような問いをもって日々を過ごし、深く考えれば考えるほど、私に責任がある、私が当事者だという思いが、日に日に増していきます。
彼女が奪われた生きる時間の分、私たちウチナンチューとして、一人の市民として、誇り高く責任を持って生きていきませんか。もう絶対に繰り返さない。沖縄から人間の生きる時間、人間の生きる時間の価値、命には深くて誇るべき価値があるのだという沖縄の精神を、声高々と上げていきましょう。』

□出来れば、中略したところを読んでほしいです。沖縄の怒り、悲しみ、現状を知ろうとしない本土の人々が多過ぎます。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-21 16:14 | 亭主の日記 | Comments(0)

土俵違い 日米通算は 日本だけ

☆8種類の野菜で
・泊まりのお客様に出す野菜サラダは、自家製野菜が主です。
サニーレタスにキュウリ、トマト、大根、アシタバ、ブロッコリー、タマネギ、人参にクルミをパラパラです。
c0229433_17154280.jpg
■イチローの記録に思う
・イチローの日米通算安打数が、大リーグピートローズに並んだとか超えたとかで大騒ぎ。
・冷静に考えると、大リーグと日本の野球は球場の大きさはじめ、ボールの質と微妙な大きさ、試合数、過酷な移動日程、世界中のトッププレーヤーが集う等々違いは大きい。つまり、比べるには土俵とレベルが違い過ぎます。
だから、騒ぎ過ぎます。
▼日本の野球は大リーグの3A位でしょう!
・日米の野球の実力差はありますよ。大リーグでお払い箱になったソフトバンクの和田投手が、今年日本に帰ってきてパリーグで一番の勝ち数をあげています。
・日本から大リーグに行った投手の多くは、ハードな環境で故障続きで思うような活躍が出来ずにいる現実を冷静に知るべきです。
▼王選手のホームラン記録も?
・王選手のホームラン記録も、大リーグと日本の球場の広さを比べたら、何割か減になるでしょうね。当時の後楽園球場は100m打たなくてもホームランでした。大リーグなら外野フライでアウトです。
・土俵が違うのに、単に数字だけの比較にむきになるのは、劣等感を感じてしまいます。

☆イチローは大リーグで3000本安打を
・当面は、大リーグでの安打3.000本を目指し頑張る姿を報道するべきでしょうね。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-20 17:47 | 亭主の日記 | Comments(0)

好評の 料理器に 島の自然

☆アジサイに裏砂漠
・女性四人のお客様は、アジサイロードの素晴らしさに大満足でした。特に、島のガクアジサイの迫力に圧倒されたようです。
・裏砂漠が表との比較で、これもまた良しとのことでした。
・是非また来たいと言ってくれました。
☆食事も器も満足
・夕食も朝食も大喜びでした。朝食は、いつものキンメの煮付けを筆頭に庭の野菜をふんだんに使いました。
c0229433_19071621.jpg
☆自家製野菜のキュウリを使い
・オイキムチを食べてもらいました。教え子のお母さんより
材料と作り方(沢山作ることを前提に)
キュウリ 5kg(約50本)
大根 1本 人参1本 ニラ2束
ネギ1本 レモン1個


砂糖 150g 塩 70~80g 白ゴマ 少々
コショウ 少々 酢 少々 スープ 五合
c0229433_19073721.jpg


①キュウリは両端をカットし面取りをする
②キュウリは塩揉みしておく
③大根、人参は千切りにし、ニラは2cm位に切る。ネギは細切りにしレモンは皮を剥いて細く切る
④切った材料にスープを入れて混ぜる
⑤塩揉みしたキュウリは水洗いして切り込みを入れる
⑥切り込みを入れたキュウリに野菜をはさむ
⑦野菜をはさみ終わったらタッパ等に並べて軽く塩をふる。残ったスープを上からかける。
冷蔵庫で保存する
*スープは牛スジや野菜などでとる。固形スープの元を使ってもよい。コクのあるスープにすると野菜に染みて美味しくなる。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-19 19:34 | お客様の声 | Comments(0)

自民公明 やっぱり舛添と 都民裏切る

☆サニーレタスもう終わりに
・サニーレタスの苗を沢山貰い、毎日朝のサラダでいただきました。それでも食べきれずに、泊まりのお客様にお土産物として渡すことができました。
・新鮮なので、袋に入れておくと、4~5日はパリパリ状態です。
・さすがに、伸びきりましたが、まだ葉を掻いて食べています。
c0229433_18174566.jpg
■自民公明やっぱりな!
・公金の使い方の疑惑と公務の範囲の曖昧さを解明せずに辞職した舛添都知事を無罪放免にしたのは、自民党公明党都議達です。
・総務委員会も中止にし、共産党等が提案した百条委員会設置にも反対したのは、都民を余りにも馬鹿にした自民党公明党です。舛添都知事を追及すると自民公明にとって都合の悪いことがあるのでしょうね!
舛添都知事と同じ穴の狢ということです。
選挙であれだけ大声で応援した安倍首相や山口代表の姿は忘れませんよ!

▼頼りにならない民進党
・総務委員会の中止と百条委員会設置反対をした民進党の馬鹿さ加減にも呆れました。都民が望んでいるのは、追及半ばの舛添都知事からきちんと事実に基づき説明させることです。
・舛添都知事の色々な疑惑の解明を都民が望んでいることを察知出来ない感性では、民進党の支持率は上がらないでしょう。
・ここで、共産党と一緒に追及の手を緩めなければ、参議院選挙に繋がるチャンスでしたのに。

▼本当に頼りない民進党です。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-06-17 18:42 | 亭主の日記 | Comments(0)