ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シンゴジラ像 騒動で 東宝呆れ

☆雨樋掃除
・暮れの大掃除で、排水マスの汚泥取りや雨樋掃除をしました。桜の木が屋根に被さっていたので、葉がかなり詰まっていました。梯子で昇り必死に取りました。
c0229433_16133281.jpg
■東宝呆れ下りる
・大島のシンゴジラ像建設に対して、反対署名が2000筆を超えてテレビで取り上げられ騒動になっていました。
シンゴジラ像の版権を持っている東宝が、町の対応の悪さと情けなさに呆れたのか、又は、東宝のイメージダウンになることを恐れたのか、大島でのシンゴジラ像建設を下りるそうです。

▼町議会の正式決定は27日?
・町政のレベルだけでなく、議会のチェック機能も呆れる程でした。
・町民から信頼のあった公明党の議長Tさんも、町長提案(シンゴジラ像建設)に賛成したため、がっかりしたとの声があちこちから出たそうです。
今回、シンゴジラ像建設反対署名で地道に活躍したのは、無党派層の婦人会の人達でした。いつも、町の仕事の一部を献身的にこなしている人達の反対の声に町長達も恐れを感じたようです。真剣に怒っていました。
▼総与党化する地方議会
・大島も日本の縮図でして、行政と議会の馴れ合いは日常茶飯事です。前町長(共産党籍)は改革を多少すると思っていましたが、予想通りしがらみに負けて何も出来ずに再選を果たせずでした。
▼よそ者若者を生かせず
・町の長老支配が強く思い切った改革はできないことが又々証明されました。
ある教え子に聞くと、「大島のシンゴジラ像に魅力なんかないよ。もっと島を出ていろんな事を見て勉強してくるといい」と、まともな意見を話してくれました。
でも、「誰も聞いてくれない」と諦めていました。
よそ者の意見を聞かない体質も根強いものです。活性化しない地方の共通体質なのかもしれません。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-25 16:44 | 大島のくらし | Comments(0)

意外な 効果シンゴジラ像 騒動記

☆水仙咲く
・庭で水仙が咲き始めています。部屋を飾る花が少ない時だけに助かっています。
黄色い花はルドベキアです。この花は逞しいのかほぼ一年中咲いています。
c0229433_20154753.jpg
◇大島のシンゴジラ像テレビで
・先日のブログに書いたシンゴジラ像設置について、テレビで取り上げられています。
島民約8000人の内、反対署名が2000人を超えた騒動です。
島の積立金1億円を追加して総額1億九千万円で突然臨時議会で可決された。町長も議会(共産党だけ反対)も観光振興が目的としている。

■シンゴジラ像建設の前に!
・シンゴジラ像建設の前に、観光客が減少した原因を分析するべきである。
観光に携わる関係者(行政、観光協会、商工会等)が観光振興について、現状と問題点・改善策を話し合い、島民と共通目的意識が持てるようにすることが第一でしょう!

■自分達で考えることをしない
・島の行政を見てきて感じることは、自分達で計画立案することなしでいろいろなことが進んでいるです。
・今回もまた、補助金頼りにシンゴジラ像(箱もの)を造れば観光客が増えると、根拠なし(風が吹けば桶屋が儲かる式)に唱えている。
・造った後の維持費は毎年約600万円とのこと。また、負の遺産(レガシー)を抱え、借金の返済を人口減少する子や孫に背負わせることになる。

▼よそ者の意見を聞かない体質
・ゴジラを観光の目玉にしようとするなら、別の方法があるでしょう!金を掛けないで!
①島にいるゴジラ探しツアー
・ゴジラを観光の目玉にする趣旨を島民に理解してもらう。具体策作成に協力してもらうシステムをつくる。
・島のいろいろな組織(町会、青年団、学校、婦人会、老人会等)を巻き込み、どんなゴジラ(素材も工夫)を何処に作れるか?
・溶岩でゴジラ、木でゴジラ、花でゴジラ、大漁旗にゴジラ、子供の絵のゴジラ、地上絵のゴジラ等々、楽しそうなアイデアはいっぱいいっぱい出るでしょう!
・設置場所も三原山から林の中、神社、広場、街中、港等々

②溶岩、椿の花等でゴジラ作り
・観光客にゴジラ作りを体験してもらう。

☆島民参加型の取り組みにすれば、もっと沢山の魅力的なアイデアが出て来ます。何よりも島民の気持ちが一つになり、観光客に対して心からのおもてなしができます。

[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-23 21:19 | 大島のくらし | Comments(0)

米軍が 欠陥機と明かす オスプレイ

☆キヌサヤ大きく育て
・種蒔きが遅くなり、やっと15cm位になったキヌサヤです。蔓の巻き付く所を笹で作りました。種蒔きが遅くなったので、育ちも遅くどうなるか心配ですが、大事にしていきます。
c0229433_16220547.jpg
■米軍が認める欠陥オスプレイ
・米海軍安全センターによると、オスプレイは戦闘地域での事故率が高く、使えないとのデーターを公表しています。「海兵隊航空機アフガニスタン事故報告書」から

①配備された海兵隊航空機12機種の飛行時間は12万3645時間。この中でオスプレイの飛行時間は723時間。
オスプレイの飛行時間を年度別に見ると12機種中、10年度は0.08%、11年度は2.3%、13年度は0.3%
▼つまり、危なくて実戦で使い物にならないことを海兵隊が証言しているのです。

②事故率でも全12機種(10万飛行時間当たり)26.69で、3746.8時間に1件の割合。
ところが、オスプレイの事故率は1105.56で、全機種平均の約41倍、90.4時間に1件と大変危険な機種である。

③米国防研究所の元主任分析官でオスプレイの専門家レックス・リボロ氏は米海軍安全センターがまとめたアフガニスタンにおける米海兵隊航空機の事故報告書について沖縄タイムスの取材に対して
「現地でのオスプレイの利用率の低さと事故率の高さは、恥ずべき数字だ。実戦で使い物にならないことを立証している」と述べている。

■こんな危険なオスプレイの配備訓練には、アメリカ本土では出来ない、又は厳しい制限がある中、安倍政権はアメリカの言いなりになる恥ずべき状態です。まるで、戦後の占領下のままと同じです。
■この安倍政権の支持率が50%を維持いている日本の異常さも信じがたいです。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-19 16:38 | 亭主の日記 | Comments(0)

教育者 必要な条件 違いあり

☆毎年の贈り物
・教え子からのクリスマスプレゼントが今年も届きました。
玄関に飾りお客様に喜んで頂いています。今年は、電気が着く白の飾りです。
c0229433_19422397.jpg
◇テレビで磯田歴史学者と林修が
・先日あるテレビ番組の中で、「教育者としての条件は?」と磯田氏が問うと林修氏は「卓越した知識量と、誰にでも分かる話し方」との答えに、磯田氏も我意を得たりのことだった。
なるほど、大学教授と塾講師らしい見解だと思った。

◇私の見方
・教育は、大学や受験生相手ばかりではありません。保育園から小学校、中学校、高校と発達段階に応じて教育者が求められる資質に軽重がある。
・私の小学校教育での経験からは、
①第一に求められるのは知識量ではありません。一人ひとりの子供の生活環境や健康状態、性格、特性、友人関係を見とること力

②次に、限られた授業時間内で計画的に子供に身に付けさせたい知識や伸ばしたい能力を高める授業力

③授業では、子供を惹き付ける魅力ある豊かな表情(目力も)と表現力豊かな声
☆この事に通じることを能の世阿弥が言っていることでもあります。
☆教え子達が授業での私の熱意に満ちた目力に圧倒されたと、言ってくれたことを思い出しました。
私にとっては、嬉しいことの一つですし、単なる知識量だけでは子供が感化されないと思うところです。

④子供の反応を共感的に受け止める受容力

⑤魅力ある授業にするために、教材研究を徹底的にやって子供が興味関心を持てるような準備をする専門性








[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-17 20:35 | 亭主の日記 | Comments(0)

大島も 安倍政権も 勘違い

☆今年もリース
・クリスマスが近づく時期に、例年プレゼントしてもらうリースを頂きました。
材料は、全部島にあるツルや花や実です。写真にあるように色とりどりの鮮やかなリースです。
c0229433_20201531.jpg

c0229433_20194559.jpg
◇IR法案、国がサキボウ
・安倍政権が観光の目玉にしたくカジノを前提にしたIR法案を強引に通そうとしています。
品格のない法案を数の力で強行採決は許せません。

①人の不幸を前提とする賭事で金を稼ぐのは、暴力団と同じです。世界中でカジノの収益が13兆円/年ですが、日本のパチンコと競馬競輪の公営ギャンブルの売上が29兆円/年もあります。これだけでも日本は世界でもギャンブル天国の国なのです。その上、ギャンブル依存症は500万人以上もいる異常に多い国でもあります。

②観光客を増やすのは、カジノではありません。外国人は日本らしさを求めて日本に来るのです。日本らしい暮らしや風景、もの作り、歴史、文化に魅力と価値を知っているのです。これに応える政策を進める政治がまっとうな生き方です。
観光産業の星野リゾートの考え方を見習ったらどうですか?

③観光客が4000万人になったら、それを受け入れられるだけの魅力ある宿はないでしょう。

◇大島も似ている
・箱ものを造って観光客を呼ぶという古い考え方は、大島も似ています。
①島の貴重な貯金1億円を持ち出してまで、シンゴジラ像を造って観光客を増やそうとしています。維持費が毎年500万円とも言われていますが、その財源は島の一般会計から支出するのでしょう。
②宿泊のお客様に出す地元の魚介類や野菜類が満足にない現状を改善する努力もしないで、お客様に喜んでもらえるわけがありません。
夕食の食材が満足に調達出来ないことを理由にB&Bにしてしまった宿(お客様への誠意ある)があります。
③知り合いの人は、島の宿の夕食を食べるくらいならカップラーメンの方がいいとB&Bにしているそうです。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-12 21:00 | 大島のくらし | Comments(0)

うれしい 古稀の祝い 教え子に

☆サプライズふたつ
・今年の教え子とのクラス会は、私の古稀のお祝いを兼ねてでした。サプライズがふたつ。
①参加した教え子家族が今年の夏に子供3人を連れて遊びに来ました。その時、5年生と3年生の女の子が、夏休みの自由研究で伊豆大島を題材にしました。
・模造紙2枚にまとめたのを写真に撮ったのを持ってクラス会会場にお母さんと一緒に会いに来てくれました。
・泊まったときに大島について、いろいろ質問されたのを上手にまとめてありました。とても好評だったそうです。
・来年の夏も大島に行きたいと言ってくれました。嬉しいですo(^o^)o
c0229433_10005648.jpg
②LINEの映像で乾杯
・二つ目のサプライズは、用事があって参加出来ない仙台の教え子がLINEの映像(スマホ画面に教え子が、此方の参加者が向こうの画面に)で、テレビ電話のように一体感。仙台の教え子の発声の乾杯でクラス会スタート。
c0229433_10011835.jpg
◇毎年、遠くから参加も
・今年41才になる教え子達、それぞれ一生懸命仕事や暮らしをしている話を聞きました。

・日本人の厳しい労働環境を改めて思い知らされました。ある子は1ヶ月380時間も働いた。早朝から帰宅は最終電車という異常な仕事。部長という立場で残業手当もなしとのこと。

・天皇陛下の生前退位に話題が及ぶと、全員が「認めてあげればいいのに。反対する人がいるのが信じられない」でした。自分達の厳しい労働環境からの意見でもありますね。
・昭和天皇の戦争に対する贖罪を粛々としている今上天皇に好意を現している教え子達に嬉しくなりました。

□年末の忙しい時期に集まってくれた教え子に感謝です。来年の再会を楽しみに!


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-11 10:30 | 亭主の日記 | Comments(0)

11月21日 ブログの その後

□神対応 いやいや デビル対応⇒その後
・土砂降りの中を傘もない乗客を100M位先のジェット船に平気で乗せた東海汽船に、反省と改善を求めた回答がありました。
c0229433_11182947.jpg
▼社長に説明
・竹芝の東海汽船事務所から大島の責任者と本社に、私の苦情内容が報告されたようです。
大島の責任者が本社で説明をして、これからの対応を確認したとこのとです。

▼大島の責任者から
・大島の責任者Tさんと先日会った折り、説明を受けました。
①傘の貸出しは以前やっていたが、返却率がほぼ0%だったので、ちょっと難しい。
大島だけでの対応になると、他の島との兼ね合いもありちょっと難しい。
②当日、係員が乗客に事情の説明をしていなかったので、余計に不満不信が増したので、その場でのきちんとした説明をするように指導していく。

▼残念な話
・説明をするのに、係員の性格(島の人間は口が重い苦手)もあるのでと言うのです。
それを聞いて、思わず「性格でなく、仕事でしょう」と言いました。




[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-10 11:38 | 大島のくらし | Comments(0)

安倍外交 独り善がりで 笑い者

☆幸せの黄色の花
・ツワブキの黄色い花が庭や家の前の道路脇に沢山咲いています。
ツワブキの花が好きな妻が、ツワブキの種を毎年蒔いていたのが、漸く実って来たようです。
c0229433_19303273.jpg
□世界の笑い者、安倍首相
・独り善がりで、世界の流れを読めていない安倍首相は、外交で空振りばかりです。
①他の外国首脳が慎重に出方を見ているのにトランプ次期米国大統領に、ひょこひょこ会いに行きTPP批准を期待するなど、軽薄な外交振りでした。
結局、トランプ氏は「就任初日にTPPからの離脱を宣言する」と宣言された。

②フィリピンのドゥテルテ大統領は、日本より先に中国を訪問し習近平国家主席と会い、巨額の経済支援を取り付けた。
安倍政権の目玉だった中国包囲網の南シナ海での中国の主権主張を否定した仲裁裁判所の判断までも、ドゥテルテ大統領は全く問題にしなかった。
フィリピンに巡視船などを供与していても効果なし。

③ベトナムへの原発輸出が頓挫した。これは、原発の安全不安が原因であった。ベトナムだって、日本の福島第一原発事故の酷さとその後の
終息の見通しのなさを見れば当然でしょう。

④北方領土返還の期待を持たせたけれど、プーチン大統領に適当に扱われ、領土返還は全く問題にならない。
私達素人が考えたって、領土返還は無理と分かる。外交センスのなさは、世界の失笑を買っている。

▼外交でも酷いのに、安倍政権の支持率が60%とは、日本人の無知さが露呈している。


[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-05 20:07 | 亭主の日記 | Comments(0)

目通しない 観光振興 効果なし

☆イズノシマダイモンジソウ
・庭にイズノシマダイモンジソウが咲いています。何年か前に、頂いてきたものです。
大島固有の植物の一つです。
c0229433_15251344.jpg
◇何故?貴重な貯金を
・島の11月の臨時議会の補正予算案で、ゴジラ像制作費が1億円増額しての1億9千万円で可決されました。

▼この決定の問題点
①本年3月の時点では、約9千万円(内国の交付金8千万円)でしたが、町の「財政調整基金」から1億円を使う。
この基金の使い途は法律と町の条例で決まりがある。
1.経済事情の著しい変動等で財源が著しく不足したとき
2.災害により生じた経費の財源又は災害で生じた減収を埋めるため
3.緊急に実施が必要な大規模土木その他の建設事業の経費、その他やむを得ない理由で生じた経費の財源に充てるため

・今回のゴジラ像制作は観光振興であるから、上記の使途の何処にも該当しないのは明らかである。行政が使う常套手段で言えば、「その他やむを得ない理由」としかない。
・こういう予算の使い方は、国の予算の使い方ではよく見られることである。目的外でも屁理屈付けて血税の税金を使う国のやり方を市町村も真似しているだけ。

②観光振興と言いながら、ゴジラ像制作に町の観光協会や商工会は、全く関わっていないこと。勿論、町民はかやの外である。

☆ほかに有効な使い方があるでしょう!
・妻が委員として関わっている図書館建設です。大島の図書館の貧弱なこと余りにも有名です。蔵書が古く少ないこと。年間の図書費(消耗費と備品費)たったの50万円です。
この金額を見れば、大島の文化度の目安が分かるでしょう。

□観光振興ならもっと地道な取り組みが必要です。
①観光客に笑顔で丁寧な対応を出来るようにする。
②綺麗で気持ちのいい宿泊施設を用意する。
③地元の魚や野菜を食事に提供出来るようにする。
等々、つまり、これらのことが出来ていないのに、お客様は来てくれませんと言うことです。
もっともっと地道な努力をすることです。
☆我が家に泊まった方々も共通して言うことです。



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-12-01 16:03 | 大島のくらし | Comments(0)