ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

DIYで クーラーなしに

□取り付け玄関網戸
・明野でも、日中の暑さは厳しいものです。エアコンがありませんので、風の流れを良くすることを考え玄関とベランダ口のドアを網戸にしました。
・近くのホームセンターで川口技研の製品を買い2ヶ所で23,000円で取り付けました。説明書を見ながら一人でゆっくり2日掛かりました。
c0229433_09514954.jpg
▲玄関外から見ると
c0229433_09520147.jpg
▲室内から網戸の下レール
c0229433_09522605.jpg
▲外から見る上レール

☆風が入るだけでなく、網戸を通して外の景色が見えて気持ち良くなりました。

[PR]
# by gorongoronisomura | 2018-07-15 09:57 | 亭主の日記 | Comments(0)

もしかして 暴走する 自衛隊ー1

☆小さな畑で
・大島では340坪余りの敷地でしたから、畑もそれなりに楽しめましたが、こちらでは100坪余りの敷きで畑はほんの小さな広さです。
・それでもミニトマト、中玉トマト、普通のトマトが各1本とオクラが3本とピーマン4本にキュウリ2本がひしめきあっています。
c0229433_11211793.jpg
▼シビリアン・コントロール
・通販生活2018盛夏号の「シビリアンコントロールを自衛隊は本心から受け入れるのだろうか。」に対する立場の違う四人の考えを抜粋して4回に分けて送ります。

1 五百旗頭真(いおきべ・まこと)
元防衛大学校長、兵庫県立大学理事長

□シビリアンコントロール(文民統制)とは、国民によって選ばれた政治家(政府)に軍人が服し、政府の判断に従って行動することですが、日本の過去の歴史を振り返れば文民統制の重要性を顕著に示す事例がたくさんあります。

□たとえば、1928年に満州で起きた張作霖爆殺事件です。関東軍の河本大作参謀が独自の判断で現地政府のトップを爆殺したが、軍部も政府も公的に処罰しなかった。

□この結果「軍人が国のためを思って行う下剋上と独断専行はお咎めなし」もいう先例となり、軍部に対するブレーキは弱まり、日本は戦争と破滅の道を突き進んで行った。

□今回、3等空佐自衛隊幹部による国会議員への暴言事件から、時流の変化が感じられます。戦前の軍部の威丈高だった時代から何も成長していない恥ずべきことだと思う。

□防衛省・自衛隊においては日報隠しの問題も明らかになりましたが、自衛隊内部の問題だけでなく、公文書を私物化する日本の官僚機構の後進性は別としても、自衛隊という実力組織を統制する力量が政治家の側になければ話になりません。

□軍事とは、国を守るために非常に重要なものですが、同時に1つ間違えば危険なものです。その両面性を理解し文民統制の重要性をしっかりた認識している政治家が防衛大臣であること、それが文民統制が正しく機能するための必須条件です。

[PR]
# by gorongoronisomura | 2018-07-14 11:56 | 亭主の日記 | Comments(0)

パイプオルガン コンサート

♪キングスウエルでランチコンサート
・昨日、我が家から車で約20分のキングスウエルでのランチコンサートに行って来ました。
c0229433_13550132.jpg
♪演奏はドイツ人のフィリップ・クリストさんプログラムは、
□J.S.バッハ : 前奏曲とフーガ イ短調
□D.ブクステフーデ : シャコンヌ ホ短調
□J.P.スウェーリンク : 大公の舞踏曲
□J.P.バッハ : 前奏曲とフーガ ハ長調

☆日本に数台のパイプオルガン
・キングスウエルホールのパイプオルガンは、ドイツの聖マリア教会に現存するバロック様式のパイプオルガン(1722年G.ジルバーマン建造)のレプリカです。イタリアの工房で3年の年月をかけて製作されたものです。
・200席の贅沢なレイアウトのホールです。

♪イングリッシュガーデン
・演奏後、レストランで食事をしました。そのあと、ホールの脇にあるイングリッシュガーデンを散策。メインのバラが終わっていたので、簡単に一巡り。5月の連休は大変な人手とのこと。
c0229433_14114583.jpg
☆妻と娘の3人で聴いてきました。

[PR]
# by gorongoronisomura | 2018-07-13 14:12 | 山梨県の魅力 | Comments(0)

🍑狩り 素人の悲しさ

□桃狩り難しい
・一昨日友人がオーナーの桃の木で、収穫してきました。
c0229433_14560501.jpg
☆手伝いの経緯
・甲府市中道の桃農家の桃の木の摘果、袋掛け、袋の下半分を取る、銀色シートを敷く作業をやってきました。
・予定より早く熟して落下する桃が多くて、収穫が早まりました。

▼桃色に色付いた所に白い粉がふいたようなのを選んで(熟している目安)、優しく持って採りました。
▼優しく取ったつもりでしたが、2~3時間経つと指の跡なのか皮が変色しているのがあって、贈る物には使えないのが、2割位ありました。
これでは、商品にならないと思えました。本職は、流石に違うと思い知らされました。

☆味は同じ
・多少の変色があっても味は同じで、甘くて大満足です。家の中は桃の香りで一杯、お腹一杯桃を食べられる幸せに浸っています。

□移住する特典
・その土地の特産物を満喫出来ます。大島では、伊勢海老にアワビ、トコブシ、アシタバ。
明野では、サクランボに桃、ブドウ等豊富な果物。いいですよ!

[PR]
# by gorongoronisomura | 2018-07-12 15:15 | 山梨県の魅力 | Comments(0)

安倍首相のため 官僚動く 人事権握られ

☆秋桜咲く
・庭の秋桜が3日前に一輪咲きました。昨日は二輪咲きました。
c0229433_21422495.jpg
▼前文部科学事務次官の前川氏
・「通販生活」で、落合恵子が前川さんにインタビューした中から抜粋しました。

◇前川氏
・首相の「お友だち」が理事長を務める加計学園に許可するために官僚組織が動いたと考えざるを得ない。
☆裏付ける事実
1 私が事務次官に就任した約3ヶ月後の2016年9月9日当時首相補佐官だった和泉洋人さんに呼ばれて「獣医学部の件を早く進めてくれ。総理が自分の口から言えないから、私が代わって言うんだ」と言われた。

2 10月に入ると、圧力がさらに強まったので、当時の担当課長が「どうしてそんなに急ぐ必要があるのか」と内閣府に確認に行きました。
すると内閣府の藤原豊審議官(当時)が「平成30年4月開学は動かせない。これは総理のご意向と聞いている」と言ったのです。

▼落合さん
・加計学園は15回も獣医学部新設を申請して、その度に落ちている。そこまでして、なぜ獣医学部を開設したいのでしょうか。

☆これは想像ですが、獣医学部は非常に儲かるんですね。志望者が多くて定員割れすることはまずあり得ない。
授業料が年間300万円程度で、入学金なども含めると6年間で学生一人あたり2000万円前後を納付します。
学生が毎年入ってくれば莫大な収入になるわけです。

□前川氏は尊敬できる本物
・前川さんは、講演だけでなく、厚木市と福島市の夜間中学でボランティアとして教えています。
「長年、教育行政に携わりながら毎日子供たちと接して現場で感動を味わえる教師という仕事がうらやましかったんです。だから、夜間中学で生徒と接するのは楽しいです。年配者の方が『難しい漢字を書けるようになった』と喜んでくれるなど、『学び』の瞬間に立ち会えるのは嬉しい」
「優等生的な物言いになりますが、『日本の教育をよくすること』に貢献していきたい」

□前川さんのような官僚が珍しい日本が可笑しいのです。
その対極にいる象徴的なのが、「佐川宣寿前国税庁長官」です。国民のために仕事をする役人のはずなのに、安倍首相のために平気で嘘を言う。


[PR]
# by gorongoronisomura | 2018-07-08 21:43 | 亭主の日記 | Comments(0)