ごろんごろん元気だよ!

gorongoron.exblog.jp
ブログトップ

入院退院新しい気付き・発見ー⑤

☆アメリカ(フロリダ在住)からの励まし

・ステントを入れたことを話した女房の友人

『ステントを入れたアメリカ人いっぱいいる』


『みんな元気で長生きしてるよ』

『校長先生で、磯村さん程素晴らしい笑顔の人

はいなかったから、大丈夫長生きするよ』

・大島にも何回も泊まりに来て下さった方で、

都立高校で英語を教えていました。

・とても嬉しくなりました。
c0229433_09500256.jpg
▲庭の木々は、葉を落としすっかり冬支度

■見下す行政、見下された大島の行政マン

・伊豆大島での事例

・6~7年前、ごみ焼却場建て替えの時

①市民運動でごみ焼却場の縮小をしていた時

②7.5t炉2基設置計画を5t炉2基にすることを

大島町に提案していました。

・私達の試算では、人口減少とごみの削減の取

り組みで、5t炉2基で十分間に合うでした。

▼国と都の行政マンに、見下された

『国と都からの指導で計画し予算も付けている

にを削減変更とは何事だ』

『計画をやり直すことになると、かなり遅れる

ぞ』

『この書類の写真の位置でも、左に5mm寄り過

ぎているんだよ』と、重箱の隅をつつくような

嫌がらせに泣かされた。

■これらの話は、当時大島町の担当者(50才代)

都環境局(若い職員に)で言われたことです。




by gorongoronisomura | 2018-12-21 09:55 | 亭主の日記 | Comments(0)