ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

役人甘い汁 奨学生苦い汁

□空き缶誰が
c0229433_15443460.jpg
・妻と散歩しながら久し振りに空き缶を拾いました。飛行場脇の道路で200~300m歩いただけで、これだけの空き缶です。
この道路は観光客などは殆ど通りません。誰が捨てたのか想像出来ます。困ったことに、空き缶の中に煙草の吸い殻が入っているので、出すのに一苦労しました。
空き缶拾いをした2~3日後に、同じようなところにまた空き缶が捨てられていました。観光の島が泣きますね。

◇何とも矛盾した怒らずにいられず
・東京新聞の見出し、21日は「出向」の名で「天下り」か
「復職翌日に再就職 8年で26人」

翌日22日は「強制執行 10年で120倍」
奨学金返還「人生のリスク」

■役人天国甘い汁
・21日、国家公務員の再就職規則が変わった2008年末から昨年9月末までに文科省の管理職経験者26人が大学などへの「現役出向」から戻った当日に文科省を退職し、翌日に大学に大学などに再就職していた。

①文科省退職金(多分早期退職で割増)が入り、直ぐに年収1000万円以上の教授におさまるという。そこを退職するときには、またかなりの退職金が入るということ。
②知り合いの私大大学教授は、週3日勤務で年収千数百万円と自慢気に話していました。勤務のない日は、全くの自由です。

▼天下り天国は、文科省だけではないでしょう。他の省庁でもあると想像出来ます。まさに氷山の一角。これらの是正に後ろ向きな安倍政権は、官僚と馴れ合いの政治と言わざるを得ません。

◇奨学生苦い汁
・日本学生支援機構から奨学金を借りた人が返せなくなり、給料の差し押さえなど強制執行にまで進むケースが急増している。
・2005年度には4件だったのが、2015年度に120倍超の498件になった。就職出来なかったり、低賃金が続くことが大きく影響している。

・政府は17年度予算案で給付型奨学金の新設を盛り込んでいるが、余りにも少なさ過ぎて学生の約半数が奨学金を貰っている現状を救うことにはならない。
教育に国が使う予算の少なさは、先進国で最低の日本です。将来を背負う若者に投資しない国に明るい未来は訪れないでしょう!

▼安倍首相夫人が名前を掲げる森友学園への国有地払い下げでの、8億円優遇のニュースを何と見るのか、安倍首相は誠意あるコメントをするべきでしょう!

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-23 11:39 | 亭主の日記 | Comments(0)

やはり そうだったのか! 産経は 第2弾

☆大根育つ
・今月に入り大根が大きくなって大喜びです。知り合いにお裾分けして喜ばれています。
c0229433_18573771.jpg
捏造記事でどうするの?
・安倍政権を支える新聞の一つの産経新聞の捏造記事の具体例を紹介する第2弾です。
①2013年10月10日
「産経」の世紀の大誤報!「村上春樹氏ノーベル賞」受章記事。号外で。
②2015年5月22日
「秋田空港が救難機以外の自衛隊機の着陸を拒否している」ため、東北で「ブルーインパルス飛行縮小」が余儀なくされているかのように報道。だが実際は、同空港は戦闘機の訓練だけ禁止され、他の自衛隊機の発着実績があった。
③2016年2月11日
「『茨城のシールズ』建国記念の日に街宣 北ミサイルは『北と中国、米国がグル』」と報道。だが街宣したのは別の団体で、『茨城のシールズ』も存在せず。これらの国が「グル」だという「仰天の発言」をしたことを、シールズSEALDs叩きに利用しようとしたのか。
④2016年4月22日
熊本地震に支援活動で出動した米海兵隊のオスプレイMV22について、「米当局が明らかにしたMV22のクラスA事故率は1.93で」、「この数字は大韓航空や中華航空よりも低いという」と記載。完全な事実無根で、すぐ記事は削除された。
⑤2016年5月3日
憲法憎しからか「9条の下では、空自衛隊機から領空侵犯機を撃つことができない」とし、「9条が羽交い締めにしている」と批判。だが、自衛隊機は領空侵犯機の武器使用は認められ、1980年代に空自衛隊機が旧ソ連機に警告射撃した事例もある。

■安倍政権を批判する人を一まとめにして『反日』の烙印を押し、個人や団体を攻撃する産経新聞は目に余る。
安倍政権を批判する人間は必ずしも「左派」の政治的スタンスをとっている訳ではない。自由主義や個人主義や全くの一市民でもある。
産経新聞が「反日」のレッテルを貼るのは、戦前の「非国民」と同じ意味を持っている恐ろしさを感じる。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-21 19:34 | 亭主の日記 | Comments(0)

やはり そうだったのか! 産経は

□カラーは新緑
・5月か6月に白い花を咲かせるカラーは、寒さに負けずに大きな葉を広げています。
半日陰で湿気があるところです。
c0229433_21392760.jpg
▼やっぱり捏造記事、産経新聞
・私はこれまで、安倍政権寄り、または擁護する立場の産経新聞をブログで何回か批判してきました。
今回それを裏付ける具体記事を「週刊金曜日」がまとめてくれました。10例あり紹介します。

①2005年4月15日
・地球環境大賞授賞式の記事で、秋篠宮の「フジサンケイグループが…『環境』と『経済』が両立する持続可能な社会の実現に向けて、ますますその役割を深めていくことを希望します」という、実際に言ってなかった「おことば」を勝手に掲載。
②2011年3月16日
・阿比留瑠比氏が、辻元清美衆議院議員を「阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいた」と批判。別の記事で、カンボジアで自衛隊員に「コンドーム持っているでしょう」という「言葉をぶつけた」と書いた。同議員が「事実無根」と名誉毀損で訴え、勝訴。
③2012年7月23日
・陸上自衛隊が都内23区の防災演習を実視した際、11区が市民からの自衛隊に使わせるなという申し入れで「協力拒否」と報道。24日付「産経抄」では「自衛隊員の心情を思うとやりきれない」とある。こうした事実はなく、11区からの抗議で「おわび」することに。
④2013年8月7日
・産経新聞社説の「主張」で、旧社会党衆議院議員出身の秋葉忠利前市長は、恒例の8月の「平和宣言」で「北の核問題には全く触れず」とある。だが秋葉市長時代に「平和宣言」は13回に及んだが、うち4回が北朝鮮に言及し、核兵器廃絶を訴えている。
⑤2014年5月31日
・安倍首相がシンガポールでアジア安全保障会議で講演した際、1面で「首相の靖国参拝、会場に賛同の拍手」という見出しが。しかし拍手が起きたのは「平和国家として歩む」と発言した際で、「靖国」は何の関係もなかった。

□後の4例は、明日掲載します。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-20 22:19 | 亭主の日記 | Comments(0)

じり貧? 消滅? 島の将来

■島の将来は?
・写真は、庭から見る照葉樹の大島。冬の枯れた木々とか紅葉は、ほとんど見られません。
景色的には、四季をあまり感じないところです。
c0229433_13583844.jpg
高齢化進む
・私達は70才を迎えて、今までのように無理が効かなくなりました。3月末で宿泊を一次休止することにしました。
これに似た話をあちこちで聞きました。

①近くの居酒屋さんが健康の理由から店を閉めた。
②同じく近くのお寿司やさんが、御主人の不幸で店を閉めた。
③しっかりしたペンションも高齢化から2日営業して1日休む。
④もう一軒のペンションも月曜火曜水曜日を休み、残りの4日営業する。
⑤島らしい食材集めに疲れたので、夕食なしにした宿泊施設。

▼知人友人が来たときに、紹介したいと思える宿泊施設はなくなったり、縮小したりになりました。
「観光振興」と何かの一つ覚えのように掲げる行政や観光関係者は、このような現実を見ているのでしょうか?
日帰り客は増えているようですが、宿泊のお客様は増えません。島の経済が潤うことにはなりません。
島らしい食材が揃わない実態にも手を打っていませんし…。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-19 14:22 | 大島のくらし | Comments(0)

経済を 衰退させた アベノミクス

◇常緑樹の島
・島は、椿等のような常緑樹が多く覆っています。紅葉がほとんど見られず、葉が落ちて寒々とした木々もあまり目につきません。
・家の居間からの景色です。画像アップが上手くいきませんので、以前アップした蕗のトウを載せます。
c0229433_15473166.jpg
数字でわかる
・週刊金曜日の「数字でわかる!日本経済を衰退させたアベノミクス」から引用します。
・統計資料の数字は、総務省や内閣府や『フォーブス』等からです。

・2012年12月に発足した第二次安倍政権は「デフレ脱却」「2年で物価上昇率2%」を掲げて「アベノミクスをふかし」続けてもう4年が経過した。ところが…。
①消費者物価指数は9ヶ月連続でマイナス
・2016年 前年同月比マイナス0.3~0.5で推移
これだけでもアベノミクスの失敗は明らか!

②国民一人当たりのGDPが過去最低の20位に
・2012年 48,622ドル OECD11位
・2013年 40,477ドル OECD19位
・2014年 38,177ドル OECD19位
・2015年 34,522ドル OECD20位
実質GDP成長率でも民主党政権下の3年間より、アベノミクスの3年間の方が低成長。

③大企業の内部保留と実質賃金
・実質賃金2011年を100とすると、アベノミクスの2015年は94.8と、5%は減少。
・大企業内部保留2011年は268兆円が、2015年
313兆円

実質賃金はデータのある26年間で最低を記録している。アベノミクスは失敗。

④アベノミクスによる貧困と格差の拡大
・貯蓄ゼロ世帯 2012年 1361.2万世帯 27.9%
毎年増え続け2016年1788.6万世帯 35.5%
・富裕層上位40人の資産額
2012年 7兆6605億円
2016年 14兆5103.3億円
結局、アベノミクスは大企業の利益最優先⇒賃下げ・社会保障削減⇒家計冷え込む⇒消費低下⇒日本経済落ち込む、経済の悪循環を作り出した。

⑤アベノミクスで富裕層・大企業・自民党に富が集中
・2012年を100とした場合の2015年の推移
自民党への企業・団体献金 169(約70%増)
大企業の経常利益 155(55%増)
軍事費 109(約10%増)

貯蓄ゼロ世帯 127(約30%増)
過労等による「心の病」 121(約20%増)
正規労働者数 96(4%減)
家計消費支出 94(6%減)
国民一人当たりのGDP 71(約30%減)

■①~⑤のきちんとした資料を見れば、小学生でも言います。『アベノミクスは失敗』


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-15 14:58 | 亭主の日記 | Comments(0)

島特産 アシタバ危機的 キョン憎し

■アシタバ全滅
・我が家の隣のアシタバがキョンの被害を受けてます。30cm位のアシタバの葉がことごとく食べられています。
c0229433_15202733.jpg
c0229433_15205189.jpg
◇不思議な現象
・キョンは、ある程度の高さのアシタバの葉を食べています。新芽の柔らかな美味しいのは、地上10cm位で食べられていません。
・キョンは地べたの物は食べない習性があるようです。
c0229433_15210940.jpg
▼キョンの被害、行政は動かず、やっと
・知り合いのアシタバ農家の方の話です。キョンの被害を町役場に訴えたが、何もしてもらえず、支庁(東京都出先機関)に責任を取ってと訴えたが(キョンは島の都の動物園から逃げて野生化した)どうにもならなかったそうです。
・その後、正式な文書をもって東京都に訴えたところ、キョンを防ぐネットを張ってくれた。

▼アシタバ農家壊滅的
・キョンに2度葉が食べられると、眼前に枯れてしまうそうです。キョンを防ぐための労力は大変なもので、疲れきってしまうそうです。高齢化が進むのもあって、アシタバ栽培を続ける気力が失せて、辞める人が次々という状態とのことです。

■このままで行けば、島の特産アシタバはなくなってしまうと話してくれました。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-14 15:42 | 大島のくらし | Comments(0)

安倍 トランプ そっくりさん

☆囲碁手習い
・以前から囲碁には興味がありました。日曜日のNHK囲碁番組を見ていましたが、基本的なことを習ったことは一度もありませんでした。
・近所のアマ6段の方に教えてもらうとこになりました。70才の手習いです。月に2回ほどお邪魔して教えて頂きます。
c0229433_10420263.jpg
◇ジョージ・オーウェル1984
・トランプ政権になってから、アメリカでは「ジョージオーウェル1984」の小説が売れているそうです。
・1948年に書かれた小説で、国民の思想心情や事実などを国家がコントロールしてしまう全体主義的世界が地球を覆い尽くされた時代を表しています。詳しくはネットで検索してみてください。
・トランプ大統領の言動が正に同じような危険性を表しているのを、多くのアメリカ国民が感じているからでしょう!

▼トランプ大統領の例えば
・分かりやすいのが、オルタナティブ・ファクト(もうひとつの事実)ということです。
①選挙中のトランプ大統領の演説の約70%が嘘か事実ではない。(アメリカのきちんとした機関の分析)
②大統領就任式での参加者は、オバマ大統領の時より圧倒的に少ない(写真で比較できる)のにかかわらず、多かったと発表する。
③大統領就任前に新たに130万人の雇用を生み出したと、事実にないことを発言をしている。

■本当の事実を覆すことをする。
・貧しくなると、強く短いフレーズで演説されると、信じてしまう習性があるようです。歴史的にも証明されています。ヒットラーも戦前の日本でもあり、戦争に突入しました。

▼安倍政権もトランプ現象そっくり
・安倍政権は、新聞(産経読売を中心に)やテレビ等をコントロールして、本当の事実を覆すようにしていると思います。
・その上、ネット等でもネット右翼と言われるところから無責任な(本当の事実を覆すこと)情報を流させているように思えます。
①自衛隊が「戦闘」と記述していても、「憲法九条の戦闘とは違う」等と、「もうひとつの事実」を作り上げてしまうという恐ろしさです。
②アベノミクスが如何に破綻しているかも、本当の事実を覆すようにしています。
この事は、次回のブログで国の統計資料を基に証明します。

■世界は見ている
・トランプ大統領と安倍首相がそっくりだと。



[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-13 11:18 | 亭主の日記 | Comments(0)

ぺてん師 アメリカに行く

☆蕗の薹
・1週間前くらいから蕗の薹が形になっていました。お客様へ天麩羅でお出ししています。春の独特の苦味が何とも言えません。
・蕗味噌も作り、茹で大根に添えました。
c0229433_15473166.jpg
▼国民欺く安倍政権
・しっかりした報道をする東京新聞が、安倍政権が多用する巧妙な言い回しの数々を記事にしました。

①稲田防衛大臣が自衛隊の日報で「戦闘」と記述してあることを『一般的な意味の戦闘だ』『憲法九条に関わる戦闘行為ではない』と、信じられないくらいの屁理屈をいけしゃーとのたまう。
普通世間では、こう言うのをぺてん師と言う。

②安倍政権の呼び方
・安全保障関連法案⇒平和安全法制
・カジノ解禁法⇒統合方リゾート施設(IR)整備推進法
・年金制度改革関連法⇒将来年金確保法
・オスプレイ大破⇒オスプレイ不時着
・共謀罪⇒テロ等準備罪


③オリンピック誘致でのぺてん師演説
・福島第一原発事故での汚染水について、『完全にコントロールされている』と嘘っぱちの演説をしてオリンピック誘致に成功した。
・その後から現在まで、汚染水が全くコントロールされていないことが東電からも報告されている。



[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-10 16:07 | 亭主の日記 | Comments(0)

哲学なし 軽率免れぬ 安倍首相

☆河津桜
・報告が遅くなりました。飛行場取り付け道路脇の河津桜が1ヶ月位前から満開状態でした。
例年より下草や蔓を綺麗に刈っていたため、鮮やかな河津桜が楽しめています。
・ちょっとやる気を出せば、観光資源として目玉の1つになりますね!
c0229433_11183898.jpg
c0229433_11190195.jpg
▼トランプ大統領とゴルフ?
・安倍首相が訪米した翌日に、トランプ大統領とプライベートゴルフの予定が報じられています。
・オーストラリア首相に捨て台詞を言って電話を切るような非人格者的態度をとったり、一部国籍をもとに入国禁止の大統領令を発したり等々、人権無視や民主主義を否定するようなトランプ大統領と親密な関係を取るのは、世界標準からして異質でしょう。
・Twitterで事実に反するようなことや人権を踏みにじるようなことを呟く大統領と仲良しになろうとするのは、安倍首相も同じ人種と世界中にアピールしていることです。

◇珍しく諫言するコメンテーター達
・今回のトランプ大統領とのゴルフについて、常に政権よりの発言をしていた政治アナリスト達でさえ、「やめるべき」と諫言している。
珍しくまともなことを言うと感心しました。

☆ご心配をお掛けしました
・ブログが2ヶ月近く更新してなく、いろいろな方から「何かあったの?」等との連絡を頂きました。ちょっとした心配事がありましたが、一段落しましたので、ブログ再開しました。
宜しくお願いします。









[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-09 11:52 | 亭主の日記 | Comments(0)

尊敬しないが 懐が深い

◇枇杷の摘果
・この時期、枇杷の実が子供の小指の先程になりはじめています。昨日から1回目の摘果をしました。
c0229433_20302069.jpg
◇指先で弾くようにすると、しっかりした実以外は簡単に落とせます。摘果ビフォーアフター
c0229433_20324952.jpg
c0229433_20330781.jpg
◇トランプ大統領令の一時停止
・難民やイスラエル圏7か国からの入国を制限した大統領令の一時停止を命じたワシントン州シアトルの連邦地裁決定があった。
・その後、トランプ政権が決定を不服として連邦高裁に上訴したが、連邦高裁は政権側の訴えを退けた。

☆アメリカの懐の深さ
・アメリカの司法は、人権をきちんと認め、国が混乱しないことを含め、大統領であろうとも司法として自立した判断を下した。少なくとも日本より三権分立が機能していることが分かった。

▼もし日本なら司法が政権に屈する
・日本で同じようなことが起こったら、日本の司法はどのような判断をするだろうか?
・まず間違いなく日本の地裁も高裁も最高裁もこう言うだろう!
『入国禁止という措置は、高度な政治的なことで、司法が判断するのは馴染まない』などとして市民側の訴えを退けると思う。

▼日本の司法は、政権側に寄る
・日本の政権(戦後の自民党政権)は、特に最高裁を配下に置いていると考えられる。
・例えば、自衛隊機や米軍機の夜間飛行の禁止の訴えを棄却している。国民の健康を守るより政権側の主張を認める司法である。

◇アメリカを尊敬しないが、多様性や人権を尊重して立ち上がる国民がいることと、司法も政権に屈しない懐の深さがあることは認めたい。
拍手を贈りたい!!!








[PR]
by gorongoronisomura | 2017-02-07 21:10 | 亭主の日記 | Comments(0)