ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

共謀罪法案の廃案を求める市民の集い

◇共謀罪法案の廃案を
・特定秘密保護法はじめ安保法制に続き、安倍政権の独

裁強権政治は目に余る暴走です。

・今日、日比谷野外大音楽堂で「共謀罪法案の

廃案を求める市民の集い」に参加しています。

妻と娘と昔の同僚と5人で来ています。

ただただ黙っているのは、安倍政権を認めてし

まうことになるので、ともかく反対の意思を示

そうと会場に来ています。

・会場は一杯で、入れきれない人々で周辺は人

人人です。
c0229433_18482127.jpg
c0229433_18484123.jpg
c0229433_18490553.jpg
◇これからデモ行進です

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-31 18:50 | 亭主の日記 | Comments(0)

菅原匠さんの 個展へ

◇圧巻の作品
・昨日、大島在住の藍染め作家菅原匠さんの個展、銀座松屋に行って来ました。
・藍染めと焼き物が訪れた人々を魅了していました。
c0229433_13080850.jpg



◇見てはいたが
・大島の菅原先生の工房で、作品は見ていましたが、改めて会場で見ると、やはり「素晴らしい」「凄い」の言葉になります。
c0229433_13082326.jpg
☆友人に会う
・会場で、20年以上前に一緒に仕事をしていた人と会いました。
その方は、私が大島に転勤してから何度か島に来てくれていました。
・久し振りの再会で、妻と3人で何時間かお喋りをしました。
c0229433_13083805.jpg
☆白洲正子さん絶讚のデッサン力は有名☆


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-31 13:20 | 亭主の日記 | Comments(0)

ビワ すずなり 美味しいよ

◇ビワすずなり
・甘い美味しいビワがすずなりになりました。
なり始めて3年目、年々沢山取れるようになりました。
・お店に出しても遜色ない位です。
c0229433_10291749.jpg
▼摘果したのが、下にゴロゴロ
c0229433_10304835.jpg
■島の観光衰退の一途
・三日前に食事にみえた島の民宿の方が、「元町の宿泊所は高齢化が凄く、後数年で次々に閉じていく」と、更に「何処も後継ぎがいないから駄目だね」と。
・このままなだと、「5~600人規模の宿泊者受け入れのイベントが出来なくなる」とも。

■危機感希薄
・町も観光関係者も、観光新興を掲げていますが、それを支える基盤整備に力を入れているとは思えません。
・2020年の東京オリンピックパラリンピックに大勢の観光客と目論んでいるようてすが、その頃には衰退のスタートラインでしょう。
・観光客に提供する地物の魚や農作物が、どんどん手に入らなくなっているのを何とかしなくては駄目でしょう。それが原因で、夕食を止めているペンション等がありますから。
我が家もその一つです。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-30 10:47 | 大島のくらし | Comments(0)

独裁安倍政権 共謀罪

☆夕日に「あっ」
・昨日、久し振りに綺麗な夕焼けを見ました。
台所で夕食の用意をしていた妻が「夕日が凄い、見に行こう」と言うので、直ぐに車2分程の海岸へ行きました。
・伊豆半島に沈む夕日が、空に残る雲を茜色に染めていました。

c0229433_15465719.jpg
c0229433_15471679.jpg
■共謀罪の本質
・共謀罪法案は、テロ防止の必要性とは全く関係ない。
・日本はすでに13ものテロ防止関連国際条約に加盟した上に、それに対応する国内法も整備されている。
「この法案がないと、テロ防止が出来ない。オリンピックも開けない」の安倍首相の言葉は、まったく嘘。
・「テロ等準備罪」とは名ばかりで、法案の条文には「テロ」の文字はどこにもない。
・必要!必要!と煽っているのは、御用新聞の「読売新聞」「産経新聞」で安倍政権のスポークスマンになっている。

▼議論をしない安倍首相
・安倍政権が進める共謀罪について、国連の特別報告者ジョセフ・ケナタッチが「プライバシーに関する権利と表現の自由への過度の制限につながる可能性がある」という懸念を示す書簡を安倍首相宛てに送った。
・ケナタッチが指摘するのは「組織的犯罪集団」や「準備行為」の定義のあいまいさである。これでは捜査当局によって恣意的な適用が可能であり、問題が多いという。

◇この指摘にきちんと向き合うことをせず、私的な意見として取り合わない失礼な対応をした。都合が悪くなると、問答無用な対応は、国会でも頻繁に見られる。全く、国連や国民を馬鹿にした独裁者安倍首相である。









[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-29 16:19 | 亭主の日記 | Comments(0)

似た者 権力集中

☆よく咲いた
・去年、島の寺田さんから頂いた鉢植のアマリリスを地植にしました。
・大した世話をしたわけでないのに、見事な花が咲いたのです。
c0229433_21370850.jpg
▼よく似た者でしょう!
・経済政策が失敗している安倍首相は、最近「アベノミクス」のことは一言も言わなくなりました。
・内政で上手く行かず国民に知らせたくないときの常套手段が、外に目を向けることです。
■権力集中の弊害
・歴史的に独裁者は、合法的に国民を思考停止状態にします。一般国民だけでなく、側近を含め議員や官僚をイエスマンで固めます。
・北朝鮮の金正恩、アメリカのトランプ大統領、ロシアのプーチン大統領、日本の安倍首相、よく似ていませんか?

◇日本に欲しいコミー長官
・アメリカFBI長官コミー氏は、トランプ大統領に忠誠を誓えと言われても「拒否します。正直にやります」と答えたと伝えられています。
・一方、日本はどうでしょう。安倍首相と昭恵夫人が関わったとの疑惑がある「森友学園」や安倍首相と永年の友人に便宜を図ったとされる「加計学園」等、ズブズブの灰色でしょう。
関わる官僚は誰一人正直に、国民に説明出来ていません。
・官僚は、国民のために仕事をせず、安倍首相のために仕事をしているとしか思えません。
▼こんな安倍首相、安倍政権でも
・「アベノミクス」が失敗、稚拙な「テロ等準備法案」(共謀罪そのもの)を強行採決に向かう等独裁者同然の政治をする安倍政権の支持率が落ちない不思議。
・日本人が思考停止状態になってます。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-17 22:19 | 亭主の日記 | Comments(0)

雑草の 気力体力 衰えず

☆アンデスアヤメ咲いた
・今年もシンプルで質素気品溢れるアンデスアヤメが咲きました。一日花なので、午前中だけの花です。明日から毎日見つけるのが楽しみです。
c0229433_10272993.jpg
◇50年前に最高リーグに参加
・若い時、汗と泥にまみれた練習と試合を共にした仲間と一年一回の飲み会をしました。
50年位前、高校や大学での経験なしの素人集団のアメリカンフットボールチームの仲間です。
当時、日本で初めての社会人アメリカンフットボールリーグ(6チーム)に参加しました。私達以外の5チームは、大学や高校の経験者、駐留米軍兵士等の凄いメンバーばかりでした。

・我チームは、私を初め下町の職人・工員やタクシー運転手等で夜の河川敷で泥にまみれ練習していました。

☆70才でも頑張り
・今年の話は、今も若い人に混じって元気に仕事をしていることで盛り上がりました。
・それぞれ、昔に身に付けた技術で、若い人に「凄いですね」と言われる仕事をしているとちょっと誇らしげでした。
・そのもとにあるのが、素人が当時のトップに立ち向かうために汗と泥にまみれた練習に明け暮れた時に培われた体力気力だと、みんなで再確認しました。
・もう一つは、言われた仕事をするだけでなく、自分の技術を精一杯使っていい仕事をするこだわりがある、綺麗事かも知れないが「愛情」だよねと、声が大きくなりました。
*市井(しせい)の70才前後の男達が若い頃を思い出して、今を精一杯生きている話を熱く語り合った二時間でした。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-16 11:04 | 亭主の日記 | Comments(0)

お馬鹿 ばかりの 自民党議員

☆魅力一杯鮮魚
・赤羽駅高架下にあるスーパーマーケットの角上魚類は、見るからに新鮮な魚で、種類も多く
その上安い、もう一つ直ぐに刺身でも煮付け焼き物にも捌いてくれます。
・店の前は、黒山の人人人です。
c0229433_18534101.jpg
c0229433_18541355.jpg
■国会審議でわかる能力なし議員ばかり
・「共謀罪」の審議で質問に答弁する金田法務大臣の様子を思い出して下さい。
・小学生が先生に質問され、答えられない姿そっくりです。小学生にも劣る似ても似つかない情けない姿の議員ですよ。
・その他、女性問題や長靴業界が儲かるや東日本でよかった等々、お馬鹿な自民党議員がゴロゴロいるでしょう。
・日本の大人が選挙で選んだ議員が、あの様ですよ。結局、日本人のレベルがいかに低いのかの象徴です。情けない極みです。

▼同レベルは一杯の自民党議員
・金田法務大臣と同じ程度の稲田防衛相、官僚に教えてもらわないと答えられない低レベル議員ばかり。
・安倍首相を筆頭にお坊ちゃんお嬢ちゃんの二世三世四世議員が大多数占める自民党ですよ!

*いい加減に目を覚めないと、思考力のない与党議員のよる破滅に向かう日本になりますよ!
安倍首相に権力を集中した「つけ」で、多くの国民は不幸になりますね。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-14 19:15 | 亭主の日記 | Comments(0)

安倍 極右 明治憲法へ

■目指す憲法は
・憲法記念日に安倍首相を支える人達は、現行日本国憲法を明治憲法に代えようとしている。
・NHKが放映した番組で明らかになったのが、天皇中心で国民の権利を制限した明治憲法を理想にしている。それは、国民は天皇の臣民としたものです。
c0229433_21133744.jpg
歴史を曲げる安倍
・明治憲法は、日本国2000年の歴史の天皇を中心としたものであると。
・それは嘘でしょう!名目天皇を担ぎ上げた貴族政治、その後は武士による政治、260年続いた江戸時代は天皇は飾り物で徳川幕府の政権。実態は各藩による地方分権に近いものでした。
・明治憲法は、たかだか80年位の歴史しかないもので、天皇陛下の為に命を捧げろとしたものです。

☆300万人以上が亡くなった戦争の贖罪にアジア各地を巡り、平和を希求する今上天皇にとって、安倍首相一派が進める明治憲法への回帰は苦々しく思っているでしょう!

▼「家族を大事に」「日本の伝統を大切に」等と安倍首相改憲派は言っているが、現実の日本は「結婚したくても収入が少なく出来ない」「子供を産みたくても育てられない状況」を改善できない反省なし。
□やることは簡単なことです。今の日本国憲法にある安心して暮らせる最低限の生存権を保障する政策(予算の裏付け)をすれば、「家族が出来」「日本を誇りにする」ようになりますよ。
□憲法を代えるより、法律と予算化で高等教育無償化は出来ます。安倍自民党は、民主党時代に「高等教育無償化」に反対したのですよ。それが今になって、手のひらを返したように憲法改正のひとつに入れる厚かましさ、「嘘つきは平気」の安倍首相の得意技ですからね!

☆安倍首相の本質を見抜けない国民が、一番の問題なのかも。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-08 21:46 | 亭主の日記 | Comments(0)

初めての GWの 渋滞

■1kmを約一時間
・20年以上前に二人の母親と家族で箱根に行ったきりGWに出掛けたことがなかったのですが、今年娘と南八ヶ岳花の森公園に行きました。
・清里ラインを行くと、車の渋滞にはまりました。殆ど止まった状態で、1km進むのに一時間以上掛かり諦めでした。
・花の森公園に近付くと、入れない車が延々と続いているのが分かりました。公園の中は、いろいろなイベントや道の駅、鯉のぼりが何百匹も泳ぐなど、一度入れば何時間も楽しめそうな場所です。
・道路から会場内の駐車場に着くまで、かなり時間が掛かりそうなので諦め、甲斐大泉方面に向かいました。

☆富士山を望むパノラマの湯
c0229433_10555614.jpg
・昼を済ませ、甲斐大泉パノラマの湯に入りました。GWだけにここも沢山の人人人、露天風呂から富士山がくっきり見えるいい所です。
露天風呂の下には、テニスコートで楽しむ親子連れがいました。


[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-07 11:03 | 亭主の日記 | Comments(0)

流石 若大将 声も

☆加山雄三&阿川泰子コンサートへ
・1日、有楽町国際フォーラムAフォールでのコンサートに行きました。
c0229433_20474584.jpg
□80才とは思えず
・5000人が入るフォールの2階席でしたが、両脇のスクリーンには、トークと歌う姿の加山雄三さんが映し出され臨場感は十分味わえました。
・これまで加山さんは、好きと言うほどではありませんでしたが、昔聴いていた歌声と変わらない声量で素晴らしい響きに、うっとりしました。
・観客を見回すと、70才以上の人達ばかりです。加山さんのトークも同世代に身近に感じ、和やかな雰囲気でした。
c0229433_20475850.jpg

☆妖艶な阿川泰子さん
・阿川さんは、よく知っている映画音楽を歌ってくれ、お洒落な時間をつくってくれました。
ドレス姿で英語で艶っぽい雰囲気を漂わせていました。
・やはり、生はいいですね!

■高齢者の観客
・終演してお客さんが出口に向かう様子は、ご老人の集まりという感じでした。階段を下りる人達の殆どは、手すりに掴まり一歩一歩ゆっくり前屈みで、手を添えてあげたくなる様子でした。
・何年後かの自分かなと、思わずぎょっとしました。

[PR]
by gorongoronisomura | 2017-05-03 21:26 | 亭主の日記 | Comments(0)