ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

社会の変化 感知できない 永田町と霞ヶ関

メディア本質度ランク
c0229433_15275738.jpg


東京新聞一面の写真 国会議事堂前の人々の中に私たち(娘と元同僚5人)もいます。
★戦後という言葉が死語になりそうな安保法案に対する国民の声や行動を各新聞社は、どのように取り上げているのか今朝の新聞で評価しました。
今の日本の最大課題であり、日本の将来の平和を左右する安保法案に対する問題意識の高さ真摯度を表しています。全国紙4紙と私たちが購読している東京新聞を比較評価しました。
☆第一位  圧倒的に東京新聞
 第二位  毎日新聞
 第三位  朝日新聞
 第四位  かなり離れて産経新聞
 第五位  読売新聞

★昨日のブログに書きましたように、国会議事堂周辺には12万人が抗議行動で集まりました。
東京新聞、毎日新聞、朝日新聞は一面で東京新聞のように国会議事堂前に集まる人々をカラーの航空写真で掲載しました。
一方、政府の御用新聞らしい産経新聞と読売新聞は、三面隣に4~5段記事扱いです。
安倍政権に都合の悪いことは、できるだけ国民に知らせないようにしていることが読み取れます。
★読売新聞の記事を紹介します。安保法案廃案12万人と賛成500人を同列に扱う安倍政権寄りが証明された。驚くべき右傾化した新聞と言わざるを得ません。

c0229433_15280016.jpg



参加者の声 声 声
☆法案に反対する創価学会員たちが青、黄、赤の学会旗を掲げ署名集めをしていた。「安倍政権を支える公明党の責任も問いましょう」「公明党は嫌いでも創価学会は嫌いにならないでください」
☆野党党首が紹介され四人が手を繋ぐ。
民主党岡田克也代表、共産党志位和夫委員長、社民党吉田忠智党首、生活の党小沢一郎共同代表。
☆作家森村誠一さんは「戦争は最も残酷なかたちで女性を破壊します。(中略)女性が破壊されることは、子どもが生まれなくなり、人生が破壊され、地球が滅びるということです。安倍政権は日本を再び戦争可能な国家にしようとしているが、絶対にいけない。(後略)

c0229433_15280304.jpg


☆映画監督の園子温さんは「僕は映画監督ですが、ただの普通の市民です。今日はシールズの応援団として、ここに来なきゃいけないと思って来ました。本当にそれだけです。本当にこんなに集まってすげえなと思うんだけど、僕もみなさんと同じ、ここに集まったただの市民として、ずっと声を上げたいと思っています」

c0229433_15280612.jpg


☆音楽家の坂本龍一さんは「(前略)シールズの若者たち、そして女性たちが発言してくれているのを見て、日本にもまだ希望があるかなと思っているところです。(中略) ここに来て民主主義を取り戻す、憲法の精神を取り戻すということ(中略) 僕たちにとって、イギリス人にとってのマグナ・カルタ、フランス人にとってフランス革命に近いことが、ここで起こっているんじゃないかと強く思っております。一過性のものにしないで、あるいは仮に安保法案が通っても終わりにしないで、行動を続けてほしいと思いますし、僕も皆さんと一緒に行動してまいります」


[PR]
by gorongoronisomura | 2015-08-31 14:53 | Comments(0)