ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

過去は、未来を解く 鍵

やっぱり囲う

c0229433_21151992.jpg


★庭のイチジクがカラス等にやられたので、昨日ネットを張りました。台風の雨がやっと上がったので、夕方までかかりましたが、どうにか完成しました。
★イチジクはカラスだけでなく、甘さに誘われアリもたかって来ます。アリを防ぐのは、今のところ出来ません。何かいい方法がありますか?
食べるものですから殺虫剤等は使わない方針です。

地震のサイクル
☆解りやすく読みやすい本を紹介します。
「火山はすごい」鎌田浩毅氏著 PHP文庫
千年ぶりの「大地変動の時代」
★2011年の東日本大震災は、869年に東北地方で起きた貞観地震と酷似している。
★平安時代(9世紀)      震源地
〇863年 中越越後地震  新潟県中越地方
・864年 富士山噴火
・867年 阿蘇山噴火
〇869年 貞観地震    宮城県沖
・874年 開聞岳噴火
〇878年 相模武蔵地震  関東地方南部
・886年 新島噴火
〇887年 仁和地震    南海トラフ

★現代(21世紀)
〇2004年 中越地震   新潟県中越地方
・2009年 浅間山噴火
・2011年 新燃岳噴火
〇2011年 東日本大震災 宮城県沖
・2013年 西之島噴火
・2014年 御嶽山噴火 阿蘇山噴火
・2015年 口永良部島噴火
〇2020年? 「首都直下地震」

〇2030年代 「南海トラフ巨大地震」

☆過去の歴史では、巨大地震は「九年後」と「さらに九年後」に起きています。この事例を21世紀に当てはめると、東京オリンピックが開催される頃に首都圏に近い関東中央で直下型地震が起き、さらに九年後の2029年過ぎに南海トラフ巨大地震が起こる計算だそうです。

南海トラフ巨大地震
★歴史的に南海トラフ巨大地震のサイクルは、90~150年おきという周期です。
約100年の間隔で起きる巨大地震の中で、三回に一回は超弩級の地震です。
★2029年過ぎに起きると予測される南海トラフ巨大地震は、三回のうちの一番の超弩級地震の番です。
★もし起きるとしたら、過去の歴史を見ると
名古屋沖の東南海地震→静岡沖の東海地震→四国沖の南海地震、という順番で起きたこともわかっているそうです。

☆とても解りやすく読みやすいです。上記の内容の外に、阿蘇山・富士山・雲仙普賢岳・有珠山・三宅島・御嶽山の噴火の歴史について、スラスラ読める内容です。




[PR]
by gorongoronisomura | 2015-09-11 20:11 | Comments(0)