ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

金持ち 森永卓郎 庶民の無知を 第四弾

☆大根、元気に育て
・大根の本葉が大分大きくなってきました。マリーゴールドを混栽しているので、元気に育ってくれると思います。
c0229433_20515568.jpg
◇森永卓郎氏、TPPの本当の狙い
①アメリカは、TPP交渉の中で郵便貯金(郵貯)と簡易保険(簡保)の完全民営化を要求してくるだろう。郵貯と簡保の株式完全売却だ。アメリカの仲間達は、郵貯と簡保の株式を取得して株主提案権を獲得する。そして米国の国債を郵貯と簡保の資金で買うことを要求する。
②金利は米国の方が高いし、格付けも上だ。経営側も米国債を買わざるを得なくなる。郵貯資金や簡保資金が日本国債を買わなくなれば、日本の財政が危機を迎える。
③ヒトの自由化も同じ。単純労働者受け入れを解禁すると、単純労働は外国人に置き換わる。給料が安いから日本人の給料も下がる。日本社会が明確に二極化する。

▼2011年9月、米国ニューヨーク、ウォールストリートで起きたデモの原因は格差拡大に対する若者の不満の爆発だけではない。デモの本質は「オキュパイ・ウォールストリート(ウォール街を占拠せよ)」とあるように、カネでカネを稼いでいる人が巨万の富を独占することで、自分達の生活を悪化させていることに気づいたからだ。
▼ニューヨークのデモは、世界中に伝播して行ったが、おそらく世界でただ一人、の日本人だけが大規模なデモをせず「ボクたちは頑張って税金を納めなければ」と思っている。お人好しにも程がある。
▼庶民を徹底的に追い詰めて立ち上がれないくらいに打ちのめせば、金持ちの未来は明るい。
「胡麻の油と百姓は、絞れば絞るほどでるものなり」

□森永卓郎氏は、TPPで日本を開国すると、ちょうど米国と同じような弱肉強食社会に日本が変貌すると言っている。つまり、金持ちになった森永卓郎氏が言うように、金持ちが優遇され金持ちでいられる日本になる。庶民は頑張って働いても貧乏なままの格差拡大社会に日本がなると言っている。
□米国の言いなりになる政策を進め易いのは、都合のよいことに庶民は米国に親近感を抱いている。米国に「親しみを感じる」と答えた人は「どちらかというと感じる」を合わせて82.0%となっている。
この親米感情をうまく使って、日本を米国に変える。それが我々金持ちの利益であり、その最大の手段がTPPなのだ。

□次回は、金持ち天国の日本を紹介します

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-29 21:36 | 亭主の日記 | Comments(0)

大麻 島 自然 選挙

◇柿8年
・桃栗3年柿8年柚の大馬鹿18年、と言われています。私の夢の赤く熟した柿を見たいと10年前に植えた柿が、一つ実を付けていたのです。毎年毎年待ち続けていて諦めかけていました。昨日、枯れた葉の陰に熟して鳥に啄まれている赤い実を見つけました。びっくりやら嬉しいやら。
c0229433_1438422.jpg


◇キーワード、大麻・島・自然・選挙
①石垣島で大麻取締法違反で逮捕された高樹沙耶容疑者を見ていると、キーワードにある言葉から大島の事件を思い出しました。
②約6年前、大島の町長選挙と町議会議員選挙で麻の文化か何かのリーダーが町長に立候補しました。さらに、町議会議員選挙にも関係者が立候補しました。結果は、両方とも落選しましたが、選挙の前に信者らしき者を大勢移住させて当選できると、豪語していたのを思い出しました。当時、それらしい服装(麻の衣服をまとい、独特の髪型)の人達を港などでよく見かけました。

③そのリーダーは選挙前、「この島を乗っ取るのは簡単だ」とも言ってました。選挙後、南部の波浮で大麻取締法違反で麻の関係者が逮捕されました。私の知り合いは、山の中でよく分からない人間が大麻を栽培しているとよく言ってました。警視庁から刑事が調べに来ていたとも。
④今回の高樹沙耶容疑者も、大麻・島・選挙・自然のキーワードで説明がつきそうです。宗教的な独特のにおいがありそうです。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-27 15:00 | 亭主の日記 | Comments(0)

金持ち 森永卓郎 庶民の無知を 第三弾

島のススキ原広大な景色
・三原山の裏側に広がるススキ原を友人3人案内しました。一周道路に車を停めて10分程歩くと仙石原の何倍もの遥か遠くに広がるススキ原です。そこにシートを敷きコーヒーを頂きました。曇りでしたが、遠くに房総半島も望めました。
c0229433_183484.jpg


□森永卓郎氏の金持ちから、見たTPP医療
①日本医師会はTPP絶対反対の立場を取っている。アメリカは保健診療と自由医療を組み合わせることを要求してくるのは明白だ。TPP参加9ヶ国の中で公的医療保険の国民皆保険制度を維持しているのは日本しかない。だから民間医療保険サービスの成長を認めろというのは、米国からすれば当然なのだ。ここが開放されれば米国の保険会社は健康保険ビジネスで甘い汁を吸うことができる。日本の保健会社も尻馬に乗って大儲けできる。
②国民皆保険で濃密な医療サービスを国民に与えたから、日本人の平均寿命がどんどん延びて、年金や医療や福祉のコストもどんどん増えている。それは我々金持ちに増税となって降りかかってくる可能性を秘めている。だから、庶民は若くて元気のよい時代には労働者として頑張って働いてもらい、使い物にならなくなったら、さっさと死んでもらえばいいのだ。
③庶民が病院に来られなくなれば、病院が空く。それは我々金持ちの天国だ。高額な医療費を支払って最先端医療を受ける我々は、病院で順番待ちせずにすむようになる。

▼森永卓郎氏の金持ちにとっての視点は、庶民に気付けと警鐘を鳴らしている。
[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-25 18:58 | 亭主の日記 | Comments(0)

金持ち 森永卓郎 庶民の無知を 第二弾

☆サトイモ大収穫
・今年のサトイモは、雨が多かったため、順調に育ってくれました。落葉や牛糞等を沢山入れたのもあたって、今までで最高の収穫になりました。
c0229433_11171970.jpg

▼一株でこれだけ
c0229433_11182287.jpg

□歓迎!野田首相
・森永卓郎氏の著書「庶民は知らないデフレの真実」は2012年です。
・2011年3月11日の東日本大震災が起こり、福島原発事故が続き、その対応で批判された当時の菅首相が下ろされ、野田佳彦氏が首相になった。市場原理主義の前原誠司と野田佳彦グループが社会民主主義の小沢一郎と鳩山由紀夫グループを破ってくれたのが幸いであった。
☆野田佳彦首相の最大の貢献は、国内こ反対を押し切ってTPP参加へのみちすじを開いたことだ。

□TPPとは何か
・TPPの最終目的は、モノ、カネ、ヒトの往来を参加国で完全に自由にすることだ。
・TPPに参加して関税が撤廃したばあいを農水省が推計した。魚沼産コシヒカリのようなブラインド米や有機米を除き、日本のコメ作りの9割が壊滅する。
・畜産業もブラインド牛を除き壊滅状態になり生産額は75%も減少する。
・その他サトウキビ、小麦、チーズ、バターは全滅。
・その結果農産物の生産額は4兆1400億円減少し、食料自給率が現在の40%から14%へと低下、雇用が340万人減少する。

▼米の価格差
・農水省は関税が即時撤廃されたときの影響を試算した。その推計は正しいのだ。
・例えば、コメには現在10kg当り4500円の関税がかかっている。それが撤廃されると10kg当り500円という格安のコメが日本に入ってくる。日本のコメは10kg1000円~2000円だからとても太刀打出来ず壊滅的被害を受ける。
・関税が撤廃されたら、日本のコメと味の変わらない外国産米が10kg700円程度で並ぶ。その時の国産米は5kg2500円程度。生活が厳しい庶民は当然700円の米を選ぶ。競争が激しい外食産業は、外国産米を買うだろう。
▼外国産の米は、遺伝子組み換えやポストハーベストといって収穫後の農作物に農薬をかけるようなことを米国は平気で行っていることなど安全性の問題がある。
・しかし、金持ちは気にする必要がない。我々は、10k1万円程度のブラインド米を食べているからだ。我々は、安い外国産米など絶対に食べない。
・TPPの時代を生き残った日本のコメ農家は、我々のためだけに安全で美味しいブラインド米を作ってくれるようになるのだ。


◇金持ちのためのTPPは、ほかにも
[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-24 12:06 | 亭主の日記 | Comments(0)

金持ち 森永卓郎 庶民の無知を 第一弾

◇ネット張り
・ブロッコリーとカリフラワー、キャベツ、白菜の苗を青虫から守るためにネットを張りました。持っているネットを上手く使って綺麗に出来上がりました。
c0229433_19131014.jpg
c0229433_1913392.jpg

□「庶民は知らないデフレの真実」
・著者の森永卓郎氏は、金持ちになったことから、庶民の甘さを逆説的に面白く書いています。
・氏は、10年間ほとんど休まずテレビやラジオに出演し。何百回の講演をこなし、雑誌や新聞のインタビューを受け、本を出版した。その間ほとんどお金を使わなかった結果、3億円の貯蓄が残った。金持ちになったので、「金持ちの、金持ちによる、金持ちのための経済学」を書いたのがこの本。

□高速道路無料化を阻止した野田政権は偉い
・田中角栄が全国の高速道路整備を行った理由は、田舎と都会の格差をなくすことだった。それを1歩進めて無料にすれば、もっと地方が活性化すると考えた小沢一郎氏の政策をやめにしたのが野田政権だ。
・高速道路無料化のメリットはほとんどが地方に行く。大都市近郊は渋滞防止のため、無料化の対象になっていない。金持ちは、大部分が都心の一等地に住んでいるので、高速道路無料化の恩恵は受けない。

□首都高や阪神高速を距離別料金にした野田政権は偉い
・野田政権は、日曜日や夜間の割引の廃止もしたし、2012年1月に700円の定額料金から距離別料金性にして、我ら金持ちを喜ばせた。
・料金別料金にすると、最大61%もの大幅値上げとなった。その時、首都高は値上げの必要はなかった。首都高速道路会社は、31億円の経常利益を出していた。
▼首都高の日曜日祝日割引のせいで、都心の首都高が渋滞した。東京周辺の住宅街から庶民の運転する乗用車が首都高に押し寄せてしまうからだ。
▼我々金持ちがゴルフに行くのに首都高の渋滞でスタート時間に遅れてしまったりする。庶民が首都高を使って都心に来ないようにするには、割引制度や距離別料金にしてくれて喜ばしい。


☆金持ちが暮らしやすい制度の一例。まだまだ面白いが、腹立たしい現実を紹介します。
[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-22 19:49 | 亭主の日記 | Comments(0)

やっぱりプロ 子供に褒められ いい気分

◇さくら小学校へ
・島の小学校のクラブ活動で、そば打ちを教えに行って来ました。四年生から六年生まで10人と担当の先生三人
c0229433_18405426.jpg

□二八そば、水回し
・さくら小学校の家庭科室で、3グループに分かれてボールで水回しの作業です。粉の約40%の水、約140ccを用意。はじめは半分位を入れて粉と水を馴染ませます。そのあと、残りの半分を入れ粉に水が満遍なく行き渡るようにします。最後に残りの水を少しずつ入れて、丁度よい柔らかさにします。
c0229433_18504054.jpg

□捏ねて、延ばす・捏ねは約300回。家庭科室のテーブルの高さがあって、子供が体重を掛けて捏ねるには厳しいことが分かり、椅子の上に乗って捏ねることになりました。▼捏ねを頑張る
c0229433_18554989.jpg
▼難しい延ばす作業
c0229433_18565088.jpg

□切る作業が大変
・1~2mmの幅を要求しましたが、これは到底無理なこと。一生懸命頑張っても「ひもかわ」位になりました。それでも、グループ内で替わり番こに切っていました。
c0229433_192818.jpg

□さすがプロのそば
・自分達が打ったそばを食べると「美味しい」と。そのあと、私が見本で打っていたそばを茹でて持っていくと「やっぱりプロのそばは美味しい」嬉しいお褒めの言葉を貰いました。
c0229433_1962873.jpg

◇嬉し楽しのひととき
[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-21 19:07 | 大島のくらし | Comments(0)

第六弾 多くの国民は 収入激減

◇土寄せ
・大根が発芽し、ひょろひょろと伸びてきました。双葉の後、本葉が出てきたので、土寄せをしました。このまま台風がなければ順調に育ってくれると思います。
c0229433_18041462.jpg
▼多くの国民は年収は激減
・億万長者が激増する一方、給与所得者の平均年収は国税庁のデータによると、2001年度が454万円が2010年度になると412万円にまで下がり続けています。
・こういう事態になったのは、先進国では日本だけです。

▼年収200万円以下の給与所得者が激増
・2001年約861万人と2010年約1045万人を比べると20%近く増えている。この給与所得者にはフリーターや短期の派遣社員などは含まれていない。
・現実の年収200万円以下の人達は、1045万人の数倍に及ぶと推測できる。

▼最低賃金も先進国では最低の日本
・先進国の最低賃金(平均賃金との比較)
日本は28% アメリカは33% イギリスは35%
フランスは47%
・アメリカ移民の労働者にも最低賃金は適用される。そのため移民を基準に最低賃金を定めているので、他の国より低くなっている。
日本がそのアメリカよりも最低賃金が低いのは異常事態だ。

▼世界一働き者なのに、生活は苦しい
・OECDの2006年のデータで、先進国の中で平均労働時間が年間2000時間を超えているのは日本だけだ。
・ドイツやフランスでは年間1500時間台、日本より500時間も少ない。一日八時間として60日分つまり日本人は年間60日も余計に働いていることになる。
・さらに恐ろしいのは、日本ではサービス残業が常態化していることである。

▼電通の過重労働時間やパワハラで自殺に追い込まれた女性が、やっと労災に認定された。
・それに対して、驚くことをネットに書き込んだのが、武蔵野大学グローバル学部長谷川秀夫教授だ。彼は『月当り残業100時間を超えたくらいで過労死するのは情けない』
・長谷川教授は、元日本経団連税制委員を務めていた。おそらく経団連の労働者に対する考え方と長谷川教授は同じで、労働者を使い捨ての駒としてしか考えていない。

■日本人は、ドイツやフランスより年間2~3か月も長く働いているのに、収入は少なく苦しい生活をしていることに、もっと怒りの声を挙げましょう!
・もっと、外国の労働者の待遇などを知って、私達は企業や国に要求しましょう!
・黙っていると、もっと苦しくなります。

◇武田知弘氏著書「税金は金持ちから取れ」から、引用して第六弾まで書きました。
まだあるのですが、一応一区切りにします。
この後、億万長者になった経済評論家の森永卓郎氏の著書から、金持ちが優遇されている日本の税制などを紹介します。






[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-16 18:57 | 亭主の日記 | Comments(0)

第五弾 億万長者か 増えると 景気が悪くなる

◇自民党ファーストへ
・小池都知事が福岡県衆議院補欠選挙の応援に行っていた。「東京都知事として来たのではありません」と。
・「都民ファースト」と言っていたのに、自民党のため自分のために、本質が現れた姿がよく分かりました。
・豊洲市場や五輪施設の問題があるのに、自民党のために福岡県まで行く王様気取り。
c0229433_20590290.jpg
▲風に揺れるススキ

◇億万長者は10年前の3倍に激増
・国税庁の確定申告データによると、個人事業者の年収5000万円超の者は、この10年で13倍になっている。
また、個人投資家の億万長者も激増していると思われる。
◇年収5000万円以上の人が最低でも五万人いる
・福島原発事故の責任を誰もとらない中で、東電社長の報酬は、何と7200万円だった。
・国税庁の資料によると、5000万円以上の報酬をもらっている人は1999年には8000人ちょっとだったが、2009年には27000人を超えている。
・これは給与所得者だけなので、不動産所得者や自営業者、配当所得者、政治家などは含まれていないから、それらの人も含めれば「最低でも五万人」という推測が成り立つ。

◇リーマン・ショック後でも、株主への配当金は約10兆円
・小泉内閣で金融担当大臣などを務めた竹中平蔵氏が推進した「株主優遇政策」による。

◇役員報酬も、この10年で2倍以上に急増中

▼億万長者が増えると景気が悪くなる
・億万長者が増え、格差が広がれば、景気が悪化する。億万長者が増えれば消費が減るからだ

①金持ちの収入が増え、庶民の収入が減る
②金持ちは収入増の多くを貯蓄や投資に回すので消費は増えない
③庶民の収入が減った分だけ、社会全体の消費が減る
④景気が冷え込む

◇日本は、ごくごく一部の億万長者と、
大部分の生活困難者や貧困者から成り立つ構造になっている。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-14 21:05 | 亭主の日記 | Comments(0)

第四弾 日本は世界一金持ちで、世界一不幸な国

◇アスリートの傲慢さ次々
・オリンピック水泳競技施設について、松田武志さんや長崎宏子さんは、お金が掛かっても立派な新しい施設でやりたいと語っていました。
・「復興五輪」とも言われることを全く意識せず、アスリートファーストそのものの言い様です。
・未だに仮設住宅に暮らしている人、福島原発事故から避難生活をしている人を想う一言の言葉もない運動馬鹿丸出しである。
・「もったいない」の精神は、スポーツが出来るだけで有り難いと謙虚な心に通じる筈です。

▼家から徒歩1~2分の風に揺れるススキ原
c0229433_20591983.jpg
□日本は世界一金持ち
・日本の対外純資産は断トツの世界一です。
平成22年財務省資料より ベスト5とワースト5
・日本 250.2兆円 ・ドイツ 107.6兆円
・中国78.8兆円・香港61.7兆円・スイス 55.2兆円

日本の個人金融資産残高は現在1400兆円、一人当り(赤ちゃんも一人に計算)1000万円超で、アメリカについで世界第二位である。

ワースト5
・アメリカ-302.1兆円 ・イギリス-80.2兆円
・カナダ-18.0兆円・イタリア-12.3兆円
・ロシア-7.5兆円

□日本は世界一不幸な国
ところが、集められた富がごく一部の人達に握られ、庶民には恩恵が行き渡らない。年々富は蓄積されているのに、国民のほとんどは年毎に収入は減っている。

2009年のWHO(世界保健機関)のデータでは、日本は世界で6番目に自殺率が高い。日本より上位の5か国は全て旧共産圏の国。
日本の自殺率が急上昇したのは、バブル崩壊以降、日本企業がリストラを進めたからである。

◇日本経済の最大の欠陥
国家としてカネを持っているはずなのに、国民の中には経済的に苦しい人が沢山いる

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-12 21:16 | 亭主の日記 | Comments(0)

税金は 金持ちから 取れ第三弾

☆自然は個性
・自然の草花は、一草一木皆個性的です。家の近くの「椿の道」にある椿の木もそれぞれ花の咲く時期に違いがあります。
・ほとんどの木は、実を付けその実を落とそうとしています。勿論来年の花芽は付けています。
・流石に花が咲いているのは、珍しいです。
▼花がないヤブツバキ
c0229433_20583041.jpg
▼写真の隣の木は花が
c0229433_20584746.jpg
□「税金は金持ちから取れ」
・著者武田知弘氏は、ノンキャリアで大蔵省(現財務省)に勤務。バブル崩壊前後の日本経済の現場を見た。現在フリーライター

*現在の日本は、所得(実質賃金減り続け)や消費が減り、資産(企業内部保留と金持ちの資産)が異常に膨らんでいる。

☆1%の富裕税を提唱
・例「1億円以上の資産を持っている人に1%の税金を掛ける」この良さは
①1億円未満の資産しか持っていない人には課税しない
②富裕税は資産に掛ける税金なので、国民生活に直結しない
③日本には個人金融資産が1400兆円、不動産を合わせると8000兆円と推測。課税対象の億万長者は日本では数百万人だから少なくとも20兆円以上の税収となる

■富裕税を創設すると、金持ちが海外に逃げるというのは、官僚・財界・御用学者が言うデタラメ
①海外に資産を移すだけで数%~数十%目減りする
②海外で資産管理すれば、毎年数%以上の手数料が掛かる
◇だから、海外に逃げるなどはしない。

☆所得税の欠陥を富裕税で補う
・金持ちから税金を取る方法は、富裕税の導入以外にもある。「所得税の累進性を高める」バブル経済の前までは所得税(住民税を含む)の累進性は最高で88%もあったが、現在は50%である。
・所得税には欠点がある。税金の世界には「とーごーさんぴん」(十五三一)という隠語がある。「税務当局がどれだけ国民の収入の正確な把握ができているか」を表す言葉である。
・給与所得者(サラリーマン)の収入は十割把握しているが、自営業者の収入は五割しか把握できていない。農業の収入は三割しか把握できず、政治家にいたっては一割しか把握できない、と言う意味。
要するに所得税の税率を上げても税金から逃れられる人が多くいる。
・アメリカ大統領候補のトランプ氏が有名。
日本でも金持ちは、税金逃れは上手いもの。


◇次回は、第四弾「日本は世界一金持ちで、世界一不幸な国」を伝えます。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-10-11 21:45 | 亭主の日記 | Comments(0)