ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

税収は 80年代に戻せば OKだ‼

☆赤いマンジュシャゲ
・私の好きな山口百恵さんの歌にある赤い彼岸花が咲いています。もうそろそろ終わりになりますが、いいですね!
c0229433_17124955.jpg
□税制は、80年代に戻せばOK
・著者武田知弘氏の「税金は金持ちから取れ」の第一章1988年に税制に戻せば、税収は現在の倍になるは、具体的でとても分かりやすくいので紹介します。

◇バブル経済崩壊直前の1988年時点では、今より13兆円も多い50.8兆円でした。消費税導入の前年です。
2010年のGDP(国民総生産)は、88年のGDPの25%以上も上昇している。本来なら、税収も88年よりも25%増えていなければならないのに、実際は25%以上
税収が減っている。

・1988年 法人税18.4兆円 所得税18.0兆円
相続税1.8兆円 消費税0兆円
その他12.6兆円
◇合計50.8兆円

・2010年 法人税6.0兆円 所得税12.7兆円
相続税1.3兆円 消費税9.6兆円
その他7.8兆円
◇合計37.4兆円

◇税収が減ったのは、2002年から2007年に税制が大きく変わった。小泉政権(2002~2006年)
・大企業の税率が大幅に下げられた
・高額所得者の税率が大幅に下げられた
・資産家の相続税の税率が大幅に下げられた
・消費税が導入された
「金持ちの負担減、庶民の負担増」を意味する

そもそも政治家自身が金持ちばかりである。
小泉純一郎、麻生太郎など、特に自民党二世三世四世議員の多くが大金持ちである。

◇税制を88年レベルに戻せば、いい
・大企業や金持ちに増税ではない、88年まで普通にやっていた税制です。
そうすると、GDPが25%以上に大きくなっているのだから60兆円以上の税収が見込める。消費税を合わせれば現在の2倍の70兆円の税収となる。

◇日本の金持ちの税金は、アメリカの金持ちの半分以下
・アメリカの最高税率は35%、日本の最高税率は40%だが、日本の所得税には金持ちに様々な恩恵処置(抜け穴)がある。
例えば、開業医の税金、投資家の税金は非常に安くなるように設定されている。

◇アメリカの方が低所得者への税金は緩い
・子供二人いる夫婦の課税最低所得は、日本は325万円、アメリカは376.8万円。

☆80年代、永田町や霞ヶ関は、金持ちの税負担を減らしたかったのである。政治資金の多くを金持ちに依存している政治家たちは、その圧力に屈した。
☆間接税(所得税など)は、ヨーロッパ諸国は高いが贅沢品は高い税率を課し、生活必需品は免税にするなど庶民に十分配慮している。
一方、日本は粉ミルクにもダイヤモンドにも同じ税率の消費税とは全く異なる税金である。
・日本がずっと手本にしてきたアメリカでは、直接税(法人税、所得税など)の比率が非常に高い。80年代以前の日本よりもさらに高い。
自民党議員や霞ヶ関の官僚は、何かというとアメリカを見習おうとしている。それならもっと直接税率を上げるべきだ。

▼年収の低い庶民をいじめる日本の税制は、日本を低成長にしている元凶であることを知るべきである。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-30 18:23 | 大島のくらし | Comments(0)

税金は 80年代に 戻せばOK

□とと姉ちゃん
・今日の「とと姉ちゃん」は、「戦争中暮し」が出版された場面でした。
c0229433_14381953.jpg
c0229433_14385760.jpg
□授業で使った
・担任時代6年生の歴史学習の戦争中の授業でメイン資料として使いました。
実際は「暮らしの手帳」でした。編集長の花森氏の狙い通り戦争中の市民国民の日常の暮らしが、市民の目線で書かれています。当時の6年生は、食べ物や家や着るものの酷さ貧しさに驚いていました。
自分達が当たり前のようにしている楽しみや自由が規制され奪われていたことにもびっくりしていました。
・それに加えて、地域の方が持っていた焼夷弾のカラも授業で見せて、空襲の話も聞かせました。
テレビを見ながら懐かしく思い出しました。

☆金持ちの実質税金負担率は労働者より低い!
・「税金は金持ちから取れ」著者 武田知弘
より一部を紹介します。
「金持ちや大企業がまともに税金を払えば、日本の財政問題は簡単に解決する」
・具体例として、トヨタ自動車社長豊田章男氏と平均的給与所得者の税金負担率の比較です。
・豊田氏の2010年収は約3億4000万円で、彼が負担する所得税と社会保険料の合計は5438万円。住民税を含めても負担率は約21%に過ぎない。

・2010年の給与所得者の平均年収は約430万円。負担している税金と社会保険料の合計は149万円で、収入に占める割合は約35%である。

・所得税の負担率は、豊田氏15.1%で給与所得者は4.3%を見ると、高く設定されている。しかし、金持ちには驚くほどの様々な抜け穴が存在して実際の課税が少なくなっている。
・例えば、配当所得に対する優遇税制。証券優遇制度のためどんなに収入があっても所得税、住民税合わせて一律10%でよい。豊田氏の収入の三分の二は、持ち株の配当だから10%ですむ。
もう一つは社会保険料の掛け金上限制度である。社会保険料の掛け金には上限があり、年収約1000万円程度の人が最高額で、それ以上にいくら年収があっても払う必要がない。
・おおまかにいえば、年収1億の人の社会保険料率は、年収400万円程度の人の10分の1となり、年収3億の人は30分の1となる。

▼日本の税制は、金持ち天国
今の日本の税制は、所得の少ない人ほど税負担が重くなる逆進課税の状態である。
こんな国は先進国ではあまり例がない。アメリカの金持ちでさえ、日本の金持ちよりはるかに多くの税金を払っている。

□少し長くなりすぎたので、80年代の税制に戻せばについては、明日のブログにします。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-28 15:31 | 亭主の日記 | Comments(0)

見ましたか? 縮小ニッポンの衝撃

☆ルドベキア
・もう4~5ヵ月咲いている花です。種子が飛んで庭のあちこちで咲くようになっています。
c0229433_21073838.jpg
□昨日のNHK「縮小ニッポンの衝撃」見ましたか?
・数十年先ですが、東京23区の内12区くらいが人口減少の予測です。
・具体例として豊島区が人口分布や流入人口、年代別年収などを分析すると、年収200万円世代(20才代が多い)は結婚も出来ないし住民税も少ないなど、将来の豊島区の財政は50億円の赤字にもっと先には100億円の赤字になると予測していました。

・地方では、高齢化が進み地域社会が維持できなくなる。自治体による住民サービスは財政的に出来なくなる。まるで、あの夕張市のような市町村が日本全国に数限りなくあるという現実が示されていました。

▼何が一億総活躍なのか?
・安倍政権が言葉だけのかっこつけを宣伝していますが、せいぜいオリンピックまでの東京中心の華やかさだけと知るべきです。
・あの安倍政権寄りのNHKでさえ、人口減少という事実を踏まえ日本の将来が危機的な状況を伝えています。
・それなのに、馬鹿のひとつ覚えの「景気回復は公共投資」という安倍政権のアホらしさ。税収が足りないのに、平気で借金を増やし続ける無能政権です。

☆税金を増やす妙案を次回のブログで紹介します。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-27 21:37 | 大島のくらし | Comments(0)

脱成長 格差是正で 経済強い

☆妻の好きな彼岸花
・庭に白い彼岸花が咲いています。妻が好きで沢山植えてあります。
私は、赤い彼岸花の方が好きで、去年から植え咲きだして2年目になります。
c0229433_17005238.jpg
□脱成長主義で幸せ優先
・東京新聞24日の「考える広場」の久原論説委員と京都女子大客員教授橘木俊詔氏の対談を抜粋して紹介します。

久原…日本は今、先進国で有数の貧困国になっている。

橘木…内閣府の毎年の世論調査で、これから求めるのは「心の豊かさ」60%、「物の豊かさ」30%というのが2000年以降続いています。
1980年を境いに「心の豊かさ」が「物の豊かさ」を上回っています。
これは国民が人口減速の道を選択したのは経済減速の道を選んだのと同義です。
財界のあるトップが『2%成長(実質)などもう無理』と発言した。財界トップが政府の掲げる2%成長を否定したのです。

久原…アベノミクスは大企業や富裕層を儲けさせればうまくいくという考え方が行き詰まっている。今になって同一労働同一賃金や最低賃金アップを言い出した。

橘木…消費税増税への反対が強まったのは、社会保障と税の一体改革と言ったのに社会保障改革は置き去りのまま税率だけが上がり続ける不安や政治家と官僚は痛みを伴う改革を果していない反発でしょう。(消費税増税で増えた税金を公共事業に流用)

橘木…日本は格差や貧困が深刻です。格差を是正した方が経済成長は高くなるとOECDも証明している。日本は税による再分配政策が弱すぎるので、見直すことが重要です。
格差が小さくて経済が強いのが北欧。逆に格差が大きくて経済が弱いのが日本。
大きな格差、高い貧困率が日本の成長率を低くしている。

久原…日本は教育への投資もおろそかにしている。教育が国富につながるという考えがない。

橘木…それも米国流に毒された結果。あなたが教育費を負担しなさい、国家はお金を出しませんと。金持ちとそうでない家庭で受ける教育の質が違ってくる。それがまた次の世代に連鎖する。欧州は逆で、教育を公共財とみなす程度が強いから国の支出割合が大きい。

□国民は、どんな国を選択するの?
・人口減なのに、安倍政権が進める成長至上主義(米国流)
・それとも、欧州や北欧のような格差の小さい心の豊かさのある国を選択

☆私達は、これまでも安倍政権の政治に「NO」をいい続けて来ました。国民がもっと欧州や北欧のことを知るべきです。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-25 17:59 | 亭主の日記 | Comments(0)

アベノミクスは 日本経済を 壊す危険ある

□スズメバチ?
・庭のイチヂクが熟し、毎日5~6個は取れて食べていました。流石に美味しく大満足しています。
ところが、食べているのは私たちだけではなく、クワガタやアリやスズメバチ(?)もです。
c0229433_18520136.jpg
▼アベノミクスの恩恵は皆無
・これ迄にも何度となくアベノミクスは、富裕層をますます金持ちにするが、庶民の多くの暮らしは貧しくなるばかりと書いてきました。
・「デフレの正体」「里山資本主義」で有名になった藻谷浩介氏が公式資料を基に日本経済と国民生活の実態を分かりやすく解説しています。

□安倍政権以降、マネタリーベース(市中に出回るお金の量)が急増した棒グラフに「株式の時価総額」が過去30年間で乱高下した折れ線グラフを重ねると、アベノミクスの特徴がはっきりする。
「お金の量を2.5倍以上に増えると同時に、株価が2倍近くまで跳ね上がった。日本円を刷りまくって為替相場を円安に誘導するアベノミクスによって、輸出企業の業績は改善して株価上昇をもたらした」ことを数値で示した。

▼上のグラフに横ばいの状態を続ける「GDP」と「家計最終消費支出」の折れ線グラフを上書きすると、「異次元金融緩和で株価上昇をしても、実態経済に与える影響は皆無に等しい」という現状が一目でわかる。

▼つまり、株価は上がっても下がっても日本経済全体にはほとんど関係がない。「安倍政権誕生以降の株価上昇もいずれバブルが弾けて、政権誕生前のレベルまで下がるのは確実」藻谷氏の予想通りになるでしょう。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-24 21:38 | 亭主の日記 | Comments(0)

北海道の 草原で聴く 馬頭琴

☆ゲルde(デ)コンサート
c0229433_10183002.jpg
・釧路市の隣の白糠郡白糠町で、馬頭琴とホーミー奏者嵯峨治彦さんのコンサートに行きました。「羊まるごと研究所」の酒井伸吾さんが企画した野外ライブです。
・モンゴルのゲルの背景に酒井さんが飼っている羊が広い草原で遊んでいます。
・酒井さんが作る羊の肉は、洞爺湖サミットで使われたブランド物です。開演前にその羊肉のカレー(100円)を食べました。さすがでした。
☆馬頭琴とホーミー奏者
c0229433_10191100.jpg
・モンゴルの民族楽器「馬頭琴」&二重発声「ホーミー」での演奏です。ホーミーとは、独特の発声法で艶のある弦を弾いているような不思議な音を響かせていました。
・参加者の私達にも、その真似事を教えてくれました。ジャイアント馬場さんの「あっ、ホー」からスタンハンセン(プロレスラー)の「ウィー」へ変化する声を出す練習でした。
私達と同世代がほとんどでしたので、イメージしやすくよく真似できていました。
楽しかったですよ!
□いろいろな曲(覚えている曲名紹介)
・モンゴルの曲は、モンゴル夏の競馬大会
子供が地平線の向こうまでの往復の競馬

・馬飼いの朝市場

・上を向いて歩こう

・鳥の歌(民族紛争の地で平和を伝える)
c0229433_10193131.jpg
□コンサートの休憩が30分もあり、その時間羊の群れを見に散歩するなど、とてもゆったりゆっくり。旅行していることを忘れるくらいのんびり、豊かなひとときを過ごしました。
企画した酒井さんにも挨拶でき、大島から来たことをとても喜んでもらいました。
また、嬉しい人との繋がりが出来ました。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-23 10:56 | 亭主の日記 | Comments(0)

初乗馬 怖い怖いの 下り坂

☆道産子乗馬
c0229433_19325438.jpg
☆怖い怖いを連発
・妻が初めて道産子に乗りました。去年乗る予定でしたが、時間がなく今年に持ち越ししました。
釧路の知り合いの庭での乗馬です。初めから緊張していて、顔がゆとりなし。
特に、下り坂が怖かったようで、「怖い」を連発していました。途中で「うー」「おっー」と言ってました。
c0229433_19332522.jpg
☆翌日、余裕(?)の遠乗り
・次の日、私と二人引馬で往復4kmの遠乗り。丘の上まで着くと、眼下に広がる丘と牧草地、遠くには釧路の町、映画の一シーンのような景色でした。
夫婦で馬に跨がっている写真が撮れなくて残念でした。
妻は自信を持てたようです。良かった!良かった。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-22 19:49 | 亭主の日記 | Comments(0)

和商一押し 新鮮旨い 「さとむら」

☆旨い旨い!!
・昨日に続き釧路駅近くの和商に行きました。
ご飯を買って、あとは好きな刺身を選んで自分好みの海鮮丼にします。
さすがに、種類豊富な魚介類がこれでもかと並んでいます。
・昨日は佐藤商店の刺身を乗せて食べました。
今日は筋向かいの「さとむら」にしました。
c0229433_21505623.jpg
☆新鮮、大きい、旨い
・昨日の佐藤商店に比べ刺身は、新鮮、切り身は大きい、旨い「さとむら」の刺身。その分、価格は10%程高いのですが、十分満足できるものでした。
・ところが、お客さんは佐藤商店の方です。
実は、私達も昨日お客さんで賑わっていた佐藤商店に行ってしまったのです。
食べ終わって「さとむら」を覗くと、刺身がどれも美味しそうで、「明日来るね」と約束してしまったのです。
c0229433_21434694.jpg



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-21 21:57 | 亭主の日記 | Comments(0)

水面滑る カヌーとけ込む 釧路川

☆増水の釧路川
・今日、台風で増水した釧路川をカヌーで下りました。100年に一度といわれる雨で普段は木の根元は水に浸かっていないハンノキが1M位水が浸かっていました。
c0229433_21082658.jpg
らる
☆水面に映る雌阿寒岳と雄阿寒岳
・1920年以降記録的な大雨で増水した釧路川で、普段は湿原の所に水が入り、遠くの雌阿寒岳と雄阿寒岳が水面に映る貴重な写真が撮れました。左が雌阿寒岳、右が雄阿寒岳▼
c0229433_21142492.jpg
☆カワセミも
・背中が瑠璃色、腹がオレンジ色のカワセミが木の枝に上品に気品溢れる姿を見せてくれました。ガイドのMさんが見付けて静かに教えてくれました。
c0229433_21191847.jpg
☆水面に夕日キラキラ
・日が西に傾く頃水面が輝き、カヌーの舳先に伸びてきました。
c0229433_21232534.jpg
☆時間が止まったよう!!
・二時間以上の釧路川のカヌーは私達だけで、見えるもの全て独り占め、静寂も川の流れも、こんな時間を過ごせることはないとのガイドさんの話でした。
c0229433_21292947.jpg
c0229433_21301446.jpg
☆蛇行の釧路川
・釧路湿原を流れる釧路川は、右に左にくねくねと蛇行しています。右に見えていた雄阿寒岳雌阿寒岳が正面になったり、正面に見えていた細岡展望台が左に見えたり、緩やかな川だけに本当にくねくねでした。
☆蛇行の釧路川を上から
・岩保木水門でカヌーを上がった後、釧路川を上から望む細岡展望台に行きました。眼下に広がる蛇行する釧路川。
c0229433_19164370.jpg




[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-20 21:30 | 亭主の日記 | Comments(0)

盛り土で 埋めたい腐敗 官僚

呆れる都官僚達
▼今回の豊洲市場移転に関わる次から次の問題噴出は、都の官僚組織の永年の腐敗の蓄積と思います。
▼予算は十分ある、トップの知事は丸め込める、マスコミはうるさくない、自分達の遣り放題。
計画縮小しないー大島での経験
▼確か6年前、焼却場建設で15t(7.5tを二基)炉を10t炉で大丈夫だから計画の縮小を町に要望したことがあった。
・その時、都の担当者は「もう予算はつけてあるから、減らすのは出来ない」と言って来た。知り合いの都議(会派別に3人)を通して都の担当者に確認したが同じだった。大島町の借金を少しでも減らしたいと願ってのことだったが、駄目だった。書類を書き換えるのが面倒なのか、予算が有り余っているからなのか、多分両方立ったのでしょう!

☆ノロッコ列車
・昨日、釧路に来ました。午後は雨だったので、ホテルでゆっくりしていました。
c0229433_21311269.jpg
・釧路駅から塘路湖往復の列車の旅。台風の大雨の釧路川増水で運休していたのが、2日前から再開していた列車に乗れました。
・釧路湿原の中を走る列車でしか見られない風景が見られました。
c0229433_21315675.jpg
増水した釧路川が蛇行しています。曇から青空に変わった川面に青い空が鮮やかに映っています。湖の辺りになると、列車はノロノロゆっくりになります。ノロッコ列車の名前の由来でもあります。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-09-19 21:42 | 亭主の日記 | Comments(0)