ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

偽物は 所詮偽物

所詮偽物
▼このマークは、ブーイングです。
c0229433_13172567.jpg
これ何?
■ご覧になり、何だと思いますか?
飛行場駐車場の壁面長さ200mあろうかと思えるペイントです。
大島の地質学の象徴する地層切断面を模したものです。
どんなに巧く造っても所詮偽物で、感動もありません。
観光の目玉なの?
▼飛行場を利用する人は、羽田からのANA便がなくなってから調布からと南の島からの旅行者だけです。月にせいぜい600人位でしょう。その殆どは、仕事関係の人か島の人や知り合いで、観光客は珍しいでしょう。
c0229433_13174187.jpg
費用対効果なし
▼工事期間半年、どう見ても数千万円の予算ではないでしょうか?
町役場の考え方があって、東京都の貴重な予算(税金)をこんなふうに使うことが理解できません。
□これだけの予算が取れるなら、本物の地層切断面の現地に「地層切断面の見方と解説」のインフォメーション施設(映像と音声)を造った方が観光客に喜ばれると思います。
今、現地では、あれだけの財産を感動して見てもらえる説明・解説装置はありません。
□道路脇で見えている地層は、一万五千年~二万年前の大島や日本の火山噴火の歴史を語っています。
地層の色の違いは、噴火による火山灰などの層と平穏な時期に自然に蓄積した土の層が見分けられます。
例えば、火山灰の層が厚ければ火山噴火の時間が長かった事が想像出来ます。
一方、自然な土の方が厚ければ、火山噴火のない平穏な暮らしが出来た時間が長かったと想像出来ます。
無味乾燥な地層の色と厚さから、大昔の人々の暮らしまでも想像出来る凄い財産です。

c0229433_13180101.jpg



[PR]
by gorongoronisomura | 2016-02-15 14:06 | 明野のくらし | Comments(0)